そっか~、今日はこれの配信日だったのか~。すっかり忘れていた。

 

という事で、「超歌舞伎VR~花街詞合鏡~」について書いていくよ。初音ミクのVR作品は「初音ミクフューチャーライブ」と「初音ミクXHD」、PCVRでも音ゲーがリリースされているから、今回で4作目になるのかな? PSVRで配信されたライブはどちらも素晴らしい内容だったから、今回も期待したいところなんですが…

 

今回は無料のアプリだし、どうも以前に行われたイベントに関連した作品っぽい? 実写だとしたらその時点で期待できねぇな~。ただの360度動画の可能性も大いにある。

 

そんな不安を胸に、アプリを起動してみたら…

 

中々強力だった!! 素晴らしい!!

 

やっぱ初音ミクが絡むと開発する側も気合が入るみたいだね。無料のコンテンツとは思えない出来に感動した。さすが俺達のミクさんだぜ!!

 

ブレイブウィッチーズ」さ~ん!!

        これ体験してどう思いますか~?

 

まぁ、そんな感じで(笑)、早速感想を書いていくよ。いってみよ~

 

 

 

見出し概要

見出し見出し見出し見出し

購入先:国内ストア

ジャンル:観賞系コンテンツ

言語:-

コントローラー:デュアルショック&Move対応

視点:常時1人称視点

移動方式:ワープ移動&カクカク方向転換

 

 

見出し気合十分

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

デュアルショックとMoveの両方に対応しているソフトだけど、今回はデュアルショックでプレイ。

 

アプリを起動すると視点の高さを調整する画面が現れるんだけど…

 

 

うわ~、気合入ってる~(驚愕)

 

いや、マジでね、ファーストショットで大体どのぐらいのレベルの作品かがわかるのよ。これは凄い体験になるわ。

 

この和室では視点の高さの調整以外にも、簡単な操作説明がされる。写真撮影なんかも出来るみたいだね。

 

続けて、ロード中の画面が現れるんだけど、ここも綺麗な映像になっている。こういうところにも拘って世界観を作るのはとても重要だからね。やっぱ気合の入っている作品だわ。

 

(暗闇に舞い散る桜。こういう部分に拘っているのは嬉しいな~)

 

ロードが終わると、目の前にスクリーンが現れて、作品に関する説明がされる。中村獅童が色々と語っているんだけど、この人って歌舞伎の人だったんだ。知らんかった。

 

それより凄いのが、背景のCG!! プレイヤーの周囲を飛び回る龍と、和とテクノロジーが融合したセット。スクリーンに映っている映像やBGMも一体となって、かなりインパクトのある世界を作っている。

 

ラストのタイトルと花火もカッコいいね!! これだけでそんじょそこらのVRゲームが吹っ飛ぶぐらいの強烈な体験に仕上がっているよ。

 

(スクショでは伝わらない。プレイヤーの周りを飛び回る龍)

 

(突如和傘が宙を舞う。「傷物語VR」の手裏剣を思い出したね)

 

(テンションが上がる~!! VRでの映像は派手さが命)

 

 

見出しプロローグ

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、これは「傷物語VR」や「JAPANスタジオVR音楽祭」に迫る強力な作品になりそうだ!! 続けてメインメニューとなる"郭"に移動。

 

和風なVR空間っていうのは「サマレ」「ウィーピングドール」「ローディングヒューマン」とかにも出てきたけど、「超歌舞伎VR」は時代感が違うからね。空間の広がりも自然だし、照明の演出が上手くて、結果的に今までになかったレベルで和を感じる世界になっている。

 

こういう空間一つで満足感が得られるのがVRの強みだからね。ここに拘るのは超大事だよ。

 

(灯籠が綺麗。スクショを撮り忘れたけど、左側にいる女の子も可愛い)

 

舞台は5つの幕から構成されているらしく、それぞれに個別に観賞出来るのがいいね。「初音ミクフューチャーライブ」は内容はいいんだけど、曲毎の観賞が出来ないという欠点があったからね。この仕様は嬉しい。

 

そんなこんなで、いよいよ観賞を始める事に。先ずはプロローグの『春夏秋冬』からスタート!!

 

 

ん…、高さおかしくね?

 

ちょ、ちょっと待ってくれ!! なんかミクさんが異様に低い位置にいるぞ!? 最初の高さ設定を間違ったっぽい?

 

慌てて設定画面を呼び出して高さを調整しようとするも、それらしい項目は見つからず、一旦アプリを終了して最初の高さ設定をやり直す事に。

 

ところが、2度目の起動からはアプリの冒頭部分がカットされるらしく、高さの再設定が出来ない。

 

ん~、最近カメラのベストポジションがソフトによって変わるようになっちゃったね。これは由々しき事態だと思うよ。PS4本体で行う"VR設定"に意味が無くなってしまうからね。

 

ただ、こういう仕様なら諦めるしかない。今回は椅子から降りて観賞する事に。

 

すると…

 

 

前衛的な楽器をお持ちで…

 

さっきとは別の赤い髪の子が座っているんだけど、フライングVの三味線か? これを膝の上に乗せて弾くのはかなり大変そう。

 

まぁ、それはどうでもいいや。改めてプロローグを観賞。

 

 

うん、これはいいぞ!!

 

背景も「初音ミクXHD」レベルでシッカリしているし、ミクさんのモーションもいい。

 

そして何より、観賞ポイントを自由に変える事が可能!! これは過去にリリースされた2作品では出来なかった事だからね。まさに待望のシステムだよ。

 

まぁ、カニ歩きが出来ないという問題は残っているんだけど、それは贅沢だね。今後の観賞系で改善していって欲しい。

 

(インスタントカメラもVRではよく出てくるね。撮影すると…)

 

(こんな感じ。みんなでシェアしよう。俺はしない)

 

 

 

見出し2幕

見出し見出し見出し見出し

他の幕も続けて観賞。2番目の幕では…これは何ていう行事なんだろう? ミクさん御一行が街を練り歩いているんだけど、プロローグより登場人物が増えて映像的にグッと賑やかになったし、徐々に移動していくキャラクターを観賞するという形体が新しい。

 

(スクショも楽しいね。「クーロンズゲート」もこのぐらいのグラフィックなら…)

 

(影の演出がいいね。こういう映像は省エネ+世界観の構築の二重の効果がある)

 

とここで、□を押して手に持つアイテムを変えられる事が判明。カメラ、提灯、素手の3種類が用意されているんだけど、個人的には提灯がベスト。VR空間では手にしているものの先に何かがぶら下がっている時にリアリティーを感じやすいのよね。武器のヌンチャクやモーニングスターがよく合う。

 

(正面から撮影。観賞ポイントを自由に決められるのはいいな~)

 

 

 

見出し3幕

見出し見出し見出し見出し

3幕で素晴らしいと感じたのは、部屋の奥からの観賞だね。上でも書いた通り、光の演出がシッカリ出来ているから、実際に部屋にいる感覚に陥る。敢えてこういうスペースを作って、プレイヤーに移動の自由を与えたのはのは大正解だね。

 

 

そんな中、ちょっと気になったのがミクさんが喋りだす部分だね。ミックスもされてないし、明らかに声が浮いている。歌舞伎の世界観を保つなら、ミクさんは踊っているだけで良かったんじゃないかな~? 一瞬何が起こったのかと思ったよ(笑)

 

ただ、それより気になったのが…

 

 

ミクさん顔変わった?(笑)

 

なんか過去2作のミクさんと違うのよね。まぁ、別にいいんだけどさ。

 

 

 

見出し4幕&クレジット

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

4幕も良かったよ。部屋の小道具も隅々までよく作られているし、外に見える桜も綺麗。ここも敢えて離れて観賞するのがお薦めだね。

 

(しかし凄い衣装だな。背景の桜も効いてるね)

 

(暗がりがいい感じ。部屋の奥行きもちゃんと感じる)

 

うん、今回クレジットもきちんと見ないといけないね。カーテンコールと同じ位置づけになっていて、観賞していて楽しい。曲も現代的でノリやすいね。

 

(みんなでカーテンコール。このドリルも可愛いね)

 

 

 

見出し個人的な満足度:星4★★★★

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

素晴らしい内容だね。こういう高クオリティーな作品が頻繁に作られるようになればVRの未来は明るいよ。

 

ん~、気持ち的には星5を付けてあげたいんだけど、俺自身歌舞伎に関するリテラシーが無くてね~。恥ずかしながら曲も踊りもやや退屈なのよ。もっとわかりやすくアレンジされた曲や、激しい踊り、派手な演出が見たかった。

 

ただ、それはライブ系コンテンツに期待するべき事だね。これはこういうコンセプトで作られているから仕方ない。

 

なんにせよ、実によく出来ている。これをきっかけに他の2作品も手にして欲しいな~。きっと気に入ると思うよ。

 

うん、そんな感じだね。無料だから是非試して欲しい。もちろんお薦めです!!