みんな!! 聴いてくれ!!

しあわせ荘の管理人さん。」が

                    ついにVRに対応したぞ!!

 

いや~、ビックリした。まさかこのタイミングでアプデがあるとは思わなかった。すっかり存在を忘れていたよ。

 

でもさ、これだけゴタゴタがあったわけじゃん? 失望した人も多かっただろうし、俺も全く期待していなかったのよ。どうせ「ネプテューヌ」みたいな感じでしょ?って高を括っていた。

 

そしたらさ…

 

かなりクオリティー高い。

       マジかよ?って驚いた。

 

んでね、今回VRモードをプレイしてみて、色々と事情を察した。やっぱこういう理由で全面対応を見送ったのか…って感じ。

 

一つ確かなのは、ディースリー・パブリッシャーはVRの未来を信じて本気で「しあわせ荘の管理人さん。」を作っていたという事だね。

 

だから、身から出た錆とは言え、これ以上責めないであげて欲しいというのが俺の気持ちかな…。この日記でもけっこうボロクソ貶してしまったから反省している。すまんかった。

 

うん、その辺も含めてこれから感想を書いていくよ。

 

 

見出し概要

見出し見出し見出し見出し

購入先:国内ストア

ジャンル:一つ屋根の下系日常恋愛アドベンチャー(らしい)

言語:日本語対応

コントローラー:デュアルショック専用

視点:常時一人称視点

移動方式:移動なし

 

 

 

見出しVR対応の2つのモード

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

ゲームを起動すると、今回のアプデで追加された新たな注意書きが。「周りに注意して下さい」みたいないつものやつだね。

 

(これがあるとVRゲームって感じがするね)

 

うん、アプデの履歴を確認した限りだと、今回VRに対応したのは【キャラビューア】と【イベントビューア】の2つのモードみたいだね。早速試してみたいところなんだけど、久しぶりのプレイだから2つのモードをどうやって呼び出すかがわからない。

 

結局、意味不明なスケジュールで1日を無駄に過ごしてしまった後、どうにかそれらしいメニュー画面に到着。この辺の仕様がわかりにくいゲームなのよね。

 

んで、早速VRモードをスタート。

 

 

おぉっ!! こんな感じなのか~

 

ゲーム内のコントローラーを握っている手が、デュアルショックに連動して動くタイプだね。コントローラーの上部には吹き出しみたいに2つのアイコンが表示されている。そうだな~、「勇者のくせになまいきだ。」の神コンみたいな感じだね。

 

うん、しばらく周囲をキョロキョロ見回してみるんだけど、背景の画質は良くないかな? 近距離でもけっこう滲んでいる気ががする。ただ、部屋の作り込みはそれなりにシッカリしているから、こんなもんなのかな~?

 

因みに、スティックでの方向転換は出来ないね。

 

(画質が良くない。映像が全体的に滲んでいる)

 

(ガイドの子は中々可愛い。やっぱVRでやると全然違うな~)

 

(ウィンドウはこんな感じで表示される。サイズの変更も可能)

 

 

 

見出しまさかの"そこにいる感"

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、画質にちょっと不満はあるけれど、やっぱVRになるだけで全然違う。映像が立体になって四角い枠が消えるだけでゲームに取り組むモチベーションが変わってくるね。

 

よしっ!! じゃあ先ず始めに【キャラビューア】で静香さんを見てみよう!! どんな感じかな~? ワクワク!!

 

 

おぉっ!! 何だ!? この"そこにいる感"は!?

 

これは不思議な感覚だね…。「ネプテューヌ」や「Fate マシュ・キリエライト」とは全然違う。ちゃんとそこに人がいる感じがする。

 

これは人物のサイズ感か? いや、プレイヤーの視点の高さか? それとも部屋の広さが適切なのか?

 

理由はいまいちハッキリしないんだけど、ちゃんと目の前に人が立っているという感覚がある。これは中々凄いと思うよ。

 

(視線追従もちゃんとしてくれる。TVで見るより遥かに可愛い)

 

【キャラビューアー】では女の子達の衣装、表情、ポーズ、背景、装飾品の変更が可能だね。システム的には「閃乱カグラ」のVRモードに似ている。

 

因みに、モーションとかのクオリティーは「サマレ」よりだいぶ見劣りしちゃうね。瞬きとかの目の動きはかなり頑張っているけれど、向こうは異常なレベルでやっているからね。そこで勝負しても仕方ない。

 

あと、視点の高さを変えたり、観賞ポイントの移動が出来ないから、ポーズによってはキャラクターが見えづらかったりするね。

 

(選択可能な項目はかなり多い。表情はちょっと極端)

 

(座っているポーズの場合こうなっちゃう。視点の高さを変えたかったね)

 

 

 

見出し背景も頑張ってるぞ!!

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、続けて背景を変えてみる事に。作り込みは中々頑張っているみたいだから楽しみ。

 

 

うん、やっぱいいね!!

 

画質が残念なんだけど、ギャルゲーの背景としてならアリだと思うよ。というか、部屋の中の作り込みは「サマレ」に敗けてないと思うな~

 

特にプールと夜の部屋の中はいい感じ。窓越しに見える外の風景はちゃんと立体を感じる映像になっている。

 

というか、空間の取り方をかなり意識して作られているゲームみたい。素晴らしいよ。

 

(ガラスの光の反射や、窓際の植木鉢の奥行き感がよく出来ている)

 

ん~、本来だったらここにガッツリとしたゲーム性がついてくるはずだったのか…

 

惜しい事をしたものだ。

 

 

 

見出し他の2人のキャラ

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、続けて他のキャラも確認してみる事に。

 

 

うん、やっぱいいわ~

 

このレベルならギャルゲーとして全然成立する!! バルバラは正統派に美少女だし、日真里は他の2人に比べて小柄で愛玩動物的な可愛いさがある。

 

ここで2人に水着を着せてみるんだけど、バルバラのおっぱいはPSVR史上最高のクオリティーだと思う。「サマレ」や「エロバレー」より遥かに自然でリアルなエロさがある(笑)

 

日真里のスク水も質感がリアル!! なんかシワの寄り方とかが凄い。

 

(今まで見たVRおっぱいの中でベスト。なんつーレベルの高さだ!!)

 

(スク水のシワの寄り方が素晴らしい)

 

(女豹のポーズ。やっぱ視点の高さを変えられないのが痛い)

 

 

 

見出しイベントビューア

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

【キャラビューア】を堪能した後、【イベントビューア】を確認してみる事に。ここでは本編でチェックしたイベントをフルでVR体験可能。

 

つまりこれはですね…

 

実質、全シーンをVRで体験出来る事と同じ。

 

ん~、やっぱ作ってはいたんだね。勿体無いとしか言いようがない。

 

(各キャラ300を超えるイベントが用意されている模様)

 

(視線操作やデュアルショックを使ったミニゲーム要素も、VRに対応している)

 

あとこれは当然の事なんだけど、本編(TVプレイ)で見ていないイベントは確認出来ない。だからそんなにゲームが進んでいない俺の場合、体験出来るVRイベントも少ないね。今後ちょいちょい本編をプレイして、VR部分をアンロックしていくよ。

 

(勉強を教えるイベントは「サマレ」よりリアルな気がする)

 

 

 

見出し真相

見出し見出し見出し見出し

そんなこんなでしばらく色んなイベントを見ていたんだけど、とある重要な事実を発見しまして…

 

先ずはこのスクショを見て欲しい。

 

 

解説しよう。

 

上のスクショは俺が本編で確認したイベントの一覧、つまりVRで体験可能なイベントのリストなんだけど…

 

着替えに出くわすイベントが体験出来ない。

 

続けて下のスクショ。これはプレイヤーがプールで透明人間になって、女の子が泳いでいる姿を覗き見するイベントなんだけど…

 

透明人間になるアイテムが使えない。

 

うん、やっぱこういう事みたいです。残念。

 

 

 

見出し現時点での感想まとめ

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

逃した魚は大きい。

 

全編VR対応してくれれば、VR初の本格的ギャルゲとして歴史に名を残せたのに…

 

ん~、着替えイベントや透明人間の処理の仕方を見ると、やっぱ倫理的な問題だろうな~。エロなしでも全然戦えるクオリティーなのに、本当に勿体無い。

 

まぁ、今更それを愚痴っても時すでに遅しだね。諦めよう。

 

あ、そうだ!! これは書いておきたい。全編VRに対応していた場合、ロード時間の長さが問題になっただろうね。シーンが切り替わる度に暗転カットが入るんだけど、これがけっこう多いし長いのよ。これは従来のギャルゲのシステムをVRにそのまま使う時の壁だね。

 

とにかく、本編も含めてもう少しプレイしてみたい。ちょっと様子見だね。