「星の欠片の物語」布教編

テーマ:

ようやく…

 

ようやくクリアしました!!「星の欠片の物語」を!!

 

結局、トータル17時間ぐらい掛かったのかな…? 脱出ゲームは昔docomoの"iモード"でたまにやってたからさ、それなりに自信があったんだけど、全然駄目だったね(笑) 

 

まぁ、それはどうでもいい。とにかくこのゲーム、ラストのラストに凄いネタが待ってたね(爆笑)

 

んで、俺はこのエンディングを受けて、ちょっと特別な活動をする事にした。詳しくは日記の後半で書くよ。

 

そんな感じで、今日のすったもんだを語っていきますです。はい。

 

(俺に出来る事は)

 

 

見出しいいから取りに行け!!

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

今日は天秤の上にブロックが乗ったところからのスタートだったね。ここもかなり苦労したよ。

 

直前に手に入れたファイルに白い液体を凝固させる方法が書かれていたから、その線で調査を開始。白い液体が存在している星の欠片に移動して、光を当てたり電気を帯びた物体を探したり色々試してみるも、何も起こらない。

 

(比較的わかりやすいヒントだと思うんだけどな~)

 

(ライトが当たった時に電気が…、無いか)

 

うん、ただね、このゲームは直面している謎とファイルが手に入るタイミングとの間にズレがあるのよ。もしかしたら今はまだファイル5は使わないのかもしれない。

 

という事で、別の方法を模索。天秤の下を銛で突いてブロックを飛ばそうとしたり、竜吐水から再度水を飛ばして水を溢れさせようとしたり、女の子に直接ブロックを取りに行かせようとしたり…

 

でも、どれも駄目だね~。2時間ぐらい粘ってみたけどアカン。

 

(「いやじゃ!!」とか言って取りに行ってくれない。もっと頑張れよ!!)

 

うん、そんなこんなで進行が滞っていたんだけど…

 

突然、ある方法でブロックを獲得。

 

もちろんネタバレになるから詳しくは書けない。ただ、この謎の解法はイマイチ納得がいかない。俺は偶然解けたけど、狙って解くのは不可能だと思う。

 

 

 

見出し衝撃のラスト

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

うん、この後は脱出ゲームとしての難易度が急激にダウン。一切詰まる事なく星の欠片を引き寄せるところまで進む。これでようやく決着だね。

 

因みに、何番かはわからないけど、ファイルが一つ見つかっていないね。これは何か意味があるのかな~?

 

(やった~、ついに長かった戦いも終わりだ~)

 

んで、ここから念願のエンディングに突入するんだけど…

 

けっこうキツいね…(汗)

 

いや~、昔"鬱ゲーブーム"っていうのがあったのよ。2000年台始めぐらいかな…? その時にこの手の話は沢山見てきたんだけど、久しぶりに喰らうとちょっと…

 

そして驚いたのは、この後の展開の見事さ。メーカー側が高らかに謳っていた"VRの為のシナリオ"をまさに体現していると感心した。ここ踏み込んでくれたのは嬉しい。

 

(映画やアニメでよくあった設定だね。ついにそれを現実世界で体験する日が…)

 

ただね、このエンディングを見ていると、徐々に話がおかしな方向にというか、メーカー側の"あるメッセージ"が見え隠れしちゃって、シリアスなシーンなのに笑いがこみ上げてきてしまったよ。

 

まぁ、でもこういう視点の使い方も面白いし新しいよね。"3D小説"だったっけ? あれと同じ感じ。「クーロンズゲート」はメタネタで失敗していたけど、こっちは上手くやれてるよ。、

 

 

 

見出し個人的な満足度:みんな買ってね

見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し

はい!! という事で長かった「星の欠片の物語」も完結しました。一本のゲームを4日連続でプレイしたのはPSVR日記始まって以来の出来事じゃないかな? 珍しい事だよ。

 

そうね~、色んな意味で「VRとは何か?」を考えて、それをある程度のクオリティーで形にしてくれた点は大評価してる。脱出ゲームとしての難易度もいい感じだと思う。完成度では「バイオ7」の『ベッドルーム』や"ルーカスパズル"には及ばないと思うけど、「ダイイングリボーン」とは雲泥の差がある。

 

個人的には方向転換がスティックで出来ない事と、動き回ってプレイする必要がある点が大きなマイナスだけど、衝撃のラストで盛り返したしね。トータルの満足度は高いよ。

 

んで、日記の冒頭で書いた特別な活動についてなんだけど…

 

広めねば!!(笑)

 

今日から一ヶ月間、日記のタイトルの下に「星の欠片の物語」の告知を出すよ。加えて、記事の一番最後にも告知を出す。そして、体験済みソフト星評価のページに特別枠を設けるよ。

 

自転車創業さん、俺に出来るのはこれぐらいしかない。許してくれ。

 

うん、こんな感じだね。最後までプレイして良かった。もちろんお薦めの一本だよ。是非みんな買って広めてね。みんなで女の子を救おう!!