第37回全日本オリエンテーリング大会 | 走森履歴

第37回全日本オリエンテーリング大会

昨日は、全日本大会に参加。
もともとは3月20日に開催予定だったけど、震災の影響で延期になったもの。
苦労をしている運営の皆さんのためにもベストを尽くさなければ、とレース前に思う。
最近2ヶ月間ほど急に走りこんだ成果を出さなければと意気込んではいたが、眼鏡をかけて走るので雨の中の本格的OLにちょっと不安を感じる。

さて、結果は・・・自分なりに頑張ったつもりではあったが、大チョンボもあって微妙な成績。

△⇒1
いつもは苦手でなかなかすんなり行けない1番CP。何故だか地図もまわりもよく見えて、それなりに足も動く。遠近両用眼鏡をかけて走るようにしたからかな?ノーロスで走り続けて1番CPへ到着。自分にとっては気持ち悪いぐらいだ。
1⇒2
これも難しくないので、難なくクリア
1番CPもそうだが、7500分の1の地図と錯覚するほど何だか早くつく違和感が・・・
2⇒3
南からか北からか、ちょっと迷うが北からの道を選択。それなりのスピードを上げて道の曲がりから真西に行けばいいだけなのに・・・
オープンを渡った(このときいつのまにか90度方向がズレていたようだ)ところで、同じクラスの人を見かけて・・・ラッキーと思いきや・・・あれ??ここで動揺してさっき渡ったオープンのことをすっかり忘れてしまい、ドツボにはまる。6分以上の大チョンボとなってしまった。
3⇒4
それでも気を取り直して次に向かう。と、2分後スタートの人が。あれ、まだ2分しかロスしていないのかと錯覚。でも、その人が4番CP手前で逆走したので、さっきのミスで自信をなくした自分もつられて戸惑ってしまい1分30秒ほどのロス。
4⇒5
4番CPをとる手前で藪で引っかいて右足のタイツが大破。10cm四方の穴があいてしまう。それでも気を取り直して5番へ。立て続けのミスだったけど、ここはほとんどロスなく。
5⇒6
ここもさほどロスなく。しかし6番CPへのアタックの仕方がいけなかったのか藪に絡まってもがいてしまう。30秒から1分はロスしたような。
6⇒7
目がよく見えていないんだろう。通行不可能の崖を果敢に登ろうとしてしまう。登ろうとして断念してというのは時間もそうだし、体力的にもダメージが大きい。1分ほどロスしただろうか。
8⇒9
溝沿いに走ればいいやと思っていたのに何でだろうか、変に悩んで時間を浪費してしまったような?かなり体力を消耗してきたようだ。30秒+αロス
9⇒10
ここは地図とまわりをしっかり把握しながら注意しなければと思いながら。近くまでは順調に走って着いていたが、10CPの○に囲まれているからか、等高線を逆に見ていて緩やかな沢だと思い込んでいた。
なのでここにあるはずなのにない!!まあCPあったから番号でも見てみるか感覚で。CPのところでようやく勘違いに気づく。1分ぐらいのロスで済んだから良かった。
10⇒11
10から11への線にほとんど打ち消されているが、植生界も続いていてその先に道があるっぽい。しかし、登りがつらい。
11⇒12
もう倒木はつらいと思いながらも、しかし何を思ったか下りるのが不安になって時間をロス。こんなところで1分近くロスするのも変だけど。

全日本大会

去年の全日本大会参加時は、まだOLに復活したばかりでまだまだ脂肪もたっぷり残っていたし、走力・体力ともに全然駄目だった。
今年は、6分以上の大ミスを筆頭にトータル10分以上のロスはあったものの、これらがなければ・・・というところまでに改善。
しかし、やはり大ミスをしたり余計なロスを連発するということは、下手だということだし、まだまだ走りに余裕がないということ。
それでも去年の全日本大会に比べればかなり進歩しているので、もう少しトレーニングを積めばいずれ満足のいく結果が出せような気もする。とりあえず、良い方向に考えよう。


東日本大震災とその後のガソリン不足や計画停電、静岡での地震、などなど開催が危ぶまれた中、楽しい大会を開催していただいた大会役員の皆さまには本当に感謝します。