チョギ君★生還★ | ペットシッター かまって。

ペットシッター かまって。

別府市 ペット(犬・猫)の事なら何でもおまかせ下さい。飼い主様の「困った!」にお応えするサービスです


テーマ:

黄金週間の直前に、ウチの《チョギ君(トラ猫・11歳)》が「多飲多尿」になり、

検査したところ【血糖値】が★爆上がり★した、高血糖状態だと判明。

 

当然、獣医さんとしては「インシュリン注射」を打つわなぁ。

 

が、しかし、『私自身が糖尿病になっても「インシュリン」は絶対に打ちませんっ!』と、拒否。

 

さすがに獣医さんも驚いていらしたけど、

『イチかバチか、あとは食餌で改善させますから

とにかく脱水状態を脱して食欲が戻るよう点滴だけお願いします!』と、お願いした。

 

自宅でも「1日あたり:250cc」の点滴が出来るよう

とりあえず5日分を処方してもらった。

 

この判断は、私自身が【糖質制限】を続けながら、

「代謝」や「糖尿病の標準(?)治療の実態」について調べて

自分なりの信念があったからこそ下せたものなので、

他の方へ一律におススメするものではない。

 

ご自身のペットの治療方針については

それぞれの飼い主さんが決めていただければ結構である。

 

全責任は、飼い主にあるのですから。

 

その後、初めの1~2日目までは、すでに“ 死臭 ”が漂うほど弱っていたのだが

点滴による水分補給の結果、少しずつ食欲が戻ってきたので

療法食が届くまでの間は「栄養」よりも「美味しさ」重視で

とにかく食欲が途切れないようにした。

 

動物病院では《ヒルズ》の「r/d」や「w/d」を勧められたが、

別に“ 肥満 ”して血糖値が上がっているわけではないし

むしろ体重が急減しているこの期に及んで

わざわざ“ 低脂肪 ”なフードを選ぶ意味が分からん!と考え、

飼い主(=アタシ)の食生活と同じく【高タンパク質 & 高脂肪】のフードをチョイス★

 

結果、《ヒルズ》の「a/d」の缶詰 ・ 

《ロイヤルカナン》の「糖コントロール」のパウチ&ドライフードを取り寄せた。

 

《ヒルズ》の「a/d」缶詰は、食い付き★最高♪★

少量ずつではあるが、確実に『うめぇ~や♪』という顔をして食べ始めた!

日を追うごとに徐々に食べる量が増えてきた!

 

《糖コントロール》のパウチは、ゼリー状の部分だけ器用に舐め取って

肉の粒々を全く食べようとしなかったため、

「乳鉢」で擂り潰して、お気に入りの「a/d」缶詰と混ぜ合わせて与えたら

騙されて(?)食べるようになった♪


   ※ 大きさが分かるように「ベビーチーズ」を置いてみたヨ。

 

5月3日からは、様子を見ながら

点滴を“ 1日おき ”にしてみた。

 

5月9日からは、いつもの生活パターン(若い猫をイジめる・抱っこをせがんでくる 等々)が

垣間見られてきたので“ 2日おき ”に変更。

 

もう少し体重が増えてきたら、血液検査を受けさせる予定★

 

とにかく《チョギ君》無事生還っ♪(もちろん“ 死臭 ”も消えた!!)

 

 

ニャオ子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。