映画&楽曲『追憶ダンス』 | ペットシッター かまって。

ペットシッター かまって。

別府市 ペット(犬・猫)の事なら何でもおまかせ下さい。飼い主様の「困った!」にお応えするサービスです


テーマ:

★ギィィ~ャ~~~ッ!!!★ (゚Д゚;)

仕事で走り回っていたら、すでに「3月」が終わろうとしているぅ~~~っ! (>_<)

こんな調子ですぐに「夏」が過ぎ、アッ・・・という間に「年末」を迎えるんだ。 くそぅ・・・。

 

2月に観た映画『追憶ダンス』の感想を書くわよーーっ! ( `ー´)ノ

※ トークショーに現れた“ 本物の ”木ノ本嶺浩さんは、もっと・ずっと★カックイイ★人だよ!

 

まず印象に残ったのは、「色彩」と「セリフ」♪

 

物語の舞台となる「コンビニの店内」に溢れる“ 安っぽい ”ブルー色オレンジ色

《中2病》の主人公が着ていた「シャツ」や「バッグ」の色ともシンクロして

すっごく印象に残った。

 

上映後のトークによると、その「シャツ」は主演の二人がわざわざ一緒に古着屋さんへ出向いて

『こっちのほうがダサイんじゃない?』『いや、こっちのほうが“ 中2病 ”っぽい!』と

より“ イケていない ”ものを選んだそうな♪(笑)

 

私が邦画を嫌いな理由の一つは「セリフ」の面白さの無さ。 (-_-メ)

 

こちとら『自然な会話の応酬』を楽しみたいのに、

たいていの邦画は、なんか“ 定型文 ”の羅列のような“ 会話もどき ”ばかりで

作品に没頭できないのだ。

 

でも、この映画はその点を見事にクリアしてくれていて、心の底から楽しめた♪ (^o^)

 

これも上映後のトークで分かったことだが、

監督の土屋“ クリントン ”哲彦さんは、まず俳優さんに自由に演技をしてもらうことに徹底していて

そこから出てきた良い言い回しがあれば台本に落とし込んで活かすという手法をとっていらっしゃる、

とのこと。

 

たぶん力量のある俳優さんにとっては、とてもありがたい監督さんなのではないだろうか?

 

映画『追憶ダンス』( ← クリックすると予告編が観られます♪)

 

 

そして、エンディングに★絶妙な★タイミングで奏でられる映画と同名の曲が

これまた素晴らしいっ♪

 

《the twenties》の『追憶ダンス』 ( ← クリックするとPVが観られます♪)

 

「ドラム」と「ベース」の音がしっかり聞こえるバンドが好きなので

すぐにCD買ったモンね~♪ (^_-)-☆

 

なんとっ、このバンド、「大分県」出身ですってヨ★ (゜o゜)

 

↓ プロフィール的なことはコチラ♪(LiveRallyMusicより)

またひとり、ロックシーンに変なヤツが現われた。
タカイ リョウ。名付け親は不明。3才のとき、養護施設の前に捨てられ、そこで育つ。

小学校ではケンカ修行に明け暮れ、中学校でバンドに目覚めるも金はなし。

ラッキーにも国の補助金でギターをゲットする。

しかし高校生になったとき、他の子供への悪影響を理由に、施設から放り出される。

ピアス屋で働いているとき、隣の店にいたギターのウルマと出会い、twentiesを 結成。

地元の九州・大分でちょっと名を上げると、深い考えもないまま上京。

リリースした1stミニアルバム『Hello Good Bye』がセールスを伸ばす中、

ライブ動員も順調に増加。

今回、タカイの人生を自ら暴露した2ndミニアルバム『palm』を発売する。 

運がいいの か、悪いのか。この暴露アルバムを聴く限り、

タカイの精神のバランスは非常に特異だ。

書きなぐられたリリックには、自分の運命を恨んでいるのかどうかさえも分からない、

悲惨な感情が渦巻く。

たとえばリードトラックの「palm」では、♪君が与えてくれた 憎しみで優しくなれるよ♪と歌う。

“palm”は手のひらという意味だが、

タカイは自分の手のひらに隠した感情と闘うようにして歌を書いている。

あるいは彼は、運命という手のひらの上で踊っているだけなことを自覚している。
一方でウルマの手になるthe twentiesのサウンドは、

キーボードでなくギターで構築されたエレクトロ・ ダンスロックで、

その超ポップなセンスがタカイの赤裸々な言葉をリスナーの耳にスムーズに届けてくれる。

するとthe twentiesのメッセージの核である“ディストーションのかかったスピリット”が、

リスナーの内部で爆発を起こすというわけだ。

タカイの心の中は、怖くてのぞけない。まずは彼の発した歌を聴くだけで充分だろう。

そうして、the twentiesの4人は間違いなく、ロックをやっていなければただのクズだ。

こんな危険なバンドのメッセージが、2月5日にこの国に解き放た れようとしている。

若い人たちへの悪影響は必至だ。さあさあ、覚悟を決めておけ!

音楽評論家 平山雄一

 

ニャオ子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス