8月、9月とお休みさせていただいたパニエの販売、いったい次回はいつなの!?という状況で本当に申し訳ありません。

 

なんとか10月にはと思っていたのですが、11月にずれ込んでしまいそうです。

 

じつは、ダヴィッドが腰のヘルニアの手術をしたのですが(2016年に次、2度目の手術)、術後の回復が遅れております。

 

8月、突然腰痛が悪化し、急遽1週間後の手術となりました。

ちょうどリヨンからお客様が泊まりにいらっしゃる直前に悪化し、料理教室もキャンセル、ご挨拶すらできない状態で、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

 

2016年の前回より痛みがひどく、薬もまったく効かず、自宅待機中の1週間はかなり辛いものでした。

 

ありがたいことに南仏でもとくに評判の高いドクターが今回も執刀してくださったのが救いでした。というのは、この手術でその後、車椅子生活を余儀無くされている方が身近に何人もいるのです。腰の手術はリスクがあります。

 

でも前回の記事で楽しそうにアイス食べてたじゃん!と思われると思いますが(苦笑、、、)、朝起きてからしばらくは歩けない状態、、、。

寝返りをうったりベッドから起き上がるときにも奇声をあげるので、私まで寝不足が続いています。

 

辻さんとのオンラインライブの時、足を引きずって歩いていたのに気づいた方からご心配の連絡をいただきましたが、じつはそんな事情だったのです。

 

おかげさまで少しずつは回復しており、かなり歩いたりできるまでになりました。

 

ただ、重いものを持ったり、長距離ドライブはまだまだで、パニエの仕込みがなかなかできずにいます。

 

パニエを楽しみにしてくださっている皆さま、本当にごめんなさい。

 

ラベンダーのパニエのために、アニエルさんのラベンダー蜂蜜や、好評だったロバミルク石鹸などはすでにキープしてもらっていますのでどうかご安心ください。

 

かならずや近いうちにラベンダーパニエ、実現します!

 

 

アンティーク市は私一人でもできるので、しばしアンティークをお楽しみいただければ幸いです。

 

 

近いうちにいいご報告ができますよう、ダヴィッドもリハビリに励みます!

 

 

 


【付録】


ここで大公開!!

 


これが、おフランスの病院食だ!



(ひーっっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町田陽子著書

◉Book

『ゆでたまごを作れなくても幸せなフランス人』(講談社)

▶︎講談社BOOK倶楽部

『南フランスの休日 プロヴァンスへ』(イカロス出版)

▶︎イカロス出版オンライン書店

いずれも電子書籍も発売しています