フランス女性の先日の記事に
Mariさんからコメントをいただきました。

ちょっと考えさせられる内容なので、こちらに返答を書きますね。


Question 

Yokoさん、こんにちは。いつも拝読しています。パニエが売り切れてしまって残念でしたがまた今度!

さてさて、この記事をだいぶ前に読みましたが、最近友人と話しておりまして気になる事があったのでコメントさせていただく事にしました。
女性も年齢を重ねると手や脚に血管が浮いてきたりする事も自然な事かと思いますが、日本の高齢の方達は脚の血管を見せたくなくて、(気持ちはわからなくもないですが)ほとんどの方がパンツを履いて脚を隠してしまうようです。ですが私の知る限り、フランスやヨーロッパの方のご高齢の女性は結構スカートをお召しになっていますよね。ベースにある考え方は、そういうのがあっても気にしないという事なのでしょうか?それとも、静脈瘤の治療みたいな事をされて解決しているのでしょうか?エイジングに関する女性自身の捉え方も日本とフランスで少し違うように思えます。このお義母さんみたいに何歳でもポジティブにいたいなと思いました。




Réponse 

個人差はあると思いますが、それはまず「受け入れる」力が必要ということだと思います。
年を取ること、体が衰えること、病になること、そういったもろもろを。

それは誰にとっても喜ばしいことではないけれど、それらを受け入れなければ人生は前に進みません。
個人的な話になりますが、じつは義理ママも大病をして体に傷を負っています。気にしていないわけはないですが、上手に目立たない服を着て美しくあろうと努力しているように見えます。

血管がひどく浮いて気になればカバーするもよし、と思います。パンツを素敵に着こなせばいいんじゃないかな。


日本は年相応にしていないと後ろ指指される傾向がありますよね。人の目に合わせて、年相応の色、年相応のスタイルを選ばざるを得ない風潮。それはたいてい、地味で古くさい。


私はずいぶん日本で洋服を買っていませんが、それは、若い人に作られた洋服か、シニア向けか、どちらかしかないからです。サイズ展開が幅広で、大人の趣味嗜好にもあったおしゃれでカジュアルでリーズナブル(これも大事)な服が日本は少ないのです。

シニアがカジュアルやキレイ色を着こなすと素敵なのに、残念。


先日、アペロに出かける前、私がギリギリまで仕事してると「早くシャワー浴びて、きれいにしてよ〜。あと1時間で出かけるんだよ」とダヴィッドに言われました。
近所のワインバーに行くだけなんですけどね。
でも、おしゃれしてお化粧して行くと、きれいだね〜としつこいほど褒めて、ものすごく喜ぶ。笑 どこがとは思いますが、喜んでいただけるのはうれしい。

褒めて肯定してくれる人の存在も大切(逆に他人をもっと褒めなきゃ)なんですよね。


その上、ミニスカートも大歓迎。笑
私は55ですけど、「その年で恥ずかしいから隠して」とは言われません。

ある時、知人の年上の女性に「あなたは足がきれいだから、もっとミニスカートはいたらいいのに」と言われたこともあります。たいしてきれいでもないんですけどね。日本だったらダイコンって言われるレベル。


私はさほど空気を読むタイプでもないですが、にもかかわらず、日本にいたらフランスと同じファッションでいられるか?の自問に窮するほど、一定年齢以上の日本女性のおしゃれ環境は厳しいです。

「おばさんのくせに」
そう言うのは男性だけでなく、同性からだったりもしますよね。むしろそっちの目の方が厳しい。本当は自分ができない嫉妬なんですよ。
その上、40歳でもうおばさん認定(30でしたっけ?)…冗談じゃないですって。


肌がいつまでもピカピカでシワもなければ、同性にも羨ましがられます。
サロンに通って、プチ整形して頑張る人は美魔女というステイタスが手に入ります。同性の女性も納得がいくから叩かない。

でも、自分と同じようにシワがあって血管が浮いてて、お腹が出てるのにかっこよかったら、、ジェラシー!!!


でも、そろそろそういうのは終わりにしましょう。

おばさんのくせにと言われても、「だから?」と言い返せる強さを持って、好きなスタイルで颯爽と歩きましょう。
モデルのような体型でなくても、そんなの当たり前、年相応の自分でいいんです。


自分の人生。好きなように、いつまでも輝きたい。

改めて、日本に帰った時は、迎合せずに自分らしいファッションで歩こうと思いました。

若く見える服、じゃなくて、自分が好きな服!
それは全然違う。

あとどのくらい履けるか(体力的に)わからないので、今のうちにハイヒールも楽しもうと最近よく履くようになりました。


同志の皆さん、次世代のためにもがんばりましょう😊


おしゃれは自己表現…年齢制限はありません。



質問への答えになってるかしら⁉️







Villa Montrose (南仏プロヴァンスのシャンブルドット )

ヴィラ・モンローズ の公式サイト

ヴィラ・モンローズのショップサイト

 

町田陽子著書

◉Book

『ゆでたまごを作れなくても幸せなフランス人』(講談社)

▶︎講談社BOOK倶楽部

『南フランスの休日 プロヴァンスへ』(イカロス出版)

▶︎イカロス出版オンライン書店

いずれも電子書籍も発売しています