冬になると必ず、ビタミンDが欠乏していると医者に言われます。

 

ドクター曰く、

 

「太陽をもっと浴びなきゃダメ!」

 

 

というのも、ビタミンDというのは紫外線を浴びると増えるらしいのです。

夏の間は自然にたっぷり生成されているけれど、外に出る時間が減り、出かける時も着込んでいる冬期は足りなくなってしまうのだと。

 

 

なので、プロヴァンス流、光テラピーを。

 

手のひらでも、足の一部分でも、太陽の光があればあててビタミンチャージ。


スマホのチャージも大事だけど、ビタミンDのチャージはもっと大切!

 

ランチのテーブルはできるだけ日当たりのいい席を選び、

 

 

カフェではもちろん、テラス席! 

 

 

なぜなら、

 

ビタミンDが不足すると、天然の抗菌物質が生成されず、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるそうなんです。

免疫作用を高め、腸の粘膜を丈夫にしてくれたり、精神安定にも影響を与えてくれるビタミンD。

 

大事です。

 

 

黄色人種は皮膚癌になるリスクがとても少ないそうなので、私はサプリより、太陽に当たるほうを選んでいます。

 

 

ちなみに食べ物でビタミンDが多いのは、

 

ダントツで、

 

きくらげ。

 

うーん。そんなに大量摂取できそうにないですが、努力して食べてみよう。

私の好きなエクス・アン・プロヴァンスの中華の店の前菜に、「黒キノコのサラダ」というのがあるのですが、それがキクラゲの中華風和え物。

これならたくさん食べられそう。


 

そして、動物性食品の中でダントツなのは、カツオとアンコウ!

 

アンコウは南仏でよく食べます。

 

日本の吊るし切りをする巨大なアンコウとは違って、もっと小ぶり。

プリプリした身で癖がなく、意外と高級魚です。

 

我が家のターブルドットの定番の一つでもあります。鍋ではありません!

 

 

紫外線を目の敵にせず、上手に光セラピーいたしましょう❣️

 

長々書きましたが、

 

太陽にあたると気持ちいい! 

 

冬の太陽はやさしいから、とーってもリラックスできる!

 

 

騙されたと思って、ぜひ、お試しあれ。