阪急うめだでのフランスフェア2016も無事終わり、エクス・アン・プロヴァンスの我が家に戻りました。

任務を終え、ほっとしたとたん、二人とも、珍しくひどい風邪をひいてしまいましたヽ(´o`;

今年もたくさんのかたにお越しいただき、おかげさまで去年を上回る盛況となりました。
来てくださった皆さん、ありがとうございました! 

すでに来年の準備に入りつつありますので、また1年後、お会いしましょう



東京にはフェア前に立ち寄り、かつて一緒に仕事をした仲間や後輩のみんなにも会うことができ、いい時間を過ごすことができました。

しかし、会いたい他の何人かの人には会えない。というジレンマ。

まず、会いたい理由は、たくさんのお礼を言いたいから。

過去を振り返ってみると、あらゆるタイミングで人に恵まれ、支えてもらい、引き立ててもらったことが思い出されます。

なぜか落ち込んでいる絶妙なタイミングで誘ってくれ、話を聞いてくれた大先輩、遠回しに諭してくださった大先生、ストレートに叱ってくれた人生の師匠、私を信じて仕事を任せてくださったかた、自分一人では行けないようないろんな意味で敷居の高いレストランや飲み屋にいつも連れてってくれたかた、フリーランスになった時にはたくさんのかたから仕事を紹介していただいた……。

社会人一年生の時は、出入りの印刷屋さんに「そんなこともわからんようなら、とっとと名古屋に帰って味噌煮込みでも食ってろー」と言われたこともある。
きー、悔しい~、見ておれとばかりにがんばれたのは、そういうたくさんの人がいたからだと、しみじみありがたく振り返っているこの頃なのです。


会えない理由は単純で、連絡先がわからなくなってしまったから。

メールで繋がっているからと安心していても、会社のアドレスだと、退職してしまったらアウト。
住所だって、引っ越したら、それまで。

だから、後悔の念にずっと苛まれている。
なぜ、繋がっていた時に、心からの気持ちをきちんと伝えなかったのかと。

人と人のつながりなんて、脆いもの。一期一会であることを、改めて肝に銘じました。

そして同時に、自分に問いかけている。

私がしてもらってきたことを、自分自身は誰かにできているだろうか。と。



プロヴァンスは、今、私のいちばん好きな季節です。

新緑が一気に大地から吹き出し、サクランボの花、藤の花、花蘇芳、菜の花が一気に咲き競い、これから、アカシア、リラ、マロニエ、コクリコ、バラ、ジャスミン、西洋菩提樹へとつながっていきます。

ラベンダーも美しいけど、この花の競演たるや、毎日うっとり。
一年、この時期を待ち焦がれています。


花との出会いも、一期一会。
毎日、はっとする出会いがあり、だから、できるだけ見逃さないようにと、ゆっくりきょろきょろしながら歩く、挙動不審な私です。


4、5、6月は飛行機も夏に比べたら安いし、人もまだまだ少ないので、私のオススメシーズンです^_^ 


{71A94DF9-8383-4D99-B8F5-B6AB97F3B212:01}
ちょっと意外かもしれませんが、フランス人は藤の花が大好きです

{83C5B379-C0FF-4EA5-8570-DBA8C049BD07:01}
雑草のようにたくましく生きる野の花。誰に聞いても名前を知らないと。石垣から生えています

{A065EAB9-83D0-42AB-B905-A97C66F7AE18:01}
モネの絵でも有名なコクリコの花。コクリコという音の響きも可愛い。もう咲き始めました!

{98A264F3-5CF8-4F79-832E-038EF8AC61B1:01}
バラの花が似合う、ルールマランの村

{11B056C0-DB51-4C92-AA19-E93F0AA2C0C8:01}
こちらもルールマランです

{373B34D0-DD1C-4B79-AA34-0E3754BD43A3:01}
大好きな甘い香りの西洋菩提樹。降るように小さな黄色い花が咲きます。悲しいかな、私はこの花のアレルギー

{020910BF-3828-4E2A-A076-8BA7B2A5F435:01}
こちらももうすぐ咲きます。マロニエ。近くで見ると、いろんな色!自然の造形って本当にスゴイといつも感嘆してしまう

{732DDACD-4C67-42B6-A56B-C2DFF5EBFA5E:01}