昨日から寒気の戻りで寒くなりましたね。GWまでは一進一退でしょうね。

冬物はいつ片づけましょうか???悩ましいところです。

コロナ禍の中、体調にはついナーバスになります。皆さんもご自愛ください。

さて・・・

 

自分のことが、

いちばんかわいい。


・・・などと言いますが、
多くの人は、

あまり自分を可愛がらないものです。

たとえば、

暴飲暴食したり、

睡眠不足が続いたり、
ストレスを抱えながら仕事をしたり。


それは、

自分への虐待。

もっと

自分を可愛がってあげないと、
いずれ私という自分は、

言うことを聞いてくれなくなります。

体にいいものを適量食べる。

 

しっかりと睡眠をとる。


ストレスが貯まらないように生きる。


自分を可愛がることを

けっして後回しにしてはいけません。


いちばん大事にすべきは自分なのです。

 

自戒(;^ω^)

 

さてさて・・・

私は

努力という概念が嫌いです。


努力する、

という発想が好きではない。


努力した、

と考えることも好きではない。


でも、

たぶん、

努力家だと思います。


他の人から見れば、ということですが。

自分が得意なことで、
人の役に立っていきたい。


人に

喜んでもらいたい。


それを仕事にしたい。


・・・というのが、私の基本姿勢です。

そこで、

自分を他人にする、
・・・という方法を思いついたわけです。


過去の自分を、

他人だと考える。


未来の自分も、

他人だと考える。


すると

色んなことが変わります。

まず

努力という言葉が消える。


だって・・・

他人のために頑張ることを
努力とは言いませんから。


努力ではなく、ボランティア。


人を喜ばすための活動。

未来の私を、

愛すべき他人だと考える。


すべては、

そこから始まります。


愛すべき、アカの他人。


その人を

喜ばせるために、
サポートしてあげるために、
ボランティア活動をする。

人は

自分のためには、
なかなか頑張れないものです。


でも

喜んでくれる人がいたら、
愛する誰かのためなら、
結構、

頑張れたりするのです。

未来の私、という他人。


過去の私、という他人。


この人たちと、上手く付き合う。


すると

私の人生は変わる。


・・・というややこしい戦略なのです。

(戦略って・・・(;^ω^)オーバーですが)

明日の私という、

他人をイメージし、
その人を

喜ばすことを想像し、
うっしっしと、

ほくそ笑み、
ボランティア活動に励む。


すると、どうなるか。

翌日、

えらいことが起こります。


誰かが、

ボランティア活動して、
色んなことをやってくれている。


ありがとう!と感謝する。


ありがとう、昨日の私。

努力は、つまらない。


辛いし、面倒くさい。

毎日、

誰かが、

私のために
ボランティアしてくれる日々。


毎日、

誰かに、

感謝される日々。


それを

「努力」などという
つまらない言葉に、
置き換えてはいけないのです。

 

なんて・・・

屁理屈をこねている還暦間近のおっさんの独り言でした。

(^^)/