今日の予報は曇り・・・だったはずなのに、よく降りますね。

驟雨っていうんですかね・・・しっとりと濡れてしまいます。

暫くぶりに少年団の練習が出来ました。子供の笑顔はイイですね。

 

さて・・・

 

裕福な家庭に生まれた人には、

既得権がある。


貧困な家庭に生まれた人には、

既得権がない。


だから

不公平だと言うがいます。


でも

考えてみたら
日本人として生まれただけで大きな既得権です。

現代社会に生まれた既得権もあるし、
五体満足で生まれた既得権もあるし、
何と言っても

人間として生まれた既得権が大きい。

きっと

すべての人は既得権を持って生まれてくるのです。


でも

それを生かしきれていない。


ないものを見ようとして、
すでにあるものを見ようとしないから。

あるものを生かして、

楽しく生きていく。


それが

人生のただひとつのコツ。

さてさて・・

勉強できない。


スポーツできない。


友達いない。


そういう私は、

強い人。


失うものがない人は、

強いのです。

社長である。


社員がいる。


お客さんがいる。


そういう私は、

弱い人。


失うものがある人は、

弱いのです。

失うものがない時代。


失うものがある時代。


その両方を経験して思うこと。


それはやはり、
持たないものの強さです。

失うものがない強さは、

格別です。


でも

私には、

もうムリなのです。


なぜなら・・・

私は持ってしまったから。


一度手にしてしまったから。

一度でも手にすると、
人はその記憶に支配されてしまう。


それが

私の実感でしょうか。


もともと何も無かったのに、
あることが基準になってしまうのです。

あることが普通。


ないと不満。


あるいは不安。


多くの人は、

この状態に、
囚われているのだと思います。

今の私も同じです。


ない時は、まったく平気でした。


でも、

一度手に入れてしまった。

 

まあ、大したモノではないけれど・・・


そして、失った。


失ったことによる不安と喪失感。

でも

私が失ったものって、
一体何だったのでしょう。


事業でしょうか。


社員でしょうか。


顧客でしょうか。

正直、

私も悩んでいました。


なぜ、不安なのか・・・


何が、喪失感をもたらすのか・・・


それが、分からない。

でも

ようやく、
その正体が分かってきました。


私が失ったもの。


喪失感をもたらしているもの。


その正体は、既得権でした。

既得権なんて、大嫌い。


ずっと

そう思っていました。


でも

失くして初めて、

気がついたわけです。


自分が、

既得権に守られていたという事実に。

 

さてさて、

今一度、ハートに火を灯して

頑張ってみましょうかね( ^ω^)・・・