ここのところ忙しないですね・・・地震・・・雨・・・虹・・・強風・・・快晴

そろそろ、来期に向かって、体制や方針を纏めないと・・・

とはいえ・・・首と肩が痛い・・・歳ですかね(;^ω^)

 

さて・・・

 

すごい金持ちになったら、大きな家に住む。


かっこいい車に乗る。


毎日美味しいものを食べる。

部屋の掃除も、

洗濯も、

洗車も、

料理も、

肩もみも、
ぜんぶ誰かにやってもらう。


それでも、

まだまだ金は余っている。

だから

着替えも手伝ってもらい、
歯も磨いてもらい、

風呂で体も洗ってもらい、
お酒もひと口ずつ飲ませてもらい、
小説やマンガは読み聞かせてもらう。

すごい金持ちのすごい贅沢。


でもよく考えたら、

これって介護されてるおじいちゃんと
同じなんですよね。

さてさて・・・

昔たくさんの社員を雇っていました。


任せられることは、どんどん任せる。


自分が得意なことだけに集中する。


そういう

方針だったからです。

間違っていたとは思いません。


今は

正社員20人ほどしか

雇っていませんが、
基本的には同じ考えです。


でも

違うことがひとつだけあります。

それは、

やりたくないことや
不得意なことをやるようになったこと。


矛盾するようなんですけど、
これがとても大事なのです。

やりたくないこと。


不得意なこと。


たとえば、

メルマガの配信設定。


お客さんとのやりとり。


企画書や契約書の作成。

メルマガを書くのは、

苦になりませんが、
配信作業は面倒くさい。


企画を立てるのは好きですが、
企画書を作るのは面倒くさい。

そう私は

面倒くさいことが嫌いなのです。


やって出来なくはないけど、
面倒だからやりたくない。


そういうことが実に多いのです。

社員がたくさんいた時は、
面倒なことは全部やってもらってました。


企画書の作成、

メルマガの配信、
お客さんとのやりとり、などなど。

得意なことに時間を集中するため。


それが私の言い訳でした。


でも本当は面倒だったから。


やりたくない仕事だったから。

やりたくないこと。

 

不得意なこと。


それは

やらないほうがいい。


人にやってもらったほうがいい。


それは事実です。

でも

全部ではない。


やりたくないけど、

面倒だけど、
自分でやらなくてはならない。


そういうものも、あるのです。

本来は

自分がやるべき仕事。


自分が引き受けるべき、面倒くささ。


それから逃げると
もっと面倒なことになります。

会社の成長が鈍ったのは、
きっと、

私が仕事を振りすぎたからです。


自分が

引き受けるべき面倒まで、
人に振ってしまったから。

私の仕事をすること。


私の面倒から逃げないこと。


そのバランスが、

とても大事なのだと思う、

今日この頃・・・