二回目の緊急事態宣言・・・言いたいことは色々ありますが、

一般大衆の行動が全てなのかなと思います。最適解なんてないのに・・・

意思や目的に対して、こう判断したから、こうする。

みたいな・・・政治は、あまり語りたくありませんが・・・

 

さて・・・

 

マスとは大衆。


マスメディアとは、

大衆のメディアという意味です。


でも現実は、

決して大衆のメディアではありませんでした。

大衆のメディアではなく、

大衆に向けられたメディア。


それが、

マスメディアなのです。


大衆は、

ずっと忠実なる視聴者でした。


マスメディアで流された情報を信じ、
マスメディアで流された商品を買う。

今その忠実なる視聴者が、

傍観者となりつつあります。


スポンサーや局の意向、

権力の意向に沿って
一方的に配信される情報。


大衆は、

それをスルーし始めているのです。

CMを見なくなっただけではなく、
恣意的な情報も受け取らなくなった。


もはや、

マスメディアの先には、

従順な大衆などいないのです。

さてさて・・・

イチローはテレビ嫌い。


情報を捻じ曲げられるから。


それを、

聞いた時こう思いました。


結構、神経質なんだなあと。


でも、

それは事実だったのです。

取材や収録は、

たくさん集めて、構成して、編集して・・・


正確に伝えるには、
情報量が必要だから。


たくさんの情報を引き出し、
そこから真実の姿をあぶり出す。


その頃の私は、

まだ信じていました。

ところが、です。


1日がかりで撮影した中の、ほんの数秒。


しかも、

全体から見たら本心とは言えない、
無理やり言わされただろうことば。


そこだけが、

放送されていたりするのです。

まあ、凄いと思いました。


ここまで、やるのかと。


少しくらいの脚色は、想定内だと思います。


しかし、あまりにも酷い。


そういうものは、

もはや報道ではない。


単なる、

作られたドラマだったりします。

どう、切り取るかで、
事実は、

正反対に見えてしまいます。


まさか、

そこまでしないだろうと、
多くの人は思っているでしょう。


でもこれ、事実なんですよ。

面白くする、視聴率を稼ぐ。


そこにしか、目的はないのです。


事実であるかどうかより、
ウケるか、どうか、
視聴率を稼げるか、

どうかが大事。

言い訳しているみたいだし、
負け惜しみみたいなので、
みんな、ずっと黙ってますよね。


でも、毎日のコロナ報道を見ていると、
もう、いいだろうと思います。

あれは、本当に酷い。


きっと、

テレビ報道に壊された人は、
たくさんいるはずです。


だから

自業自得なんですよね。


みんなが、

テレビを信じなくなったのも。

何を信じるのかは、自分自身が決める。


自分の信頼は、自分自身で作っていく。


そういう、

素晴らしい時代が始まるのです。

 

・・・と前向きに生きましょうか(^^)/