やるか、やらないか・・・ | 「秋葉原ベンチャー社長とその仲間たち」
新型コロナウイルスに関する情報について

やるか、やらないか・・・

歴史は、

「誰かが、何かを、やった結果」だと認識されています。

でも本当は

「誰かが、何かを、やらなかった結果」でもあるのです。


あるものは、実感しやすく、ないものは、実感しにくい。
たとえば・・・

何を買ったか、どこに行ったか、どんな本を読んだか。


それを自覚することは簡単です。


でも、何を買わなかったか、どこに行かなかったか、
どんな本を読まなかったかを、自覚することは難しい。

やらなかったことは、無限にあるからです。


自分は何を考えていないのか。


自分は何をやっていないのか。

あるものではなく、ないものに注目する。


それは、

すべての人が持っている隠し扉。


そこには、

無限の可能性が眠っているのです。


私が商品というものに気づかされた、きっかけ。


それは、ある友人のひと言でした。


4年ぶりに私の会社を訪れた彼は、私にこう言いました。


商品が変わっていないことに驚いた、と。

商品が変わっていない。


私には、その意味が、理解できませんでした。


なぜなら私は、サービス内容や、商品名など、
細かい変更を繰り返していたからです。

いやいや、かなり変わったよ。


・・・と、私は思わず心の中でつぶやきました。


でも同時に、考えてしまったのです。


なぜ?彼は、そんなことを言うのだろうか、と。

私から見たら、商品は進化している。


毎年のように工夫し、パンフレットも刷り直している。


でも彼から見たら、商品は同じ。


同じ商品を、工夫もせずに、4年間売り続けている。

今の私なら、彼の言っていることが理解できます。


でも当時の私には、見えていなかったのです。


それは私が、現状に慣れ過ぎていたから。


業界の常識に、囚われてしまっていたから。

今、この業界(派遣業界)の中で、
やるべき取り組み、やれる可能性のある取り組みは、
全てやっている。

 

これ以上、何が出来るというのか。


それが、当時の私の心情でした。

でもそれは、

単に、中にいる人間の論理。


外側から見れば、変化する余地など無限にあるのです。


小さな学校のルールに縛られている、子供達と同じ。


外に出てしまえば、世界は無限に広がっているのです。

友人のセリフは、言わば素人発想でした。


この業界のことを知らないから・・・


業界を取り巻く環境を知らないから・・・


気楽に口に出来るセリフ。

でも・・・素人だからこそ、そこには真理があるのです。


何を売るのか。

 

誰に売るのか。

 

どうやって売るのか。


私が考えていたのは、既存の枠の中での工夫。


でもそんな枠は、

実際には存在していないのです。

派遣を受け入れします。

 

予算があります。


・・・という企業の担当者に、提案を持っていく。


何も間違ってはいません。


でも、何も創り出してもいないのです。

私は、創業社長です。


何屋さんを始めるか、決めたのは私自身です。


でも、いつの間にか、

自分が決めた仕事に、
自分自身が縛られていたのです。

創業社長に限った話ではありません。


二代目社長だろうと、

会社員だろうと、
仕事は選べるし、自分でつくり出すことも出来る。


その事実を、いつの間にか忘れてしまうのです。

本屋だから、喫茶店だから、派遣事業者だから。


それは法律でもなく、自然界のルールでもなく、
自分が勝手につくりだした枠組み。


人はいつの間にか、その枠組みに縛られてしまう。


決して忘れてはならない、大切なこと。


それは私たちが、

100%自由であるということ・・・