2017-09-27 17:48:38

モノからサービスへ

テーマ:ブログ

光陰矢の如し・・・8月が終わり、中途半端な夏だったなあ。。。と、思う間もなく暮れの予定が・・・(^_^;)

下半期も怒涛のように過ぎていくのだろうな・・・齢55、1年の速さに慄いてしまう今日この頃です。

 

さて・・・

 

製造業で働く人が1000万人を下回って、暫く経つが・・・

この傾向は続いている。


実に51年ぶりの出来事が常態化しつつある。


就労人口が一番多いのは卸・小売業で、 
その数は唯一1000万人を超えているという。

 
モノづくり大国である日本が、

これで良いのだろうかと、ちょっと心配になる。 


・・・が、この流れは自然なことなのだとも思う。 

円高や新興国の台頭によって、 
日本のメーカーが苦戦を強いられているのは確かだ。 


だが、もっと大きな目で見てみると、 
これは生産性の向上がもたらした恩恵であるとも言える。 


米を作るために必要だった人手が・・・


家電製品を作るために必要だった人手が・・・


技術革新によって、減少したのである。 

もしも・・・

 

人間を一個の生き物であるとしたなら、 
食べ物を得るのに8時間働かなくてはならなかったところが、 
2時間になったということであり・・・

 
これは、大変に喜ばしいことなのである。 


だが、残念ながら人間は一個の生物ではない。 


生産性の向上によって恩恵を受ける人がいる代わりに、 
仕事を失くしてしまう人も出て来てしまう。 

では・・・

 

製造業で余り出した人材は、どこに流れていくのか。 


モノからサービスへ。 


あらゆる分野で、

モノが余り出した日本では、 
サービス業にシフトしていくのが自然な流れである。 


お腹がいっぱいになったら、

次には美味しさを・・・


そして、

美味しさも満たされたならば、次はサービスを・・・


・・・というように人間の欲求は変化するのである。 


では、この変化に対して・・・

 
私たちは、

どのように対処していかなくてはならないのか。 

まず、先に出てきた働く場の移動である。 


製造業から販売業、サービス業へと働く場を変えていく。 


だが、それだけではない。 


提供する商品自体も、変わらざるを得ない。 


技術から、サービスへ。 


もはや・・・

 

機能を追求するだけでは、商品は売れない。 


なぜならば、

機能は、もう十分に満たされているからだ。 


今の時代に求められる商品は、 
顧客の心を満たすサービス力を持った商品でなくてはならない。 

商品だけではない。 


今という時代は、

業種や職種の概念そのものが、変わりつつある時代なのだ。 


パン屋さんは、

美味しいパンを作るだけではなく・・・


より顧客の満足度が上がるためのサービスを求められる。 


美容師さんも、

単に髪を切る技術だけでは生き残っていけない。 


その流れが、

医者や税理士や公共機関までをも巻き込んでいく。 

これからは、

サービス精神のない技術者は生き残っていけない。 


患者は、

医者に技術+コミュニケーションを求め・・・


企業は、

税理士に税務+コミュニケーションを求める。 


それが、時代の流れなのだ。 


だからといって、

今まで技術で身を立てて来た者が、 
コミュニケーション力を身に付けるのは容易なことではない。 

さらには、

コミュニケーションばかり上手くて 
技術力のない医者や、税理士ばかりになっては困る。 


そこで必要になってくるのが、通訳の存在だ。 


技術者と顧客とのコミュニケーションを

円滑にするためのスペシャリスト。

 

そういう職種が、

これからたくさん生まれて来ることになるだろう。 

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

proud1480さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。