2017-04-21 13:38:38

禁断の違和感・・・(^_^;)・・・

テーマ:社長のひとりごと

18期が始まりました・・・早いですね~(^^)ww 

紆余曲折・・・思えば遠くに来たもんだ。

まだまだ、御恩や借金を返さなければ・・・(^_^;)・・・頑張んべ-

 

さて・・・

 

本来の自分。 


その声に耳を傾けること。 


何かとてもロマンチックな感じがします。 


でも・・・どうなのでしょう。 


本来の自分が、素敵なものであるとは限らない。 


そんな気がするのです。 

 

みなさん、マトリクスという映画を覚えていますか。 


コンピュータが作り上げた偽物の世界。 


人間の脳みそは、

そこにつながれてずっと夢を見続けているのです。 


本物そっくりの夢を。 

 

現実と見分けがつかないくらい精巧な夢。 


痛みも、苦しみも、悲しみも、現実世界のように実感出来る。 


記憶だって鮮明に残る。 


現実と寸分違わぬ夢を、

人間は見破ることが出来ないのです。 

 

でも、その精巧な夢に、違和感を抱く人間が現れます。 


キアヌリーブス演じる主人公のネオ。 


ネオは、なぜか違和感を感じるのです。 


何もおかしくないはずなのに、何かがおかしい。 


どこかが違う。

 

何かがズレている。 


でも・・・そのズレの正体を自分では認識出来ません。 


そこに、モーフィアスが現れるのです。 

 

ネオは、夢の世界を抜け出すことに成功する。 


そして、

ようやく辿り着いた現実の世界は・・・ 


それは、

何とも貧相で寒々しい、

ゴミためのような所だったのです。 

 

ストーリーは、

裏切り者の出現によって急展開します。 


裏切り者は、

コンピュータに仲間を売ります。 


作られた世界に戻してもらうことと引き換えに。 


この裏切り者がまた、

絵に描いたように腹立たしいヤツなのですが、 
それはまあ映画の世界。

 

ハリウッドらしい配役なのです。 

 

でも・・・どうですか。 


もしも、

自分がその状況に直面したら。 


魅力的な虚構の世界。

 

そう、まるで私たちが住んでいるこの世界のように。 


一方で、

刺激も、魅力も、暖かみもない、現実の世界。 


虚構の世界を選ぶ人間を、

私たちは責めることが出来るのでしょうか。 

 

違和感。 


それは、「何かが違う」という感覚。 


私は、

それをとても大事にしています。 


でも同時に、

触れてはいけないもののような気もするのです。 


何十年も、何百年もかけて、人間が封印して来た世界。 


その世界への入り口。 

 

私は『真実』を見たい、

知りたいという欲求を抑えることが出来ません。 


もしも・・・

 

社会が作られたものであるのなら・・・


それが・・・

 

どのような意図で作られているのか・・・


自分は、

どういう仕組みの中に嵌め込まれているのか・・・


それを、

知らずにはいられないのです。 

 

知るべきではなかった。 


そういう結果になるかもしれません。 


好きな人の秘密をのぞき見てしまった時のように。 

 

でも・・・やっぱり私は ・・・
この違和感を素通りすることは出来ないのです。 


私のような人間を、

「社会不適格者」というのかもしれません。 


でもそれは、どちらなのでしょう。 


「現実不適格者」ということなのでしょうか。 


それとも・・・

 

「虚構の世界不適格者」ということなのでしょうか。 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

proud1480さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。