鉄緑会の実績のヤバさと、先取りの重要性 | プロ家庭教師のKiri/奈良・大阪・オンライン/医学部受験/大学受験

プロ家庭教師のKiri/奈良・大阪・オンライン/医学部受験/大学受験

大学受験専門のプロ家庭教師Kiriが、指導に対する考え,実際に指導で経験したことなどをつづります。

コバショーさんが、今年も鉄緑会の実績がすごい件、という動画をあげておられました。

 

 

 

定員100名の東大理Ⅲに、37名合格。

 

理Ⅰには、173名。

理Ⅱには、60名。

 

文Ⅰには、82名。

文Ⅱには、34名。

文Ⅲには、26名。

 

 

皆さん、まだまだ驚いてはいけないのが、これ

 

代々木拠点のみの実績らしいです。

すなわち、関東組だけってことですかね。

 

鉄緑会って関西にもありますし、なんなら関西って理Ⅲに強い灘がありますよね。

すなわち 鉄緑会全体では、1.5倍~2倍くらいは、実績が見込めるってことです。

 

コバショーさん的には、理Ⅲの鉄緑出身者は6割くらいを占めるのではないか、とのこと。

うーん。すごい。

 

 

鉄緑会は、進度がとても早く、問題のパターンはかなり幅広く扱っています。

いきなり難しい問題ばかりを扱うのではなく、学年が上がるごとに徐々に難しくし、同じ単元をサイクルさせています。

フォローの体勢がしっかりしていて、テストでしっかり出来、不出来がチェックされます。

 

鉄緑会は、学校などに合わせず、さっさと先取りをして、段階的に難しい問題を解かせて、演習量をこなしていけば、難関大学に合格できるってことを証明してしまったのかもしれませんね。

 

 

まぁただ、普通に考えれば当たり前ですよね。

そりゃ、先に進んでいる方が勝つに決まっているし、量が多い方が勝つに決まっています。

勉強って、それが見えなくなるから不思議ですよね。

 

 

先取りは何より、焦ることがなくなる のが大きいですね。

 

学校に合わせていると、何となく余裕を感じないことが多いのではないでしょうか。

テスト前になると、急に進度を早く進めたり、課題が沢山出たり、分からないところを詰め込んでしまったり。

 

先取りして理解しておけば、進度が早くなっても影響がないし、課題もサクサク解けるし、できない問題にフォーカスして時間をかけられる。

理解を深めるだけでなく、精神的にもいいですね。

 

映像授業もタダで見れるようになってきたし、参考書なんていくらでもある時代。

これからの時代は、先取りは必須ですね。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み