【感想】 Bad North | 遙か宇宙の彼方へ

遙か宇宙の彼方へ

のんびりと更新していく予定です


テーマ:

 Bad North(バッド ノース) の感想(レビュー)です

 かなりのネタバレを含む感想(レビュー)です

 見るときに注意してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


---------キ-------リ-------ト-------リ---------

 

【PV】

 

 

 

【感想】

 

bhatdrno21

 

 パブリッシャーが Raw Fury によるシンプルだけど尖っているゲームが配信されました

 日本では、2018年8月20日にSwitchで、2018年9月6日にPS4で配信されました

 

 難易度はノーマルでプレイしました

 ルールを理解するまでに数回ゲームオーバーになったけどクリアし、ハードでプレイしました

 ハードはノーマルよりも短いリトライ数でクリアしました

 

 サクサクプレイできる時間泥棒なゲームです

 

 なお、最近アップデートが行われたけど、この感想はその前のアップデートまでのものになります

 

 グラフィック・音楽について

 

 シンプルではあるけど島の風景は様々です

 

 ゲームオーバーなどのフォントがお気に入りです。あまり見たくはないけど……

 

bhatdrno16

 

 音楽は緊迫感のある曲が多いです

 タイトル画面の現代音楽風の曲がいいです

 

 タイトルメニューから始めたときに鳴る銅鑼が戦いの始まりを告げる合図のようでピッタリな効果音です

 

 《説明》

 

 リアルタイム戦略シミュレーションゲームです

 

 お手軽にプレイできる骨太RTSです

 

≪操作≫

 

 右スティック:カメラの回転

 L2ボタン:カメラの縮小

 R2ボタン:カメラの拡大

 

 L1ボタン・R1ボタン:ユニットの選択

 左スティック:ユニットの移動

 〇ボタン:移動場所の指定

 

≪基本≫

 

 1.目的:島に襲撃してくるヴァイキングを撃退し僧院(建物)を守ること
 

 (1) 最初にユニット編成を行う

 (2) ヴァイキングの船が島にやって来る

     同時にやって来るのをターンとすると、いくつかのターンを経て 最後の襲撃だ! がラストターン

 

bhatdrno13

 

 (3) すべてのヴァイキングを撃破するとクリア

 

     a.破壊されていない僧院からコインを獲得する

     b.そのコインをユニットに振り分ける。すべてのコインを振り分けるとワールドマップへ進む

 

bhatdrno7

 

 (4) 最後の戦いをクリアするとゲームクリア(下のSS:アップデート前のもの)

 

bhatdrno4

 

 (5) ゲームオーバーや最後の戦いをクリアすると評価画面になる

 (6) ユニット・アイテム・島・ワールドマップはプレイするごとに変わる

 

 2.ユニットを選択(L1・R1ボタン)して移動先を選んで(左スティック)決定する(○ボタン)とそこに移動する

   攻撃範囲にヴァイキングが入ると自動的に戦ってくれる

 

 (1) 退却・補充・移動・スキル(修得したら)・アイテム(装備したら)から選択する。初期設定は移動になっている

 

     a.退却:ヴァイキングの船に乗って脱出

     b.補充:僧院を選択すると失ったユニットを補充する。僧院の上に円のゲージが出現する。円ゲージは時間を表す

 

bhatdrno17

 

     c.移動:初期にカーソルが配置されている

     d.スキル:それぞれの兵専用のスキルを使用する

     e.アイテム:アイテム使用

 

 (2) ユニットのコマンドを選択しているときはスローになる。敵は止まらない

 (3) ユニットが全滅すると復活しない。装備しているアイテムは消失する

 (4) 戦闘に参加できるユニットは4部隊

 (5) ヴァイキングの行動パターンは基本的に下記の通り

 

   <燃え尽きていない僧院があるとき>

 

    僧院を破壊しようとする

    しかし、ヴァイキングの近くやルート上にユニットがいるときは戦う

 

   <すべての僧院が燃え尽きた場合>

 

    ユニットと戦う

 

 3.ワールドマップ画面で△ボタンを押すとユニット編成画面に移る

 

bhatdrno3

 

 (1) アイテム・クラス・スキルに獲得したコインを振り分ける

 (2) アイテムはワールドマップで?マークの島をクリアすると手に入る物を装備することができる

 

     a.一度装備したアイテムは外すことができない。また、別のアイテムに変更することができない

     b.アイテムを装備しているユニットが全滅するとアイテムは消失する

     c.アイテムにコインを捧げるとレベルアップする。アイテムによって必要なコインの数が異なる

 

 (3) 民兵(剣)から弓・盾・長槍を選択すると弓兵・歩兵・槍兵になる

 

     民兵 → 弓兵・歩兵・槍兵(コイン6枚)→ ベテラン(コイン12枚)→ エリート(コイン20枚)

 

     a.一度クラスチェンジしたユニットを別のクラスに変更することはできない。例:弓兵を歩兵に変更できない

     b.クラスチェンジするとスキルがオープンする

     c.旗を持っている隊長は剣を装備している。隊長がやられると全滅し復活しない

     d.ユニットには一長一短ある

 

 (4) スキルはクラスごとに決まっている

 

     レベル1(コイン7枚)→ レベル2(コイン10枚)→ レベル3(コイン14枚)

 

     a.民兵はスキルを修得できない

     b.弓兵・歩兵・槍兵が修得するスキルは一つ

 

 4.ワールドマップで次の島を選択する(黄色の枠がカーソル)。クリアするとラインで繋がっている島がオープンする

  (下のSS:アップデート前のもの)

 

bhatdrno6

 

   島にある黄色の枠が僧院、輪郭しかわからない

 

 (1) クリアすると雲で覆われてしまった部分が少しずつ晴れていく

     そして、戦闘に参加したユニットが疲労で次の戦闘に参加できなくなる

     次のターンへ(□ボタン)を選ぶと、ユニットが回復する

 

     a.ユニット数が多いときは、次のターンへを選ばずに、戦闘に参加していないユニットを参加させることができる

 

 (2) 次のターンへ(□ボタン)を選ぶと、境界線が張られていく。境界線の左側にある島は暗くなりプレイできなくなる

 

     点線 → 島をクリア → 次のターンへ → 点線が境界線(黒線)になる → 境界線の左側にあり暗くなった島はプレイできない

 

     a.点線の左側にあって暗くなっていない島をプレイできる

 

 (3) ワールドマップにある?マークにはアイテムがあり、クリアすると手に入る

 (4) ワールドマップにある紋章マークには現地の隊長がいて強制的に戦闘に参加する。クリアするとユニットに加わる

 

bhatdrno23

 

 (5) クリアした島(上のSS:島の所々が赤く塗られている)に再上陸しても報酬はない

 

     a.島を明け渡すを選択するとクリアしても次の島がオープンにならない。その島をプレイするときは再上陸となる

 

 ゲーム内容について

 

 難易度は、ノーマルとハードの二つで初期設定はハードとなっています(下のSS:アップデート前のもの)

 

bhatdrno2

 

 繰り返しプレイするゲームなので、チュートリアルのスキップを選択できるのは地味に嬉しいです

 

 一つの島をクリアするのに大体五分くらいかかります

 島の大きさが広くないのと移動スピードが早いので移動に時間をとられることがありません

 そのため、サクサクプレイしてしまい気づいたら時間が過ぎ去ってしまいます。時間泥棒です

 

 広くはない島だけど、島ごとに特色があります

 僧院の数や地形が異なり、守りやすい島や攻められやすい島があります

 そのため、ユニット編成画面で島を確認することが重要です

 一応、ワールドマップで島の俯瞰図を確認できます

 

 他にも、景色や天候が違います

 緑豊かな島だったり荒れ果てていたり、ヴァイキングとの戦いで散った人々が眠る墓標だらけの島があったりします

 

bhatdrno22

 

 また、天候も晴れ・雨や雷雨・雪が降っていたり、島によって異なります。雪が降っている島をクリアするとトロフィーが貰えます

 その中で一番キツかったのは日差しが強いことでした

 

bhatdrno14

 

 場所によっては何も見えず気がついたらヴァイキングが島に上陸する寸前でオロオロしたことがあります オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

 自分のユニットさえ見えづらいです

 

 このゲームは、RawFuryがパブリッシャーとなっている他のゲーム同様基本的なことのみのチュートリアルしかありません

 一応、T.I.P.があるなど、他の RawFury がパブリッシャーとなっているゲームよりは親切です

 

 アップデート前のことだけど、ユニット編成画面に進む方法の説明がなく悩みました

 ちなみに、ワールドマップで一番下の島までカーソルを移動させてからさらに方向キー下でユニット編成画面に移ります

 重要なことの説明がなくわかりづらかったけど、アップデートでわかりやすく変更されました

 △ボタンを押すとユニット編成画面に移るようになりました。画面にも表示されています

 

bhatdrno30

 

 こういうアップデートは重要ですね \(゜□゜)/

 

 新しく始める度に島や次に進出できる島が変わります

 たとえば、とあるプレイでは下のSS(アップデート前)だったけど、

 

bhatdrno9

 

 ゲームオーバーになって、最初からやり直すと下のSS(アップデート前)のようになっていました

 

bhatdrno10

 

 二つ上のSSと一つ上のSSでは、序盤に一本道かどうかになっていました

 地味に一本道が多い方が苦労しました

 

 ハードでクリアしたときのプレイで、境界線が見えなくなるぐらいドンドン先に進んでいたら最後の島前の雲が晴れなかったです

(下のSSはアップデート前のもの)

 

bhatdrno26

 

 どうやらある程度の寄り道が必要みたいです

 ちなみに、必要なアイテムだけ取る + クラスレベル最大 を目標に無駄な戦闘は避けていました。生き残るための戦略です

 

 オプションメニューはシンプルだけど、その中の一つ 血の表現 のオンオフを切り替えることができます

 

bhatdrno12

 

 私はオンにしたままでプレイしたけど、ヴァイキングと戦うと島がどんどん血に染まっていきます

 

bhatdrno18

 

 地面が血で染まるよりも、やられたヴァイキングや味方がボロ雑巾のようにペラペラになっている方が気になります |д・)チラッ

 

 リアルタイム戦略シミュレーションゲームというジャンルだけど、プレイした感じは 軽めの戦略要素のあるRTS です

 

 RTSとしてはシンプルです

 プレイヤーができることは、ユニットを移動させる・ユニット数が減ったら僧院で補充させる・スキルやアイテムを使用する・退却する だけです

 攻撃範囲に入ると自動で攻撃してくれるので配置する場所に気をつければいいです

 

 RTSというジャンル上、ユニット編成を終えると熟考する暇はありません

 そのため、ユニット編成のときに島の形状を確認することが重要です

 そして、僧院に攻めこまれないような位置取りを島の特徴から考えます

 また、ヴァイキングのクラスからどのクラスを配置するかを考えていきます

 

 初回プレイのとき、浜にピッタリ陣取って船を降りた瞬間にボコボコにしてやろうと思っていたら、ヴァイキングの船が接岸したときの衝撃で吹っ飛ばされました

 大きい船のときの衝撃の方が大きいけど、この手は開発者に読まれていたようです (・ε・)

 

 最初は襲撃してくるヴァイキングの数が少ないけど、ドンドン襲撃してくるヴァイキングの数が増えていきます

 そのため、疲弊したユニットを補充したりするタイミングが難しくなります

 ハードでプレイすると序盤から襲撃してくるヴァイキングの数が多く、先に進むとあり得ない数のヴァイキングが襲撃してきます

 

 このゲームは突然難易度がはね上がります

 緩やかに少しずつ難しくなるのではなく一気に難しくなります

 ハードのヴァイキングの数もそうだけどキツイ展開が待っています

 また、アイテムやユニットのいる島は他の島よりも難しく感じました

 難易度の上げ方をもう少し緩やかにしてもよかったかと思います

 

 初めてクリアしたとき(難易度:ノーマル)のレギュラーメンバーは以下の通りです

 

bhatdrno24

 

 プレイしていく内に、このメンバー構成に落ち着きました

 歩兵は、足止め要員で散ることが多いので仲間を補充できる角笛との相性はピッタリでした。2ユニットが最低限必要です

 弓兵は、遠距離から島に上陸するまでに数を減らすために必須です。定員を増やすことでより多くのヴァイキングを屠りました

 槍兵は、坂道の上や狭い道の出口に置いておくとチクチク攻撃してくれて強かったです。最適なアイテムは不明です

 

bhatdrno5

 

 初めてクリアしたときの評価(ノーマル)は以下の通りです

 

bhatdrno8

 

 運がよくて最後の戦いは守りやすい島でした

 

 ハードも最後の島は守りやすい方だったけどヴァイキングが多すぎて何回か押し切られました

 何回も補充して全滅を避けることができたけど、僧院が一件燃え尽きました |д・)チラッ

 クリアしたときに二部隊が補充中でした (ノ´▽`)ノ

 

bhatdrno25

 

 ちなみに評価は以下の通りです

 

bhatdrno28

 

 坂道での死闘がわかります ∑(-x-;)

 

 ノーマル(初回)とハード(初回)を比較したら、失った人数以外ハードの方が少なかったです

 戦闘中の島から退却だけはしないように縛ってました。だから、クリアするか全滅するかの二択しかありませんでした |д・)チラッ

 

 その他・まとめ

 

 ステージが始まったときにユニットの移動コマンドが消えて動けなくなるバグがありました

 また、三ユニットが一斉に洞窟を通ろうとしたときに詰まってしまい、なぜかヴァイキング含めて動かなくなるバグもありました

 

 アップデートでタイトル画面・スタートメニューが変更になりました

 アップデート後のシンプルな画面よりアップデート前の一目見ただけでどんなゲームかわかる画面の方がよかったです

 下のSSがアップデート前のものです

 

bhatdrno1

 

 シンプルな方が好きな自分でも、このゲームではアップデート前(上のSS)の方がいいです

 

 アップデート前よりはロード時間が短くなったかと思います

 また、アイテムを取ったとき・レベルアップしたときのエフェクトが豪華になりました

 

 島が小さいので戦局は見やすくサクサク進み、シンプルなシステムなのでRTSを普段プレイしない人でもわかりやすいかと思います

 ただ、島は小さいので激戦になり忙しいです

 段々難しくなるので慣れは必要かと思います

 

 割り切ったシステムなのはセーブデータの存在もです

 クリアしたとき・ゲームオーバーになったときにセーブデータが自動的に消去されます

 そのため、やり直しができません

 Aのやり方がダメだったのでBのやり方でやってみようということができないのは残念です

 

 だから、ゲームオーバーはよく見るかもだけどプレイあるのみです

 一つの島を攻略する時間が短いので気がついたら時間が過ぎ去ってしまいます

 

 お勧めです

 

【評価】

 

 ○:シンプルなシステムなのに奥深い内容
 ○:一つの島をクリアする時間が短い

 ○:中毒性あり

 ×:途中から難易度が一気にはね上がる
 ×:ユニットの個性付けが薄い → バリエーションが少ない
 ×:ゲームオーバー・クリアしたときにセーブデータが消去される

protoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス