【感想】 Dandara | 遙か宇宙の彼方へ

遙か宇宙の彼方へ

のんびりと更新していく予定です


テーマ:

 Dandara(ダンダラ) の感想(レビュー)です

 かなりのネタバレを含む感想(レビュー)です

 見るときに注意してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


---------キ-------リ-------ト-------リ---------

 

【PV】

 

 

 

【感想】

 

daarnad1

 

 Raw Fury がパブリッシャー、ブラジルの Long Hat House が開発したゲームです

 PS4・XboxONE・Switch・PC・スマホで配信しています

 

 いろいろ調べてみて自分には合わなそうだと思い、配信日に購入しませんでした

 しかし、サマーセールで購入しました。PS4版をプレイしました

 

 実際にプレイしてみると癖はあるけどコツをつかめば楽しくなりました

 終盤のエリア・三番目のボス・ラスボス戦で詰むかと思ったけど諦めずに挑戦しクリアしました

 

 グラフィック・音楽について

 

 ドット絵です

 

 ダンダラより大きい人がいてインパクトがデカイです

 

daarnad22

 

 全身がどんななのか興味あります |д・)チラッ

 

 音楽は洗練された曲が多く単体で聴いても楽しめます

 二番目のボスの曲がカッコいいです

 また、ピアノメインで弦楽器が色を添えるスタッフクレジットの曲がお気に入りです

 

 タイトル画面で×ボタンを押したときの効果音はパーカスかな?

 印象に残る音で好きです

 

 《説明》

 

 アクションアドベンチャーゲームです

 

《操作》

 

 左スティック+×ボタン:跳ぶ

 左スティック+□ボタン(長押しして離す):撃つ

 

 左スティック+□ボタン+R2ボタン:パワーを使う

 R1ボタン:パワーを選ぶ

 

 オプションボタン:(地図入手後)マップ

 

 1.左スティックで狙いをつけて×ボタンを押すとその場所に跳ぶ

 2.左スティックで狙いをつけて□ボタンを長押ししてから離すとその場所に撃つ

 3.左スティックで狙いをつけて□ボタンを押したままR2ボタンを押すとパワーを使う

 

≪基本≫

 

 1.ダンダラは別の白い床に跳びながら移動するが、ダンダラがいる床を歩いて移動できない
 2.敵を倒すとソルトが手に入る。それをキャンプで消費すると強化できる

 

 (1) 死ぬとその場所にソルトを落とす

 (2) 死んだ場所に人の形をした魂(?)があり、回収すれば落としたソルトが元に戻る。しかし、その前に死ぬとロストする

 

 3.キャンプ(下のSS:右)で旗を立てると休憩できる。ライフ・エネルギーが全回復

 

daarnad2

 

   キャンプでできることは三つ  

 

 (1) ダンダラ:ソルトの粒を消費して強化する

 

daarnad9

 

     a.強化できるのは四つ

 

     (a) ライフ(最初から):ハートが増える

     (b) エネルギー(サブウェポン入手):エネルギーが増える

     (c) ソルトの粋の効果を増強(エンハンサー入手):ライフの回復量が増える

     (d) ソルトの注入液の効果を増強(ソルトの注入液入手):エネルギーの回復量が増える

 

     b.四つのうちのどれか一つを強化するとレベルが上がり、次に消費するソルトの粒が増える

 

 (2) 用語集:アイテムなどの説明。条件を満たすとオープン

 

daarnad11

 

 (3) 夢:夢のしずくを手に入れるとキャンプから他のキャンプへ転送できる

 

daarnad17

 

     a.発見したキャンプに転送できる。決して休憩したキャンプではない

 

 4.サブウェポンはエネルギーを消費して使用する

 

 (1) サブウェポンは全4種類。道中手に入る

 (2) エネルギーを回復するには、ジョニーBと話す・キャンプで休息をとる の二通り  

 

 5.宝箱には、アイテム(ソルトの粋・ソルトの注入液)・ソルトが入っている

 

daarnad14

 

 (1) 自由の矢:ダンダラの攻撃する矢の数が増える

 (2) エンハンサー:ライフ回復

 (3) ソルトの注入液:エネルギー回復

 

 6.特別なアイテムを取ると今まで行くことができない場所に行けるようになる

 7.クリア後、ソルトの目覚め という評価画面となる

   クリアまでの時間、取った宝箱・探検した場所のパーセンテージが表示される

 

 ゲーム内容について

 

 移動方法が独特なゲームです

 今いる場所から違う場所にある白い床に跳び移りながらピョンピョン移動します

 しかし、同じ床の左右に歩いて移動はできません

 つまり、跳ぶことはできるけど歩くことはできません

 

 白い床は結構置かれているので、移動できる場所がなくて困ることは少なかったです

 そのおかげでピョンピョン跳びながら素早く移動するのが爽快です

 

 この天井や地面、壁さえもピョンピョン跳び移ることができるのは、ダンダラの「自由」を象徴しているかのようです

 ダンダラ以外にピョンピョン跳び移ることができるキャラがいないのは、みんな「抑圧」されて生活していることを表しているのかもしれません

 

 つまり、この独特な移動方法がゲームのシステムだけではなく世界観をも表していると思います

 

 最初は行くことができる場所が限られています

 しかし、アイテムを取ると、今まで行くことができなかった場所に行くことができるようになります

 

daarnad12

 

 こうして少しずつ探索エリアが増えていきます

 

 他のゲームと比べると全体マップは広いとは思いませんでした

 理由は、この独特な移動方法のおかげでスピーディーに移動できるのでそうは思わなかったです

 寧ろ、このぐらいがちょうどよかったです

 また、一つ一つのエリアが濃いのでマップの大きさは関係なかったです

 

 攻撃は溜め攻撃です

 敵の猛攻に焦ってしまい、溜めずに□ボタンを連打し、スカり続けて死んだことが何回もあります… |д・)チラッ

 

 防御はあるけど、ピョンピョン跳び移ることで回避しました

 

 敵の攻撃を受けると浮遊します

 そのまま攻撃するか別の白い床に跳び移ることができます

 

 敵の攻撃が近距離と遠距離の二種類あるけど、遠距離攻撃が脅威でした

 死んだ理由の大半は遠距離攻撃が絡んでいます

 だからといって近距離攻撃が楽というわけではなく、下のSSは近距離攻撃をする敵が地味に邪魔で何回も散りました

 

daarnad5

 

 敵とトラップの配置が絶妙すぎます (・ε・)

 

 遠距離攻撃はミサイルを撃ってくる敵がキツいです

 真横に飛ぶ → ダンダラの真上(もしくは真下)まで飛んだらこっちに向きを変える → 命中 というようにミサイルが飛んできます

 

 回避するのを失敗したり、他の敵の相手をしているときにミサイルが飛んできたりしてやられました

 

 炎を撃つ敵(下のSS)もキツかったです

 

daarnad16

 

 ちなみにここは初戦撃破したけど、別のエリアで苦労しました

 

 所々にある通路を遮る防衛装置が地味に脅威です

 

daarnad10

 

 防衛装置は炎を撃ってくるのでピョンピョン回避しながら攻撃をしました

 防衛装置+敵がいると散る可能性があります……散りました |д・)チラッ

 

 ちなみに、攻撃を受けるとハートが減るけど、敵の攻撃によっては複数のハートが減ります

 

 ソウルシリーズのように死んだらソルトを落とし、回収する前に死んだらロストするので緊張感があります

 ただ、ソウルシリーズよりは簡単です

 

 夢のしずくを手に入れるとキャンプから他のキャンプに転送できるようになります

 注意しなければならないのは、休息をとったキャンプではなく発見したキャンプに転送できることです

 

 それに気がつかずに苦労しました

 このアイテムを取ってから次に行くところがわからずにあちこち彷徨いました

 一ヶ所だけ発見したキャンプがあるけど、そこに行くことができず困りました

 しかし、転送するときに、キャンプのある地名しか表示されないので、適当に一番上を選んだらそのキャンプに転送できました

 今までの苦労が水の泡と消えました ∑(-x-;)

 

 転送できる場所をキャンプのある地名だけではなく、マップも一緒に表示してくれた方がわかりやすかったです

 そして、「発見したキャンプ」に転送できることを教えてくれたら困らなかったのに……

 

 あっさりとしたオープニング・エンディングです

 NPCとの会話もアッサリとしています

 

daarnad23

 

 主人公ダンダラはドラクエの主人公のように喋らないです

 

 ボス戦について

 

 ボスは三体+ラスボスがいます

 最初のボスは例外だけど、見た目から強そうにみえません

 苦労した順は、アウグストゥス < べリア < エルダー < ラスボス と戦った順になっています

 

[1] アウグストゥス

 

daarnad7

 

 このボスだけ見た目が強そうで、第二形態がありました

 しかし、弱くて初戦撃破しました

 

 第二形態は別の部屋に転送します

 

daarnad8

 

 ピョンピョン跳び移るのに慣れていないと苦労するボスです

 ここまで来るのに慣れておくと楽です

 

[2] べリア

 

daarnad15

 

 このボスだけ攻撃パターンが決まっています

 何回かやり直したけど楽しいボス戦でした

 

 ダメージを与えることができるのは下のSSにある心臓です

 

daarnad18

 

 素早くピョンピョン跳び移るのが楽しいです

 一番好きなボスです

 

[3] エルダー

 

daarnad19

 

 このボスだけ即死攻撃をしてきました

 何回も散りました

 

 見た目とは違い、即死攻撃が驚異でした

 まさかテレビにボコられることになろうとは… (・_・;)

 

daarnad13

 

[4] ラスボス:ゼム、エルダー

 

daarnad21

 

 エルダーからの連戦です

 このボスだけ攻撃パターンが豊富で、HPが減っていくと攻撃パターンが増えます

 一番散りました

 

 防御も高く、終盤になると回復手段を失い散ってしまうことがほとんどでした

 何戦もして、最後はエルダー戦・ラスボス後半に入るまでほとんどダメージを受けなかったのが幸いしました。そのおかげで勝ちました

 

 その他・まとめ

 

 高難度のゲームでよくやられました

 独特な移動方法なので道中でもやられました。遠距離攻撃が脅威です

 

daarnad3

 

 三体目のボスとラスボスに何回もやられました

 

 クリアしたときの評価は下のSSです

 

daarnad20

 

 クリア後に特典は特になさそうで、続きから始めると、ラスボス撃破時の状態のハート・エネルギーで操作室(エルダーのいる部屋)から始まりました

 

 独特な移動方法に苦労すると思ったけど、意外とすぐに慣れました

 素早くピョンピョン跳び移るのは爽快です

 攻撃は溜め攻撃なので、焦るとスカッてしまうことがあったけど、これも慣れです

 

 インディーゲームによくあるジャンルではあるけどオリジナリティに富んでいます

 慣れれば没頭する程楽しむことができます

 

 また、高難度だけど理不尽ではないので、諦めないでプレイしていけば攻略できると思います

 

 ソウルシリーズが好きな自分にとっては簡単な方だけど、このゲームのシステムに早く慣れることが重要です

 このピョンピョン跳びながら移動するシステムを受け入れることができるかどうかがこのゲームの評価を左右する一つの指標になるかと思います

 

 お勧めです

 

【評価】

 

 ○:音楽

 ○:独特な移動方法
 ○:歯ごたえある難易度
 ×:癖が強い
 ×:夢の表記がわかりづらい

protoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス