千の風

千の風

皆川一のオフィシャルブログ

【皆川一の書籍発売中】



テーマ:

我が恩師、寅さんこと渥美清さん(^_^)/

 

 

NPO法人日本地主家主協会の機関誌『和楽』に2年間、計24回連載させて頂いた「寅さんから学んだ大切なこと」も今回が最終回と相成りました。渥美さんと共に歩んだ道のりをこの連載のお陰で再度、思い起こすことが出来ました。本当に日本地主家主協会さんに感謝です。では最終回宜しければ、どうぞ、お目通しください。

 

 

寅さんから学んだ大切なこと(最終回)

我が恩師、寅さんこと渥美清さんとのエピソードを綴ってきたこのシリーズも今回が最終回となりました。有終の美を飾れるように、そして、天国の渥美さんにお叱りを頂かない様に心して最後の「寅さんから学んだこと」を執筆させて頂きます。

 199684日阪神淡路大震災の翌年、68歳という若さで我が恩師、寅さんこと渥美清さんは天国に旅立ちました。それまでの寅さんでしたら長旅に出ても、ふと「よっ!帰ったよ」と再び戻ってきましたが、その旅立ちは永遠の旅立ちとなってしまいました()

 渥美さんが私に残してくれた大切なこと、否、世の中の人々に残してくれた大切なことは「起きて半畳、寝て一畳、天下なくても四畳半、つまりは一緒ってことよ」という人生観でした。名声を得ることや、大金を稼ぐことや、人生の成功者ともてはやさることなどを目指すのは世の常ですが、渥美さんはまったくその辺りには興味もなく、「生き様」に拘る方でした。渥美流「生き様」すなわち「生きる本質」とはずばり「他がために生きる」ことでした。多くの国民に「笑い」という老若男女問わず通用する要素を礎に「生きる喜び」「生き抜く勇気」そして、「生きる辛さを乗り越える覚悟」を提供し続けた渥美さんを私は心から尊敬します。その様な渥美さんの存在なしにいまの私は考えられません。

 「寅さんから学んだ大切なこと」は数知れずありましたが、その中でも特に印象深い教えが「信じることの大切さ」でした。この「信じる」ということが実は簡単なようで案外難しいというのが渥美さんの口癖でした。親兄弟、親友、同僚などを「信じる」というのとは少し違い、渥美さんの「信じる」とは仲の悪い友人や、敵対関係にある相手でも「信じる」という次元の違うものでした。凡人には難しい哲学的な考え方なので、まだ若輩だった当時の私には理解できませんでしたが、この歳になって渥美流「信じる」ことの重要性が少しは理解できるようになりました。裏切られ、騙され、陥れられても、お互い納得了解で「約束」したことはどこまでも「信じる」という姿勢を崩さないということです。逆説的にいえば、約束したことは絶対に守らなくてはいけないということです。このことが今思えば渥美さんから学んだ最も大切なことだった様に思えます。「渥美清」という国民的俳優もいまの若者には既に馴染みがなく、知らない人も多くなってきました。時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、渥美さんをはじめとする先人が私たちに残してくれた「大切なこと」を私たちはつぎの世代に継承しなくてはいけないと最近つくづく思います。

 201812月をもってこの連載は終わらさせて頂きますが、この「寅さんから学んだ大切なこと」で少しでも皆様の気持ちが勇気づけられ元気に笑顔になられたなら筆者として、このうえない喜びです。68年間という激動の時代を走り抜けた寅さんこと渥美清さんにこの場をお借りしてこのシリーズ完結のご報告と改めてお礼を申し上げたいと思います。

 渥美さん!本当に有難うございました。心より感謝いたします。ご自身のお体が厳しいときにでも私の母の体を気遣って下さったこと、私の姪が4歳で他界した時、人目も憚らず号泣して下さったこと、私が人生のどん底に落ちたとき温かく励まして下さったこと、私は一生忘れません。我が恩師、渥美清さんの教えは私の人生の羅針盤であり、生き抜くための指標でした。これからも「寅さんから学んだ大切なこと」を胸に一生懸命「他がために生きる」ことを渥美さんにお誓いして、このシリーズを終了させて頂きます。有難うございました。

 長い間、ご愛読頂きまして心より感謝いたします。また、いつの日かお目にかかれることを願っております。これをもって「寅さんから学んだ大切なこと」完結です。 ()


テーマ:

劇団四季の創設者である浅利慶太さんが今年7月13日に亡くなりました。浅利さんの演劇人生は一見、順風満帆の様にみえますが、晩年はご本人も予想していなかった波乱万丈な人生だったと推察します。

 

 

私にとっては「劇団四季=浅利慶太」でしたから亡くなった時に浅利さんが劇団四季のメンバーではないということが正直信じられませんでした。詳しい内部事情は判りませんが、ご本人の無念さを思うと心が痛みます。

 

 

劇団四季がそのブランドを日本の演劇界で不動にした作品は、誰がなんといっても「ミュージカルキャッツ」だったと思います。キャッツの東京公演を皮切りに大阪公演、名古屋公演、東京凱旋公演を担当させて頂き、たぶん仕事とはいえ延べ1000回以上はキャッツを観たと思います。その間、初演のメインキャストも次々と入れ替わり、加藤啓二さんや志村幸美さんという新たなスターも生まれましたが、いまではそのほとんどの方が劇団四季には残っていません。残念です。

 

 

そんな歴史に残るキャッツを成功させた名プロデューサーがいまは亡き浅利慶太さんでした。作品の製作はもとより、冠公演の先駆けとして「日本生命」や「味の素」をメインスポンサーにし、フジテレビを巻き込み宣伝プロモーションを見事に展開させた手腕は他の追随を許さない位、卓越したものでした。

 

 

キャッツの公演を機に劇団四季はファンクラブ「四季の会」を再編し、オンラインチケットシステム「キャッツスポット」(現チケットぴあ)を構築し、結果、ロングラン公演を成功させました。浅利慶太さんは演劇人であると共に政財界をも掌握した敏腕な実業家でした。

 

 

劇団四季を不本意な形で追われ、浅利演出事務所を立ち上げ演劇人としての原点に立ち返り、作品創りに没頭しようとした矢先の不幸に浅利さんご自身が一番悔しかったのではと思います。浅利さんの心残りはやはり浅利演出事務所と劇団四季の行く末だと思います。現経営陣には心して四季イズム、浅利イズムを継承し、日本の演劇界を盛り上げて貰いたいと切望する次第です。劇団四季の吉田社長、君の双肩にすべてはかかっています。くれぐれも宜しく頼みます!

 

 

そして浅利慶太社長・・・先に旅立った日下武史さんや水島弘さん、井関一さん、藤野節子さん達と天からこれからの浅利演出事務所とそして劇団四季を見守って頂きたいと思います。ここに改めてご冥福をお祈り申し上げます(合掌)

 

本当に浅利慶太さんは偉大な演劇人でした。参宮橋のおでん屋「斎藤さん」でご馳走になりながら教えて頂いた演劇で食うための経営論を胸に私も微力ながら日本の演劇界に晩年は貢献したいと思っています。がんばります。

 

 


テーマ:

弊社のACADEMEIA湘南ビルで先月11月26日から14日間の予定で始まったプロタイムズ長期合宿研修も本日無事終了しました。昨夜は最後の夜を研修生とその上司である仙台南店の鬼澤社長、福知山店の大谷社長と同じく福知山店の高木部長、プロタイムズ本部の石橋SV、そして弊社スタッフを加え全員で盛大に打上げ懇親会を行いました。

 

 

そして一夜が明け、本日が最終日・・・午前中は私がこの14日間の総括と今後の課題について講義をさせて頂きました。

 

 

14日間前と比べると見違えるほど逞しくなった研修生の姿を見て、これからの活躍が楽しみになりました。

 

 

午後は恒例の修了試験を行いました。

 

 

ピーンと張り詰めた緊張感の中、研修生たちは果敢に修了試験に挑みました。この試験に合格しないと修了証が授与されず居残りで研修を続けなくてはいけません。ゆえに全員必死に頑張りました。

 

 

結果、全員合格(^_^)/・・・無事卒業できました。

引き続き、ひとりひとりに修了証を授与しました。

良かった(^_^)/

 

 

個性派揃いの14期生でしたが、実に優秀なメンバーでもありました。

 

 

終了後、研修センターの前で記念撮影!そして、それぞれの故郷へ戻っていきました。少し寂しくもあり、ホッとした安堵もあり・・・全力で走った14日間、遣り切った感で一杯です(^_^)/

 

 

未来に羽ばたけプロタイムズ長期合宿研修14期生! 湘南からしかと見守っているぞ!

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

弊社が日本全国で事業展開している「空気発電池エイターナス」がいま旋風を巻き起こしています。

 

 

ご注文が全国から殺到して現在は欠品状態、12月中旬より順次お届けする予定ですが、その大半が間に合わず年明けになる予定です。生産体制を充実させるためにいよいよ日本工場を建設することになりました。建設予定地はまだ決定しておりませんが、明年春までには決定したいと考えています。

 

 

この新設した生産工場で良質の空気発電池エイターナスを月産5000台~10,000台を計画しております。今後は欠品することなく皆さんのご要望にお応えできる様に頑張ります。

 

 

これほどのご用命がある理由は、乾電池でありながら100V家電を起動でき、PCやタブレット、そして、携帯の充電も可能にした世界で唯一の空気発電池だからです。

 

 

更には弊社が研究開発した「専用インバータ」や「USB6ポートマルチサークル」が高いご評価を頂き、その人気に拍車をかけている様です。製造メーカーとしては嬉しい限りです。

 

是非、弊社の空気発電池エイターナスの魅力を☟をクリックしてHPでご確認ください。

 

 

2019年は空気発電池エイターナスが日本中のあちらこちらで皆さんの目に入ると思います。乞うご期待ください。

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

5年前、私の体に異変が起き・・・検査の結果、大腸に癌があることが判明しました。まさかの坂を一気に転げ落ちました。余命宣告は?仕事の始末は?やり残したことは?と頭の中をぐるぐると巡ったことを昨日の様に覚えています。その結果、「自分で本当にやりたいことは何か」「誰と何をやりたいのか」が明確になりました。今思うと、これが大腸がんを患った一番の効果効能だったと思えます。

 

 

2013年1月24日は肌寒い日でした。・・・東京医科大学病院

 

 

そんな肌寒い日に大腸がんの手術を受けました。手術は無事成功!幸い初期の癌だったので腫瘍をすべて切除することが出来ました。我が使命がまだ残っているのでだと天に感謝する日となりました。

 

 

 

私の父は54歳の時に癌で他界したため、54歳を過ぎていた私は会社のスタッフの勧めもあり癌検診を受け、大腸がんが判明しました。ゆえに父が54歳で他界していなければ、たぶん癌検査も受けず、私は既にこの世にはいなかったと思います。

 

 

天に生かされた我が人生を仲間のために、他がために、しっかりと有効に使って生涯を全うしたいと思います。いまは毎日が感謝感謝の日々です。

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

早くのプロタイムズ長期合宿研修が5日目を迎えました。ひとりの失踪者も出さず(笑) 責任者としては嬉しい限りです。この笑顔が成長の証!楽しみです。

 

 

今日の研修は湘南台研修センター近くの鎌倉と江の島の周辺を巡り、塩害のある地域での現場調査研修を行いました。

 

 

建物が傷むメカニズムをはじめ、外壁・屋根の種類、その素材の特性などをしっかりと学んで貰いました。今夜も研修生は知恵熱が出るかな(笑)

 

 

そして昼は江の島近くの海岸で記念撮影・・・そのあと湘南名物「生しらす丼」を頂きました。

 

 

絶品「生しらす丼」に14期生は感動のため息を何度も発していました(笑)・・・美味しいものは心を豊かにしますね。

 

 

研修中もこの位、元気なら良いのですが・・・ちとムカッとしました(笑)

 

 

この14期生がそれぞれの輝く未来に向かって飛び立つことを私はただただ願うばかりです・・・(^_^)/

 

 

残りあと9日間・・・成長の証を築き上げて卒業してくれ!がんばれ!14期生(^_^)/

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

今日は夜明けと同時にプロタイムズ郡山店/白河店と早朝オンラインミーティングを行いました。眠いのを通り越して頭の中は放心状態でのミーティング・・・しかし、なぜか快感(笑)

 

 

最初に白河店・・・全国的に有名な「ミスター7万円」こと内海店長(笑)が他のメンバーを精力的にけん引してとても活気のある店舗をこの数ヶ月で創り上げました。いまでは「ミスター7万円」という汚名を返上して「結果にコミットマン」と改名しました。この結果にコミットマンこと内海店長も現在湘南台研修センターで行われているプロタイムズ長期合宿研修の卒業生です。

 

 

白河店とのミーティングのあとに引き続き、郡山北店/南店とミーティングを行いました。

 

 

こちらはバンクさんこと石橋店長と一級建築士の望月店長のお二人が郡山北店/南店をしっかりとまとめ上げて東北でも有数の施工店に仕上がています。やはりバンクさんこと石橋店長も長期合宿研修の卒業生です。

 

そして、昨日は新店舗を設営中のいわき店と早朝ミーティングを行いました。いわき店は根本店長率いる少数精鋭部隊です。同じく根本店長も長期合宿研修の卒業生です。

 

 

プロタイムズ長期合宿研修の卒業生たちの活躍に心が躍る今日この頃です。これら教育メソッド、システムや全国で展開しているスキルアップ研修等がプロタイムズの原動力になり優良施工を安定供給できるのだと思います。因果の法則がここには歴然と働いています。勉強なくして知識習得はなし、鍛錬なくして技術習得はなし・・・です。

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

昨日から始まったプロタイムズ長期スキルアップ合宿研修・・・今日も朝からフルスロットで始まりました(笑)・・・私だけ?(笑)

 

 

今日の研修では建物の部位の名称、屋根と外壁の種類とその特徴及びメンテナンス手法などを徹底的に学んで貰いました。

 

 

たぶん、14期生は今夜、知恵熱が出ると思います。高熱だね・・・(笑)

 

 

だけど、頑張れ14期生!高熱に負けるな(^_^)/

 

 

今の頑張りがすべて君たちの血肉となります。それは間違いない。

 

 

早くも研修生の顔つきが変わってきました(^_^)/・・・

 

 

真剣には真剣で応えるのが私の流儀なので・・・私も頑張ります。

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

本日、11月19日より12月2日までの14日間、藤沢市長後の湘南台研修センターで第14期生プロタイムズ新人スキルアップ長期研修が開幕しました。

 

 

今回の長期研修ではプロタイムズいわき店の純ちゃんこと藤本純君。郡山店のドクターこと高野英則君、同じく郡山支店の豆こと遠藤卓弥君、福知山店のフォックスこと大隅広樹君、仙台南店の麻呂(まろ)こと氏家大和君、藤沢中央店のゴッドこと神田仁君、プロタイムズ本部のゲートこと出口昌史君の計7名の研修生が14日間の合宿生活を湘南台研修センターで共に送ります(^_^)/

 

 

初日の今日は自己紹介から始まり、今回の研修の意義と目的を全員に伝え、本研修での習得達成目標の大事さをお話させて頂きました。

 

 

7名を3グループを分け、それぞれのチームコールを考えて貰いました。その中でも特に純ちゃん率いる「さわやかトライアングル」チームのコールは意味は分かりませんが絶品でした(笑)

 

 

とにかく14期生は個性派揃い・・・これからが楽しみ、そして、ちと気が重い(笑) 研修初日終了後は恒例の懇親会・・・研修センター近くのしゃぶしゃぶのお店を全員で襲撃しました。

 

 

まづはみんなで乾杯!🍺そして・・・食べまくり・・・異常でした(笑)

 

 

あとは無礼講と確かにわたしは言いましたが・・・本当に無礼講でした(笑)(-_-;)

 

 

そして、〆のデザートは勿論これでしょう☟・・・ワッフルのソフトクリーム添え

 

 

なんだか先が思いやられる14日間の合宿研修の開幕です(笑)・・・波乱の予感が(^_-)-☆しかし、情熱、熱血、がむしゃらをモットーに頑張ります。乞うご期待ください(^_^)/

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント


テーマ:

映画「金田一少年の事件簿」や「20世紀少年」等の監督で一世を風靡し、近年では話題作「天空の蜂」「真田十勇士」そして、今日公開の東野圭吾原作、篠原涼子主演映画「人魚の眠る家」の監督として、いまや日本の映画界/演劇界を代表する堤幸彦監督。

 

 

その堤幸彦監督が演出を手掛けた舞台「魔界転生」にご招待頂き、とても観やすい席で本日観劇して参りました。

 

 

生の舞台と映像マッピングを駆使した「魔界転生」はまさに堤幸彦ワールドで圧巻でした。終演後、本日公開の映画「人魚が眠る家」の舞台挨拶の合間を縫ってわざわざ堤幸彦監督が劇場まで来て下さいました。感謝m(__)m

 

 

実は堤幸彦監督とは様々なご縁があり、今日も弊社所属の俳優のことや、映画の新企画のことなどをご相談させて頂きました。様々なご苦労をなさっていまの名声を築かれた堤幸彦監督の生き様に同世代として心が揺さぶられます。末永く堤幸彦監督とのご縁を大切にしたいと思います。

 

 
 

 

我が天命を知り

我が使命を自覚し 

他が為に生きる。


人生はどん底からが、本当のスタート

故に、人生のどん底を嘆くことなかれ

威風堂々と、最高の笑顔で、前進あるのみ


人生は笑顔の数しか、幸せは訪れない。


どんなに辛くても・・・
どんなに悲しくても・・・

決して下を向いてはいけない。

 

光り輝く大空を見上げて・・・さぁ!

希望のはじめの一歩を踏み出そう!

 

千の風

株式会社WAホールディングス  

 

災害非常用発電池エイターナス

 

一級建築士事務所 株式会社アカデメイア キャリア クルーズ アカデミー

 


プロタイムズ藤沢中央店  

 

株式会社ライトハウスエンターテイメント