GSX-S1000FにH7 Loビーム2灯LEDヘッドライトバルブを取付けしました。 | プロテックSTAFFブログ
2016-06-02 19:41:44

GSX-S1000FにH7 Loビーム2灯LEDヘッドライトバルブを取付けしました。

テーマ:LEDバルブ

プロテック 営業部ムランティーノです。

話題沸騰!Loビームが2灯点灯するHi/Lo切替え式 H7 LEDバルブ
サイクロンシリーズLEDバルブ をSUZUKI GSX-S1000Fに取付けました。
使用したのはNo.65030【LB7W-H】 20/20w 6000ケルビン¥18,800(税抜)
Loビーム側にはNo.65029【LB7-S】20w 6000ケルビン¥15,800(税抜)です。



ノーマルのLoビームは下の画像のように片側だけしか光りませんが、
プロテックのH7 Hi/Lo切替え式H7型LEDバルブをHiビーム側に装着する事でLoビームが2灯点灯します。

 


早速取り付け方法をご紹介します。
取り付けにはアッパーカウルと左右のアンダーカウルの取り外しが必要です。
取外すネジやプラリベットが多く手間が掛かりますがこれを乗り越えないとLEDバルブが装着出来ません。
こちらのLoビーム側取付けのブログを参考にしてください。


Hiビーム側のヘッドライト後方のフタを左に回転させて外したら、黄、茶、黒/白の3本の線を切断します。



ヘッドライト内のポジションランプ用配線の茶(+)にオスギボシ、黒/白(-)にメスギボシを圧着します。

 


車両側ハーネス3本(黄、茶、黒/白)とLEDコントローラー側の緑と青にギボシを圧着します。
車両側の黒/白とコントローラーの青は一緒にオスギボシを圧着します。

 

 

ノーマルバルブを取外して下の画像の①~④の順にLEDバルブを装着します。

 

 

LEDの取付けはフランジのUPの刻印を上にして取付けます。
これをしないとHiとLoが逆になってしまいます。

 

 

ノーマルのバルブキャップは使用できません。

別売りの75mmゴムキャップを使います。品番:15194 【LB-OP03】 ¥1,200(税抜)


ゴムキャップをLEDバルブに取り付けます。LEDバルブ後部には導熱グリスを塗ります。

LEDバルブの青、白の配線と、ポジションランプの茶、黒/白の配線を外に出します。

ゴムキャップの縁にゴム系ボンドを塗るとヘッドライトの密着性が上がって防水効果があります。

 


電動ファンをLEDバルブに取り付けます。

時計回りに密着するところまで確実に絞め込んでください。

 

コントローラーユニットはヘッドライトの上に貼り付けます。
画像左がLoビームのコントローラーで、右がHiビーム側のコントローラーです。
 

そしてここがポイント!
Hiビーム側コントローラーハーネスから出ている茶色のコードをLoビーム側コントローラーの赤線に接続します。
これを忘れるとLoビーム2灯点灯にはなりませんのでご注意ください。



これでLoビームが常時2灯点灯のGSX-S1000Fに大変身しました!
 
光軸、最高度共にバッチリで車検対応です!
 
店頭イベントでの無料取付けでは大好評のGSX-S1000F
通常スズキディーラーや大型オートバイ用品店での工賃は2万円前後と聞いています。
2万円の工賃がタダになれば店頭イベントでの無料取付を利用するユーザーが多いです。
 
しかし残念なお知らせです。
2017年6月以降の店頭イベントではGSX-S1000FへのLEDバルブ無料取付は中止させて頂きます。
理由は作業時間が3時間と長い為に、1日に作業出来る台数が減ってしまって、早々に予約締切で
他の車種のお客様にご迷惑が掛かってしまっています。
 
ただし、店頭イベント当日に作業予約が埋まりきらずに3時間の枠が空いた場合には取付けさせて頂きます。
 
これほどまでに売れるとは思っていなかっただけにこちらとしても驚いている状況です。

プロテック ムランティーノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス