The Tempest 73 余興は終わった  2017 10 30 (Mon) 訳 松岡和子 ちくま文庫
 
 仮面劇は突然終わる。キャリバン一味がプロスペローの命を狙って近づいているのだ。
 

PROSPERO:
[Aside]
 I had forgot that foul conspiracy  Of the beast Caliban and his confederates  against my life: the minute of their plot   Is almost come.
[To the Spirits]
 Well done! avoid; no more!  
    プロスペロ: 
[傍白]
 忘れていた、例の悪辣な陰謀、畜生のキャリバンとその一味が俺の命を狙っている。間もなくやつらが示し合わせた時刻だ。
[妖精たちに]
 よくやった、行け。
FERDINAND:  This is strange: your father's in some passion  That works him strongly.       ファーディナンド: 不思議だ。お父上は何か怒っていらっしゃるのか。お心が激しく乱れているようだ。 
MIRANDA: Never till this day Saw I him touch'd with anger so distemper'd.       ミランダ: 今の今まで父があんなに怒りに駆られ、不機嫌になったのは見たことがありません。 
PROSPERO:  You do look, my son, in a moved sort,  As if you were dismay'd: be cheerful, sir.  Our revels now are ended. These our actors,  As I foretold you, were all spirits and  Are melted into air, into thin air:  And, like the baseless fabric of this vision,  The cloud-capp'd towers, the gorgeous palaces,  The solemn temples, the great globe itself,  Ye all which it inherit, shall dissolve  And, like this insubstantial pageant faded,  Leave not a rack behind. We are such stuff  As dreams are made on, and our little life  Is rounded with a sleep. Sir, I am vex'd;  Bear with my weakness; my, brain is troubled:  Be not disturb'd with my infirmity:  If you be pleased, retire into my cell  And there repose: a turn or two I'll walk,  To still my beating mind.       プロスペロ: どうした息子、その不安げな顔は、気持ちが萎えたのか、さあ元気を出せ。  余興はもう終わりだ。今の役者たちは、さっきも言ったように、みな妖精だ、そしてもう、空気に溶けてしまった、希薄な 空気に。だが、礎(いしずえ)を欠くいまの幻影と同じように、雲をいただく高い塔、豪華な宮殿、荘厳な寺院、巨大な地球 そのものも、そうとも、この地上のありとあらゆるものはやがて消えていったように、あとにはひとすじの雲も残らない。  我々は夢と同じ糸で織りあげられている、ささやかな一生を締めくくるのは眠りなのだ。なあ、君、私は苛立っている。  私の気弱さを許してくれ。この老いた頭は悩み苦しんでいる。意気地ない私を気遣うことはない。よければ私の岩屋に 引き取り、休んでいてくれ。私はすの辺りを一回りしてくる、私の乱れた胸も魂も静まるだろう。  


 
 Our revels now are ended 余興はもう終わりだ。
 
 work him strongly = upsets him greatly
 
 distempered = out of temper
 
 moved sort = disturbed state
 
 fabric = structure