工具の・・ | バイクショップ・モーメントblog~滋賀県野洲市バイク屋

バイクショップ・モーメントblog~滋賀県野洲市バイク屋

滋賀県野洲市のバイクショップ・滋賀でバイクの整備なら当店へ!
故障車・不動車・車検切れ、修理・整備いたします。他店購入車でももちろんOK
滋賀県内は引取り・見積もり無料です!
お気軽にお電話ください。077-514-8601

これから書くことは、整備をしない人には

「しらんがな」というお話ですので、興味ない方は読み飛ばしてください(笑)

まだまだ作業途中のR100RSの続き。

キャブレターの組み立て開始。

この真ん中の穴、あなたのR100も私のR100も真っ黒コテコテになっています。

間違いなく。

気になる方はオーバーホールのご依頼をお待ちしております。

それはさておき、

社外の抜けの良いマフラーなのでジェットの選定が現状では不明。

なのでひとつ飛ばして137からスタートしてみようと思います。

組み立て中に思ったのですが、

このネジ、何か判りますか?

少なくとも欧州車扱う整備士なら知っていると思いますが、

一般的にはプラスネジと思う方が大半でしょう。

身の回りのプラスネジをフィリップスと言います。

でもこれはフィリップスではありません。

こんな工具が適合します。

名称はポジドライブと言います。

プラスと何が違うねん?というお話ですが、

これが通常のプラスドライバー。

切り欠きに合うブレード部分がテーパーになっていますよね。

そしてこちらがポジドライブ。

ブレード部分が均一で平行です。

ポジドライブをフィリップスで回すことは可能ですが、

点でしか接触しないために、なめる恐れがあります。

フィリップスでなめやすいのも、形状がテーパーだからです。

なんでなめにくいポジドライブが普及しなかったのでしょうね?

見分けは簡単。

十字の間に十字のケガキがあります。

これはポジドライブ。

無いものはフィリップスです。

ご自身で整備される際はご注意ください。