あなたはどっち派?《一歩上を行く内野手の奥義とは?》 | ベースボールバイブル

テーマ:
こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。


さあ、今日は瞬間視です。


ただ・・・


普通ではありません。


ぜひ、数字を読み取って下さい。


さあ、レッツトライ!





さて、本題です。


実は先日、


かわいい後輩と久しぶりに食事をしました。


彼です。



(隣の男性は無視して下さい^^;)


分かりますか?


我が母校出身のプロ野球選手。


仲澤くんです。


このシーンを覚えてる人は多いでしょ?





このセカンドゴロをさばいたのが彼です。


結局、


中日ドラゴンズと福岡ソフトバンクホークスで計12年ですか・・・


プロで12年ですからね。


スゴい事です。


でね、


彼が内野手の話をしてくれたんです。


これが素晴らしかったので、
今日は特別に紹介しますね。


ゴロを捕る時、


あなたは右手をどうするでしょうか?


ちょっと考えてみて下さい。











答えは出ましたか?


おそらく、こうじゃないですかね?





まあ、大抵の人がこうでしょ?


では、


これ以外に選択肢は思いつきますか?


ぜひ、考えてみて欲しいんですが・・・


例えば、こうです。





これだと握り変えをしなくていい。


だから、


こういう選択肢もあるわけですね。


例えば・・・


千葉ロッテで小坂選手よりも上手いと言われていた酒井忠晴氏。


あのボビー・バレンタイン監督がメジャーに連れて行こうとした本物の名手です。


今年から楽天のコーチに就任されましたが・・・


その酒井さんもこういう手の使い方だったそうです。


現役選手でいえば・・・


阪神の上本選手もこういう手の使い方のようですね。


まあ、


これは簡単ではありません。


右手の使い方を変えるだけでゴロを捕る感覚も一気に変わってしまいますから・・・


なので簡単ではありませんが、
知っておいた方がいいですよね。


例えば、


握り変えで悩んでいる選手は
やってみる価値はあります。


ぜひ、トライしてみて下さい。


で、


この仲澤くん。


やっぱり引き出しがありますね。


さすがプロで12年もやってきた野球人です。


で、


こういう貴重なお話し。


もっともっと聞きたいですよね?


実は、聞けるんですよ。


教えてもらえるんですよ!


彼、今、大阪の野球塾で指導しています。


その野球塾はコチラ。
↓↓↓
ベースボールファミリー
http://www.baseballfamily-co.com/index.html



この野球塾がスゴくて・・・


あの朝井氏が投げてくれるボールを打てたりするそうですよ。


あの・・・


朝井氏といえば150キロを投げたピッチャーですからね。


そういうホンモノの生きたボールを打てる機会なんて、どれだけ探しても見つかりません。


せいぜいバッティングセンターの
140キロを打つぐらいでしょう。


でも、


ここではそういう経験ができるそうです。


これが貴重ですよね。


こういう人たちに教えてもらえる最大のメリットは・・・


ホンモノの選手と野球ができる。


教えてもらうのも良いんですが・・・


体感できる。


体で感じられるという事ですね。


これは何物にも変えられません。


ただ・・・


野球塾に潜む危険があるのも事実です。


それは、


自チームの指導者との違いですね。


この違いに苦労する選手が多いわけです。


自チームの指導者にはこう言われた。


でも、


野球塾ではこう教わった。


どうすればいいの?


野球塾で教わった方が納得できるのに・・・


で、


苦労する選手が多いですね。


でも、


ここの代表の覚前氏はそういう事をよく理解していますから。


しっかり相談してみて下さい。


しかし・・・


ベースボールファミリー


要注目の野球塾ですね^^


あっ、


こっちの教材も要注目です!



【DVD】本気の内野手のための基本スキル&ドリル ¥6,980


では、また。


ベースボールバイブルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス