プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:

 

三浦半島の海岸線をぐるっと一周して、BBQのための場所と、シュノーケリングに良さそうなところを探索。

 

ここはすごかったなあ。

 

台風、関係なし。

 

ベタ凪ぎ。

 

透明。

 

たまらんよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ダイビング」 の記事

テーマ:
こないだの断捨離。

正解だったと思う。

久しぶりのダイビング、BCとレギはレンタルを使わせてもらったんだけど、快適。

もちろん自分の機材が慣れてていちばん使いやすいんだけど、そもそも慣れてなきゃいけないほどのハードなダイビングするわけじゃなし。

ダイビング中にBCいじるのって、バックロール前にエア入れるのと、潜降の時にそのエアを抜くだけ。

ま、人間には肺ってもんがあるんだから、極論、BCなんていらない。

タンクの取付台みたいなもん。

レギも、くわえているだけのもの。

ゲージなんて、残圧計を潜ってる間に1~2回見るだけ。

セッティングも、わからなかったら教えてもらえばいいし。

レンタルなんだからね。

それで、メッシュバッグ、超軽くなるし。

家に帰ってから洗うもの減るし。

ってか、重機除けば、適当に洗っといてそう心配ないし。

レンタル万歳。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
思い切って、処分した。

ダイビングの重器材一式。

っていうか、愛妻の分も合わせて、二式。

っていうか、以前使ってたゲージとかセカンドステージとか、諸々。

だってさ。

年に1回とか2回しか潜りに行かないんなら、レンタルのほうが安いんだもん。

オーバーホール、部品代入れると、2万円とかかかる。

それを毎年ではないにせよ、2年に1回ぐらいはやるからね。

それでもやっぱり思い入れというか、思い出のある機材。

躊躇してたんだけど、愛妻がもう(リゾートとかに出かける場合を除いて)ダイビングをやめることに決めたって言うから、これはいい機会だと思ってね。

期待してたよりいい値段で引き取ってもらえたし。

ロッカーは広くなったし。

断捨離、断捨離。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は、いわゆる趣味の広いタイプ、の人間ではない。

むしろ、無趣味。

ゴルフもやらないし、銀座にも通わない。

ま、そんだけ、甲斐性がないってこと。

それはいいんだけど。

寿命があと4年半なので、やりたいことをやれるのもあと少し。

やれるうちにやれることをやっとかなきゃ、と想う。

やっぱり、ダイビングかな。

僕にとっての、唯一の趣味らしい趣味。

夏は、あと5回。

せめて忌の際に、潜って楽しかったって言えるように、今年からまたガンガン潜るかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ws

新しいウエットスーツを買った。


前のヤツが、縮んじゃったから。


縮んだんじゃなく、太ったからという説もある。


で、そんな理由だったから、あんまりたくさんおカネをかけるには抵抗感というか、罪悪感もあって、オーダーメイドではなく、既製のものを買うことにした。


太ったのが理由だと、既製品じゃつらいんじゃないのかなと心配してたんだけど、いやあ、1億総メタボ時代、あるんですねえ、デブ専用のモビルウエットスーツが。


これ、快適。


素材が良く伸びるので着脱もラクだし、着心地もいい。


ファンダイブが定着して以降最高と言われるほど魚影の濃い伊東の海を、堪能してきたよ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の初ダイビングは、腰越。

そんなとこでダイビングなんかできるのかと想ったあなた、あなたは正しい。

透明度の極度に悪いダイビングを「味噌汁のような海」と形容することはあるけれど、それ以上(以下?)だったな。

たとえて言うなら、「コーンポタージュのような海」ってとこか。

なんてったって、30センチほど先の自分のゲージが読めないんだから。

判別できた魚も、ネンブツダイの群れとキンチャクダイ、キタマクラぐらい。

まあ、目的はBCやレギのチェックだったので、そんなに落胆もないんだけどね。

ところで、相場なんだけど、これはまだまだわからないね。

資金供給とか利下げっていうのは、あくまでもセーフティーネットの部分の話。

サブプライム問題とかクレジット問題が解決したわけでもなんでもない。

各資産の投売りは一服するかもしれないけど、リスクテイクを再開しましょうという雰囲気にはまだほど遠い。

言うまでもないことだけど、投機家が円売りをしなければ、貿易黒字の分、ざっと毎月1兆円、実需から円買いが出てくる。

その需給バランスをベースに相場を見ていかないと、大間違いにつながるかもよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミギマキ


今年の初ダイビングは、大瀬。


毎年1度はお世話になるボートダイビング城 さん。


とにかく、ラク。


お盆の下りピークのど真ん中の東名とか、夏休み行楽客でごった返す西伊豆のくねくね山道を避けて、電車で行ける。


沼津駅から沼津港までは、バスでもタクシーでも10分ぐらい。


そこから城丸に乗って、ポイントまで一直線。


20分ぐらいで着く。


セッティングを済ませてバックロールで入ると、味噌汁状態。


潜行するにしたがって徐々に開けてきて、集合場所の15メートルあたりでは透視度は15メートルぐらい。


でも、寒い!


8月のこの時期としては信じられない、18度。(水面付近は23度)


ガタガタ震えながら遊泳してみると、水温のせいか、魚種がちょっとヘン。


お馴染みのさかなたちも、まだ型が小さかったりする。


ミギマキの幼魚なんて初めて見たけど、けっこうカワイイ。


ガンガゼを叩き壊してシラコダイに餌付けする城のお約束パフォーマンスを楽しんだりしながら、のんびりとリフレッシュダイブできたよ。


イソギンチャク畑には、2匹だけニモもいたし。


一番深いところで20メートルぐらい、ほとんどがOWレベルの水深にしかいないから、安全停止はナシ。


面倒なログ付けもなし。


帰りも電車で席に座って眠っているだけでいい。


ダイビングのあとのあの疲労感と睡魔に襲われながら、渋滞の中を運転するのってほんとにつらいもんね。


ああ、楽しかった。


これで機材のあと片づけがなければ、最高なんだけどなあ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

地球が誕生してから46億年、その間には氷河期もあれば世界のほとんどが高温多雨という時代もあった。


二酸化炭素の排出量を何%か削減するだけで、大自然の脅威と驚異を克服できるなどと妄想する科学万能主義者どもの傲慢さには呆れ返るばかりだが、とにもかくにも、地球温暖化の影響は必ずしも悪いことばかりではない。


もちろん、海面水位が上がることで島全体が沈んでしまうような国があるのだとすればそれはたいへん気の毒だが、気温が上がることでたとえばシベリアの凍土の開発などは容易になる。


人類全体にとって必ずしもマイナスの影響ばかりとは限らない。


東京の夏が暑くなるのは困るが、35℃なら耐え切れないが33℃なら快適というものでもない。


むしろ冬の気温が上がることで、分厚いコートを着なければならないような日が、1年の中で1日でも減るのはいいことだ。


ところで。


今年は夏になっても伊豆周辺の海水温度がなかなか上がってこない。


例年だと8月に入れば24℃以上ぐらいで安定してくるのだが、今年はまだ平気で20℃を下回る潮が流れ込んできたりしているようだ。


プロパンガスのようなおちゃらけダイバーが快適に潜れるためには、いちばん冷たい潮が22℃くらい以上でないと厳しい。


そんなわけで、今年はまだ1本も潜れないでいる。


今週末もどこの海に行ったって、海の中はダイバーの渋滞だろうし、さすがに避けたいというもの。


いつになったら潜れるのかなあ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホリエモン のような自由人がどうしてGWなんかにタヒチをうろうろしているのかは知らないが、君の今までやっていたのは、ファンダイビングではなく体験ダイビングじゃねえかよ。

ファンダイビングをするために、オープンウォーター取るんだろ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

18日の田子に続いて、25日は安良里に行って来た。

16日に書いたことと矛盾するのだが、以前は水温の低い6月頃までしか見られなかった生物がどういうわけだか早い時期に姿を消すのではなく、むしろより遅い時期まで観察されるようになった。


ダイバーに人気のアオリイカの産卵などもそうなのだが、プロパンガスが前からずっと見たかったトビエイもそうだ。

トビエイはほんの2~3年前までは、せいぜい7月初頭までに姿を消してしまい、ウェトスーツ派が潜り始める8月中旬にはけっして見かけられることはなかった。

が、去年あたりからトビエイの観測が7月後半まで報告され、へたれダイバーも梅雨明け直後から可能になったため、プロパンガスにもトビエイに出会えるチャンスが出てきた。

ということで勢い込んで出かけた安良里。


みごとトビエイを1枚だけだけどゲッチュウ。


マンタをふたまわりほど小さくしたような姿を、水中から水面を見上げるような角度で見かけた。


それがどうしたといわれれば返す言葉もないが、プロパンガス的には大感激だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。