プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:
「金正恩=西郷隆盛」説について、今いちど考えてみる。

なんやかや言うたかて、他に説明がつかん。

いったい、彼は何を最終目的にしているのか。

仮に、核保有国だとアメリカや世界に認められたところで、その先の展望はまったく開けない。

だとすると、できることといったら、核開発で国民に誇りと希望を与え、惜しまれながら自分は海外にでも亡命し、金三代王朝の幕を閉じるというミッションをみずからに課しているという仮説も成り立つ。

あると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「特定アジア」 の記事

テーマ:
経済制裁で追い込まれた国、特に石油を止められた国がどういう行動に出るかは、極東ではすでに76年前に実証済み。

むしろ、追い込んで暴発させるのが、制裁の目的だったりする。

勝ち目のない戦争を仕掛けてくるなんてことはまさかありえないだろうと高を括るのも追い込む側の思い込み。

戦わずして勝てる可能性がゼロなら、戦って勝つわずかな可能性に賭けるという選択肢は、合理的な判断にさえ思える。

戦う以上は勝つ方法を考えるわけで、自国民の士気を高めるためにも勝てる、勝てる、と喧伝するわけだから、知らず知らずに勝てるという錯覚に陥ってくる。

そして、無謀な戦いに打って出る。

歴史は、そう教えてくれる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北朝鮮危機の顛末がどうなるにしても、行き着くところは、「北朝鮮が中国共産党・人民解放軍支配下に入る」か、「朝鮮半島全域が中国共産党・人民解放軍支配下に入る」かの、どちらかしかない。

前者の場合、38度線を挟んで人民解放軍とアメリカ軍が対峙することになるんだけど、そんなコストばっかりかかって得るもののない状態をアメリカが長期間放置するはずもないので、どっちみち後者で落ち着く。

これでも、日本海を挟んで、人民解放軍とアメリカ軍が睨み合う状況は変わらない。

睨み合うだけでも、互いに消耗するわけで、どっちにとってもメリットはない。

じゃあ、どうするか。

人民解放軍は、せいぜい尖閣あたりで小競り合いを繰り広げるぐらいの茶番で適度にガス抜きし、アメリカも前線をグアムまで下げる。

ぽっかり穴のあいた日本・台湾・フィリピン・インドネシア・オーストラリアという覇権空白ゾーンは、連携して緩衝地帯運営にあたる。

これが、シナリオだろうな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝のミサイルは、「うちには、グアムまで飛ばす能力はあるけど、グアムに向けて打つ意図はありません」っていうアナウンスなので、過剰反応する必要はない。

ただ、だからといって、アメリカが軍事行動に出る可能性がないかと言えば、それは別の話。

もう、ホワイトハウスに、バノンはいない。

彼がいれば、アメリカにとって得なことの何もない行動は、全力で止めただろう。

でも、もう、止める人がいない。

後先考えない行動に出るかもしれない。

北朝鮮を叩いたら、反撃でソウル市民200万人が巻き添えを食う、なんてのは、ホワイトハウスにとってはどうでも良い話。

だけど、現政権のなくなったあとの北朝鮮をどうするつもりか。

韓国に吸収させて、朝鮮半島統一の親中・反米国家をつくるのか。

アメリカみずからが駐留して、国境を挟んで人民解放軍、ロシア軍と対峙するのか。(ありえんわな)

チャイナに吸収させて、韓国をも完全属国として差し出すのか。(これが、まあ、現実的かな)

どれにしたって、かなり面倒な話になる。

でも、ここまでやらかすかもしれないんだよ。

バノンなきホワイトハウスは。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
DDG-56 ジョンSマケインが、リベリア船籍のタンカーと衝突、10人が行方不明だと。

先々月も、同じアーレイ・バーク級のDDG-62 フィッツジェラルドがコンテナ船にぶつかったばかり。

ぐうぜんなわけ、ないよね。

レーダーとかGPS とか狙った、サイバー攻撃に晒されていると考えるのがフツーでしょ。

厄介な話になってきたよね。

日本海軍が運用するイージス艦は、あたご型を含めて6艦ぜんぶアーレイバーク級がベースだもんね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカ・ファーストとは、つまり、拡げすぎた覇権の手を縮小し、アメリカ国内の体制をより強固なものにすること。

シリアはロシアとイランに任せる、北朝鮮はチャイナに任せる、アメリカは手を引く。

ただ、緩衝地帯の朝鮮半島が明確にチャイナの勢力圏内に収まると、西太平洋で、アメリカは直接チャイナと対峙することになる。

これは、コストがかかる。

コストを日本に負担させる手もあるが、できることなら、日本そのものを緩衝地帯にしたい。

日本のみならず、台湾、フィリピン、インドネシアのラインで、チャイナを封じ込めておきたい。

これは、日本にとっても悪い話ではない。

特に、フィリピン、インドネシアとの連携は、日本に決定的に欠けているもの、そう、人口、あるいは人口増加、若年人口を補う妙手となりうる。

もちろん、ASEAN全体が日本にとっては重要なんだけれど、チャイナと陸地で繋がっていない島嶼国連合こそが、日本にとってたったひとつの生き残る道になるかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

予想どおり、チャイナが動いてきた。

禁輸措置を厳しくして。

でも、暴発しないように対話チャネルを増設、北朝鮮特使を置いた。

表でこれだけ動くということは、裏ではもっと動いてる。

もうちょい、もう一息だな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

Just Guess なんだが。

 

チャイナはようやく、北朝鮮問題にどう向き合うか、真剣に考え始めたね。

 

これまでトランプ大統領のツイートはとにかく、「チャイナ、なんとかせーや」一辺倒だったんだけど、ここに来てFire and Furyとかって吠えて、時間稼ぎしてる。

 

チャイナのために、時間稼ぎしてあげてる。

 

この間にちゃんと北戴河会議で決めなさい、と。

 

だから、最近になって半島情勢の緊張が高まってる、なんて分析は、完全に間違い。

 

むしろ、解決まであと一歩のところまできている。

 

アルゴ君やAI君には、ちょっと難しいかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
こりゃあ、完全にナメられてるね。

これまでアメリカは、核実験、またはICBMを打ったら、もう絶対許さん、と言ってきた。

そのレッドラインを易々と越えてきた北朝鮮。

おそらくは、それでもアメリカが動けないと見切ってのこと。

情報収集・分析の上での行動。

いや、わからんぞ。

まんまと、アメリカの罠にかかっただけかもしれない。

かつてサダムは、アメリカが動かないという確証を得て、クウェートに侵攻した。

結果は、ご覧のとおり。

目が離せなくなってきたぞ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こういうくだらねーこと書くの、最初で最後。

 

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(日韓基本条約・1965年)と同時に締結された付随協約のひとつ、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定(日韓請求権並びに経済協力協定)

第二条

1.両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。

 

さらにその上で、慰安婦問題日韓合意(2015年)では、日本の岸田文雄外務大臣と大韓民国の尹炳世外交部長による外相会談後に行われた共同記者発表で、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した。(「不可逆的」の文言は、韓国からの要請)

 

それでも、「合意を無効にし、再交渉を推進する」というなら、もはや一切の条約(および協定、合意等、それに類するもの)を結べる相手ではないということになる。

 

↑ ってなことは大大大前提とした上でなければ、新大統領や韓国、を避難する側の言葉も、何の意味もない。

 

SNS上にくっだらないコメント多すぎ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。