プロパン星人のブログを読むときは

必ずここをクリックしてチェック!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

プロパン星人です。

 

 

謎の宇宙人ブロガーである

プロパン星人にアクセスを取る場合、

 

1.メール

propane-seijinアットhotmail.com

(アットを@に変更してください!)

 

2.Twitter

@propane_seijin

 

3.Facebook

お会いして本名ご存知の方のみ

 

 

主にこんな方法があります。

 

 

 

 

そんな中で本日は、面識ある知人大家さん

からメールで問合せいただきました。

 

 

 

<質問(抜粋)>

賃貸用に中古住宅を初めて購入しました。

 

綺麗な物件だったのでリフォーム業者を

入れない予定でした。

しかし軽微なリフォーム工事が必要となり、

(質問主の知人で)DIYが得意な専業の

不動産投資家のHさんに相談したところ、

そのリフォーム工事(工賃2万円程度)を

Hさん自ら施工していただくことになり、

お願いしました。

 

施工は問題なく完了したのですが、

その支払いについてのご相談です。

 

その専業不動産投資家Hさんが

「工事代金は購入初年度はどうせ赤字額が大きいので経費計上しても無駄なことと、振込だと(振込明細だけでは)経費にならないから、商品券の支払いで良いです!」

と言ってきたのです。

 

一体どういう意味があるのでしょうか?

 

振込明細だけでは経費になりませんか?

 

そもそも何故振込ではなく商品券での

支払いを求めてくるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロパン星人からの回答・理由>

 

どう考えても

「脱税狙い」

ですね~!

(キッパリ言い切ります。)

 

 

 

 

 

要するに、振込ですと現金収入の痕跡が

どうしても残ってしまいます。

 

その一方、商品券での支払いですと、

現金が動かないため、収入側つまり

Hさん側では痕跡を消すことが可能です。

 

 

このDIYが得意な専業不動産投資家

あるHさん、しれ~っと素人をうまく使おう

として、セコイことを企んだのでしょう。

(先輩投資家として、人として、ありえません!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の知人であるこの質問主に、脱税を意図

したとしか思えないとお伝えしたところ、
 

他の人や金融機関の知人にも相談した

ところ、全員回答が同じ『脱税』でした。

ご回答いただきありがとうございました。

 

とのことで、きっぱり振込で支払ったそうです。

 

 

 

 

残念ですが、不動産投資家の世界には、

相手が初心者で無知なのを良いことに、

初心者大家をご自身の脱税に間接的に

協力させようとする、このHさんのような

セコイ、クソ専業大家も居るようです。

(実際にここまでしようとするところがセコイ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今日のブログ、

タイトルが最も悩みましたw。

(出オチ失敗とか言わないでください。)

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

ここをクリックして納税しましょうw!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

ご連絡・お問い合わせは…

propane-seijinアットhotmail.com まで

(アットを@に変更してください!)

 

Twitterも始めました!

よろしければフォロー願います!

@propane_seijin