プロパン星人です。

 

↑   ↑   ↑   ↑   ↑

今日はクリックすると落札できます!

(ただし高価ですが責任負いません…。)

 

 

今日のブログでは、数日前コメント欄に

いただいた読者からの質問にお答えします。

 

 

happyさんからのご質問


質問があります。
いつも拝見しております。
質問は競売物件でガス設備が
そのままの状態の場合は
落札者は引き継ぐ必要がありますか?
他社に変更してもいいですか?

 

その質問←はこちら

(お時間いただき申し訳なかったです。)

 

 

これについて2つの視点から解説します。

(ちなみに、プロパン星人は競売入札はあるも、落札経験は無いです。)

 

 

<1.法律論>

 

①前所有者の貸与契約は無効となるのが自然

(差押となることでそう考えざるをえないでしょう…。)

 

②現貸与金額分の請求が有効とは考えにくい

(差押→競売物件への過去に貸与した分の請求は、はたして有効と言えるのでしょうか?)

 

③通常の売買物件と同じくガス会社変更は自由

(所有権は間違いなく落札者=ガス会社変更の決定権者にあるのですから。)

 

 

①②③を踏まえ、基本的には

「競売による物件取得は通常の売買と同一」

と考えてOKだと、法律論ではそう思います。

 

 

 

<2.ガス会社の理屈>

(「現実論」と言い換えても良いと思います。)

 

①ガス会社は競売とは気づかず、

 前所有者からは「売った」

 落札者からは「買った」と言われる

(前所有者も落札者も言いにくいようで、「競売になった」と言ってくる方は経験上皆無…。)

 

②(ガス会社変更した場合は)設備代残存を

 現ガス会社が新ガス会社に請求できる

 場合がある

(このお話しは奥が深く専門的で難しいお話です。いずれにせよ、落札者のデメリットにはなりません。)

 

③ガス会社は引き続きガスを売りたい

(ま、当然そうですよね。)

 

 

①②③を踏まえ、基本的には

「競売による物件取得は通常の売買と同一」

と考えてOKだと、ガス会社の理屈でも

そう思います。

 

 

要するに

「競売による物件取得は通常の売買と同一」

と考えます。

(プロパンガス会社は不動産業界ではないので、その物件が「競売」「売買」どちらか?なんて無関係です。)

 

 

落札者は引き継ぐ必要がありますか?
他社に変更してもいいですか?

  ↑

この質問に対する回答としては

 

・ガス会社変更

・ガス会社そのまま

どちらでも良い!

難しく考える必要は無いと思います。

 

 

よって…

 

1.ガス会社を変更したいなら、そのガス会社に連絡。

 

2.現在のガス会社も選択肢に考えたいのなら、ガスボンベやメーターに書いてある連絡先に連絡。

 

 

となると思います。

 

 

happyさん、ご理解いただけたでしょうか?

 

 

皆さんも競売不動産落札時には

ぜひ参考にしてください。

 

 

ご連絡・お問い合わせは…

propane-seijinアットexcite.co.jp まで

(アットを@に変更してください!)

 

 

最後にもクリックしてください!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

「競売」は広い意味では「売買」なのです。

AD

コメント(2)