プロパン星人です。

 

↑   ↑   ↑   ↑   ↑

ダメリーマンでヒマな部署のはずなのに

最近珍しく副業本業が忙しいです…。

とりあえずクリックしてください!

 

 

私は物件の現地調査時に、

いくつかのチェック項目があります。

 

パッと見て即答で購入対象外とする物件

ガス会社が困る=即答で購入対象外とする物件

外観だけで即答で購入対象外とする物件

現地確認して即答で購入対象外とする物件

ガスメーターを見て購入対象外とする物件

(何かチェック項目が多いなぁ~)

 

 

今日はこれらに通じる内容です。

 

私プロパン星人は特にアパートの現地確認を

する際、上記に加え、副業本業のプロパンガス

会社員の目線で、以下もチェックします。

 

1.ガス給湯器

 都市ガスorプロパンガス

 給湯のみor追い焚きつき

 

ま、副業本業でプロですから当然ですね~。

(他もポイントがありますが、また別の日に…。)

 

1.の給湯器はただのチェック項目であり、

要注意でも何でもありません。

 

 

本日のメインテーマにしたいもの、

要注意なガス器具は以下の2.です。

 

 

2.エアコン

 電気エアコンorガスエアコン

 

 

理由の解説の前に、ところで…

「ガスエアコン」ってご存知ですか?

 

ガス会社目線では、一般ユーザーや大家さん

がどれくらい知っているか?わからなくなって

いるのです…。

 

★ガスエアコンを知らない方は、

このHP↓を参照してください。

ガスエアコンのガス代・仕組み解説 電気エアコンとの違いは

(最もわかりやすいのでリンクさせていただきました。)

 

★見分け方は明解なHPがないので…

・本体左上に「見慣れない排気口がある

・エアコンがガス配管と接続されている

この2点が、電気エアコンとガスエアコンの

外観上の違いになります。

 

 

<ガスエアコンの特徴>

①夏は通常のエアコンと同じだが、

 冬の暖房ではガスを使う

  =冬場だけガス代が急増する

   →ガス使用増でガス代増

   →ガス代のクレームが多い

 

ガス代のクレームには↓も参照

ガス会社ではこの時期に増えてくるので憂鬱です…。

 

 

②上記①の理由により、ガス使用量が増える

 =ガス会社が積極的に売り込みをした

  →昔、新築アパートで積極導入された

  →それが現在まで現役稼動している

 

 

③家庭用ガスエアコンは生産中止

  =ガスエアコンへの新品交換不可

   現在では部品調達も困難で、修理も困難

   →設置されているエアコンは当然古め

   →交換間近なガスエアコンが多い

 

 

※では何故、「家庭用ガスエアコン」は

生産中止になったのか?

 

 

それは…

ガスエアコンは冬場にガス使用量が大幅に

増えるが、ガス代が増えた分の電気代節約

にならなかったためです。
(要はユーザーにメリットない商品だったということです。)

 

 

これらをふまえ、何を言いたいか?

 

つまり、ガスエアコンが設置されている物件

購入したまたは購入検討する場合は、

どうしたら良いのか?

 

 

「電気エアコン交換済の台数を確認しておく。」

「ガス会社から故障時の電気エアコン貸与を約束させておく。」

 

これが大家として必要と考えます。

 

 

これまでの「対象外」物件よりは

はるかに難易度が低いです。

 

しかし、ガスエアコンが設置されていること

により、先にかかりうるコストやトラブルで

予見できるものは、予見しておくべきだと

考えます。

 

なお、ガスエアコン設置物件は「やや注意」ですが、「購入対象」には十分なりえます。

(あくまでプロパン星人の価値基準です。)

 

 

余談ですが、ガスエアコンが生産中止に

なったことが、プロパンガス会社がエアコン

を貸与するようになった遠因の1つだと

感じています。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ご連絡・お問い合わせは…

propane-seijinアットexcite.co.jp まで

(アットを@に変更してください!)

 

 

最後にもクリックしてください!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

ガスエアコンの製造中止を、プロパンガス会社にエアコンを貸与させる口実にするのです。

AD

コメント(2)