謎のクレーマー2

テーマ:

プロパン星人です。

 

↑   ↑   ↑   ↑   ↑

今日もここをクリックしてお戻りください。

 

 

今日のお話しは10年以上前のお話です。

しかも、久々、クレーマーのネタです。

 

(前回の「謎のクレーマー」はこちら。)

 


当社ガス供給アパートの大家さんを通して、

そのアパートの入居者でない女性の方から

「そのアパートのガス代が高い」

というクレームがありました。

(しかも大家さんはその方に頭が上がらない様子で、歯切れも悪い…)

 

(ガス料金関連のクレームは通常無視しますが)

大家さんからガス料金の連絡を受けてしまう

と、何らかの対応をしなければならないため、

その日本人女性のご自宅を訪問し、

クレーム対応することに。

(入居者以外かつ大家・不動産会社以外の方からのガス代のクレームは超レア)

 

「ガス代が高い」と言ってくる方だったので、

当然とは言え入居者の外国人女性

検針伝票をお持ちでした。

(もちろん入居者≠その女性ですので他人の検針伝票ですよ。)

 

ガス代が高いと言ってくるので、つまり

「ガス代を下げてくれ!」

ですので、そこの交渉をした訳です。

 

 

でもこの交渉…

 

そもそも最初からですが

交渉に行った時の間も

とても気になったことが…。

 

 

クレームの女性=日本人

アパートの女性=外国人

大家=クレームの女性に頭が上がらない

 

 

 

いったいどういう関係性なのでしょうか??

 

 

交渉での会話の断片の中に、

その答えが少し垣間見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女「私が外人を斡旋し、もっと多くの人を入居させるから、

ガス代を下げてくれ!」

 

 

プ「…(ん?)」

 

 

ははぁ~ん!

おそらく外国人女性は○○結婚で○法滞在なのね~!

(大家さんはそれを知っているから、歯切れが悪いのね~。)

 

 

ただ…

あのド田舎に住む女性はどういうルートで外国人女性を確保していたのでしょう?誰かわかったら教えてください。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

最後にもクリックしてください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

10年以上前の話なので、時効のはず…?です。

まぁ、こういう点でも「ガス会社はお客様を選べない」のです!

AD