不動産会社がガスを販売する

テーマ:

プロパン星人です。

 

↑   ↑   ↑   ↑   ↑

今日もここをクリックしてください!

 

 

このブログの読者の皆様は

大家の方が多いと思います。

 

大家をしていて、きっと

「プロパンガス会社ってたくさんある」

とお思いになっていると思います。

 

 

様々なプロパンガス会社がある中で、

不動産会社が自社経営会社でプロパンガスを販売する。」

パターンがあります。

 

不動産管理会社が派生事業として、

100%子会社で、他事業の会社を

つくることがあると思います。

 

その一環で、プロパンガスも自系列の

販売会社を作ってしまうのです。

 

<全国的に最も有名な例>

大東建託  ガスパル

 

 

こういった、建築・不動産会社系列のプロパンガス会社が、アパート入居者にプロパンガスを売るとどうなるか?

 

様々な視点から推察したいと思います。

 

 

<建築・不動産管理会社として>

・給湯器は大家に有償販売出来る

・ガス販売分の売上&利益UP

 

<対 入居者>

・ガス代を高めに設定できる

・家賃と同時集金も可能となる

・ガスのクレームを管理会社として把握できる・押さえこめる

 

<対 大家>

・大家独自でのガス切替えを禁止できる

・ガス代の一部を大家にキックバックできる

 

<対 ガス同業他社>

・ガス切替えが出来ない!

 

 

つまり…

不動産会社が経営するガス会社の供給

物件は、上記の「キックバック」で大家を

事実上縛っているため、ガスの切替えが

全く出来ないのです…。

(ガス会社もうまく縛られているとも言います…。)

 

中古物件購入時にも↑この可能性があるので

注意です!(全部ではないですが)

 

 

 

世の中には様々な種類のプロパンガス会社が

あります。こういった会社もあるのだと、物件

購入時等の参考にしてください。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ご連絡・お問い合わせは…

propane-seijinアットexcite.co.jp まで

(アットを@に変更してください!)

 

 

最後にクリックお願いします。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

見方を変えれば、理に適った経営とも言えます。

AD