進路希望状況調査(10/1実施分)発表! | 【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

埼玉県所沢市の新所沢・小手指の高校受験専門学習塾です。
受験を通じて「自分はここまで頑張ることができる!」という実感を伝えていきます。

今年度最初の進路希望状況調査が発表されました!

 

令和3年3月中学校等卒業予定者の進路希望調査(10月1日調査)

 

例年通り、当塾から志望者の多い高校をピックアップしてみました。

所沢北のように普通科と理数科の間で第2志望を認める高校は

全志望者が両方の科を志望した場合の倍率も出してみました。

 

倍率自体はここから最終倍率まで大きく変わります。

特に高倍率の高校ほど大きく低下します。

というわけで、ここで重要なのは昨年同時期からの変化に

ご注目下さい。

 

所沢北・普通科     1.84 (昨年同時期 +0.11

所沢北・理数科     1.43 (昨年同時期 +0.35

所沢北・普+理     1.79 (昨年同時期 +0.13

所沢           1.50 (昨年同時期 -0.24

所沢西          1.55 (昨年同時期 +0.05

 

入間向陽        1.56 (昨年同時期 +0.15

豊岡           1.20 (昨年同時期 +0.06

 

県立川越         1.38 (昨年同時期 -0.16

川越女子         1.39 (昨年同時期 -0.05

川越南          2.45 (昨年同時期 +0.11

市立川越・普通科    4.34 (昨年同時期 +1.04

市立川越・国際経済  1.17 (昨年同時期 +0.21

市立川越・情報処理  1.29 (昨年同時期 +0.12

 

坂戸・普通科      1.34 (昨年同時期 -0.38

坂戸・外国語科     0.70 (昨年同時期 ±0.00)

坂戸・普+外      1.27 (昨年同時期 -0.34

 

和光国際・普通科    1.58 (昨年同時期 -0.15

和光国際・外国語科  1.24 (昨年同時期 -0.32

和光国際・普+外    1.50 (昨年同時期 -0.18

朝霞            1.32 (昨年同時期 +0.04

 

県立浦和         1.28 (昨年同時期 -0.34

浦和一女         1.30 (昨年同時期 ±0.00)

大宮・普通科       2.19 (昨年同時期 +0.27

大宮・理数科       2.55 (昨年同時期 +0.82

大宮・普+理       2.23 (昨年同時期 +0.33

市立浦和         2.73 (昨年同時期 +0.17

 

昨年は多くの公立高校が同時期比でマイナス、

私立高校志望者が増加という傾向が見られたのですが、

上記の高校は今年プラスの高校が多いようです。

しかし、全県での私立高校の志望者数は

県内私立高校合計で9,384名(昨年同時期+413名)となっており、

2年続けて400人越えの増加です。

 

次に気になるのは、

県立浦和、県立川越という男子校の倍率低下ですね。

以前、北辰テストのデータから予測した通りの傾向です。

女子校も男子校ほどではありませんが、微減傾向にあります。

 

どうしても別学(男子校・女子校)は共学校に比べて

先入観で忌避されるケースが多くあります。

実際に高校へ行ってみると「男子校or女子校、すっごい良かった!」と

ガラリと変わる例を山ほど見てきているので、

感染症対策のために難しい状況が続いていますが

ぜひ機会を見つけてその目で見てほしいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、倍率について触れるたびに伝えていることですが、

受験生本人はこうした倍率の変動に

一喜一憂している場合ではありません。

自分の決めた第一志望へ向けて

今目の前にあること一つひとつに取り組んでいきましょう!