第2回公立高校倍率発表! | 【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

埼玉県所沢市の新所沢・小手指の高校受験専門学習塾です。
受験を通じて「自分はここまで頑張ることができる!」という実感を伝えていきます。

県から第2回目の進学希望状況調査が発表されました!

 

令和2年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(令和元年12月15日現在)

 

当塾から志望者の多い高校をピックアップしてみました。

所沢北のように普通科と理数科の間で第2志望を認める高校は

全志望者が両方の科を志望した場合の倍率も出してみました。

 

所沢北・普通科     1.28 (昨年同時期 -0.53

所沢北・理数科     1.45 (昨年同時期 +0.17

所沢北・普+理     1.30 (昨年同時期 -0.49

所沢           1.42 (昨年同時期 -0.19

所沢西          1.16 (昨年同時期 -0.34

 

入間向陽         1.02 (昨年同時期 -0.30

豊岡            1.30 (昨年同時期 +0.18

 

県立川越         1.45 (昨年同時期 ±0.00)

川越女子         1.40 (昨年同時期 -0.14

川越南          1.68 (昨年同時期 -0.01

市立川越・普通科    1.93 (昨年同時期 -0.44

市立川越・国際経済  1.43 (昨年同時期 +0.13

市立川越・情報処理  1.33 (昨年同時期 +0.20

 

坂戸・普通科      1.47 (昨年同時期 +0.09

坂戸・外国語科     0.83 (昨年同時期 -0.45

坂戸・普+外      1.40 (昨年同時期 +0.03

 

和光国際・普通科    1.65 (昨年同時期 +0.23

和光国際・外国語科  1.35 (昨年同時期 +0.06

和光国際・普+外    1.40 (昨年同時期 +0.17

 

朝霞            1.17 (昨年同時期 -0.12

 

県立浦和         1.54 (昨年同時期 +0.03

浦和一女         1.40 (昨年同時期 +0.19

大宮・普通科       1.56 (昨年同時期 -0.10

大宮・理数科       1.38 (昨年同時期 -0.65

大宮・普+理       1.54 (昨年同時期 -0.16

市立浦和           2.13 (昨年同時期 -0.37

 

まず埼玉県全体の傾向として、

今年度は明らかに私立校志向が伸長した年度です。

今年度は大学受験の改革の混乱が印象的でした。

さまざまな変更への柔軟な対応を期待して

私立高校を志望する方が増えているように感じます。

 

そんな中でも進学校としての長い伝統を持つ

浦和、浦和一女、川越、川越女子は比較的高い倍率を維持しています。

このあたりはあまり受験動向に左右されることがないですね。

「倍率がどうだろうと、この高校に行きたい!」という層が多い印象です。

その他、一見すると所沢北の倍率低下が顕著ですが、

恐らく最終的には昨年度から微減の1.40倍前後に落ち着くのではと思います。

油断することのないように!

 

ハッキリ言ってしまえば、

受験生にとっては倍率がどうであろうが、

できることもやるべきことも変わりありません。

最後まで少しでも自分の力を伸ばすだけです。

体調に気を配り、1日1日力を尽くしましょう!