【中学部】テストに向けてワークは最低3回! | 【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

【新所沢】努力を『証明』する学習塾Proof【小手指】

埼玉県所沢市の新所沢・小手指の高校受験専門学習塾です。
受験を通じて「自分はここまで頑張ることができる!」という実感を伝えていきます。


テーマ:

新学年最初の定期テスト範囲が

少しずつ発表され始めました。

ゴールデンウィーク前には

どの学校・学年も判明するかと思います。

連休の間、しっかりとテスト勉強を進めていきましょう!

 

定期テスト対策に特別な方法はありません。

学習塾プルーフで生徒に伝えていることは

ごくごく当たり前な3点です。

 

①学校の先生の授業・言っていることをしっかり聞く!

一番大切なのは中学校の先生の授業です。

そして、その授業を受けているのは生徒本人です。

「ここテストに出すぞ~」と言われたところはもちろん、

その他にも

「先生、授業でここを特に強調してたな。」

「こういうところが大切だって話してた!」

など、授業にはテストのヒントがたくさんあるはずです。

日々の授業ノートにポイントをしっかりと

書き込んでいくことが何より大切です!

 

②テスト範囲の教科書・ワーク・プリントを3回以上解く!

テスト範囲のワークやプリントを1回解いただけで

十分にテスト勉強した気になっていませんか?

問題というのは最低3回繰り返して初めて「解いた」と言えます。

 

1回目…自分のできないところを把握する。

 → 間違えたところをきちんと調べ、まとめる。

2回目…間違えたところができるようになったか確認する。

3回目…ケアレスミスを含め完璧にできるようになったか確認する。

 

実際に毎回高得点を取る生徒は同じ問題を

何度も何度も、繰り返し繰り返し解いています。

答えを覚えてしまうほどにやり込むことが

結局は一番の近道です。

 

③正答に対していつも「なぜ?」を問いかけ、説明できるようにする。

これは真面目にコツコツ取り組む生徒にある傾向ですが、

「よくわからないけど、教科書にこう書いてあるから覚えなきゃ。」

「自分はこう思ったけど、答えはこうなってるからそれを覚えよう。」

と、自分の疑問や考えを無視して、模範解答や正答を鵜呑みするやり方。

一問一答レベルは解けるかもしれませんが、

少し問われ方が変わるだけで対応できなくなります。

なぜその答えになるのか。自分の考えではどこがダメなのか。

それを突き詰めていくことで知識は具体性を持ったものに変わっていきます。

「正答の大切だけど、自分の誤答も大切に!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、向陽中は定期テストが年4回のため、

この時期は例年定期テストがありません。

また、小手指中の1年生も今年は大型連休の影響か

1学期中間テストがありません。

 

「テストが1回なくてラッキー!」ではなく、

テスト範囲が広くなり、難しくなるうえ、

たった1回のテストで1学期の成績が決まってしまう

という重要性を持ちます。

 

というわけで、向陽中1~3年と小手指中1年に向けて

中学校の定期テストに代わり、

模擬・定期テストを実施します!

模擬・定期テスト1週間前は

中学校定期テスト1週間前と同様に

開校日は毎日来てテスト勉強に取り組みます。

1年生はここでテスト勉強のやり方を

身につけましょう!

学習塾Proof(プルーフ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ