私のヒプノ体験(女剣士の恋) | ヒプノセラピスト マイコエルのブログ

ヒプノセラピスト マイコエルのブログ

ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法・退行催眠)を愛知県豊橋市で行っています。2017年10月からレイキスクールもスタートしています。2020年3月からヒプノセラピスト養成スクールを開校します。

 

半年前の去年の11月~今年の1月にかけ合気道の市民講座に参加したことで、私の潜在意識が刺激されたのか、夢でリアルな前世体験をしました。

 

 

 

 

場所は日本、時代は江戸。

 

 

私は女剣士。

 

女性でありながら剣術に長けていたのは、家が剣術道場だったから。

 

時折来る道場破りの相手も道場主の父親に任されるほどの腕前。

 

見た目は黒木メイサみたいに美しくそしてカッコ良い女剣士の私。

 

 

死ぬまで独身を貫いたのは

 

「自分より強い相手(男性)が現れなかったから」

 

でも生涯ただ一人だけ、敵わなかった人がいました。

 

ーーーーーーーー

 

各地の剣術道場を渡り歩き道場破りをしていたその人はこの道場にもやってきました。

 

彼が道場を訪れた日のことは今でも忘れていません。

 

もちろん、私が相手をしました。

 

これまで来た誰よりも洗練された剣術で、驚くべき身のこなし、そして圧倒的な力の差をまざまざと味わい、私が唯一負けを知った相手。

 

そしてこの出会いで、互いが一瞬で恋に落ちてしまいました。

 

ーーーーーーーー

 

半年くらいはその人は道場にいたのだと思います。

 

ある日、彼の居場所を嗅ぎつけた剣士たち数名が道場にやって来ました。

その数は30名ほど。

 

私も参戦しました。

 

途中何人かは倒せましたが、数が多過ぎる。。。

 

彼はこの道場を守るため、そして私を守るために、相手を引きつけて山を下りて行きました。。

 

彼のあとを追っていった残党は10名はいたと思います。

 

彼は二度と戻っては来ませんでした。

 

山を下りて残党を引き連れていく彼を見た時、彼の肩口から血が流れ傷を負っていたのが分かりましたので、きっとあの後、殺されたのだと思います。

 

私より強かった人は生涯ただ一人、あの人だけでした。

 

山を走り下りていく彼が最後私のほうを振り返り、その一瞬、アイコンタクトで交わした想いは今でも心の中で温かく宿っています。

 

 

ーーーーーーーー

 

とってもリアルな夢で起きてからもしばらくボーっとするくらいでした。

 

ちょうどあの頃、WOWWOWで映画「駆け込み女と駆け出し男」を観たのも偶然じゃなかったと思います。

 

 

 

2015年公開だった映画です。

主演が大泉洋さん。

 

当時の江戸の女たちが縁切り寺に駆け込むまでのエピソードがそれぞれあり、傷ついた女たちを受け入れ、守り、再生させていく様子も泣けました。

 

この映画を観た人なら分かるかと思いますが、駆け込み女の中に、内山理名さん演じる女侍がいましたよね。

 

 

内山理名さん演じる戸賀崎ゆうは、道場破りにきたゴロツキ侍に夫が敗北し、傍若無人なその侍と略奪婚させられた女という設定でした。

 

あの頃急にせかされるように合気道を習いたくなって習いにいったのも、WOWWOWでこの映画を観たことも、このリアルな夢での前世体験に繋がっていたんでしょうね。

 

私の潜在意識はよっぽどあの時代のあの記憶を私に思い出させたかったんだろうな~。。。

 

 

 

運命の人だと感じている相手と出会ったら、例えその人が死んでしまったとしても生涯一人を貫けるほどの愛の力で生けていけるんですね。

そのことが今回の夢の前世体験でよく分かりました。

 


 

愛知県豊川市、名古屋市、岐阜県多治見市、東京でもヒプノセラピーを行っています ホームページはこちら 「ヒプノセラピー マイコエル」