コミュニティ経済圏 | 健康ビジネスプロジェクトの現場から!

健康ビジネスプロジェクトの現場から!

ヘルスビズウォッチ編集主幹&スポルツ代表の大川が健康ビジネスプロジェクト現場で学び、気づいたことを綴って行きます!

 

 

マス・マーケティングの時代は終わり、新しいスケールと意味を持った経済圏が育ってきていると感じているのは僕だけではないはずです。

 

オンラインサロンビジネスが発芽し始めたのがここ数年のことだと思います。このビジネスモデルからの学びは参加者にとっての小さく満足&パフォーマンスを創ることから始めるということです。

 

ウェルネスをテーマとした様々なコミュニティが動いています。

あるインストラクター(コーチ)を中心としたアクティビティーコミュニティーがあったとします。その活動頻度とメンバーの広がりは満足度の継続に比例するはずです。

 

このプロセスの中に自然な流れによるマネタイズポイントが浮き彫りになってくるはずです。

 

コミュニティー経済圏という発想は新しいものではなく、小生が参加もしているケースでいうと時代開発工房(中島孝志さん)が主催する原理原則研究会はその元祖かもしれません。

 

https://www.keymannet.co.jp/

 

コミュニティ経済圏構築に関してご興味ある方

ブレストしましょう!!!

https://hbw.heteml.jp/healthbizwatch.com/inq/inq.html