健康ビジネスプロジェクトの現場から!

ヘルスビズウォッチ編集主幹&スポルツ代表の大川が健康ビジネスプロジェクト現場で学び、気づいたことを綴って行きます!


テーマ:

健康経営の現場づくりを支援してきて気づき、学んだことの備忘コラムです。

 

そもそも健康経営とは

「従業員などの健康管理を経営的視点で考え、戦略的に実践すること。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます」

※  経済産業省 健康経営銘柄ウェブサイトより

 

健康経営が標榜する方向は本来どんな団体・コミュニティ・企業も目指すべき姿であることは間違いない。間違いないけれども、そうでなかった過去の呪縛から未来に向けての進化の過渡期に我々はいるのだとつくづく感じています。

 

職域における健康管理に関していえば、どちらかといえば管理側の都合で進められてきたのが今までです。なので、従業員の多くは受動的であり、やらされている感覚満載でその期間や実施しても終われば忘却の彼方、、。

 

健康経営の試みがうまく機能し始めている企業に共通することは

・  働き方改革の視点

・  人財育成の視点

・  健康増進の視点

・  環境づくりの視点 という4つの視点からアプローチしている点です。

 

実はこれらは全て連動しています。チームで協力し合いながら解決行動を推進していくイメージです。

 

職域の健康課題に対して、今までやっていなかった適切な策を講じると成果が出ます。

しかし、達成した状態は何もしなければ一時的な結果となり維持できません。

職域の健康状態も経営状態と同じく変化の連続です。自律的自走構造を実現しないと健康経営は成立しません。ここが今までと違う点です。

 

変化に対応していく組織として既存の制度や価値観、先入観なども問い直しながらの活動が健康経営の本質だと思うのですが、そこに必要なのは声の大きさで決まる管理ではなく、その場の空気を良好に循環させるようなリーダーシップなのだと思います。

 

では、リーダーシップとは?

ここに極めて明快なリーダーシップ定義があります。

B2Bhack.comを運営する飯室敦史さんによるものです。

https://www.b2bhack.com/works

 

●  ビジョンを示し、実行する

●  自らを破壊して、変革する

●  人を動機づけて、成長させる

●  職位に頼らず、合意する

●  危機感を共有し、行動する

●  顧客目線で評価し、加速する

 

→受動的から能動的へ

→ボリューム追求よりバリュー重視へ

 

ここで気づいた方も多いと思います。

 

「リーダーシップを発揮し展開する健康経営はイノベーションそのもの!」だと。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kouheiohkawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。