健康ビジネスプロジェクトの現場から!

ヘルスビズウォッチ編集主幹&スポルツ代表の大川が健康ビジネスプロジェクト現場で学び、気づいたことを綴って行きます!


テーマ:

 

Food-tech (フードテック)という言葉をご存知ですか?僕なりの解釈で定義すると、ICTを駆使した新しい「食」の価値創造提案となります。

 

「食」の領域は健康&ウェルネスビジネスにとって極めて重要なファクターで避けて通ることはできません。だからこそ進化する「食」への期待も大きいのだと思います。

 

僕が注目しているFood-techカテゴリー3つ紹介してみたいと思います。

 

●  Fooducation(フードケーション) ※フードとエデュケーションの合成語

食生活の品質をより健康的にアップさせていくサポートを持ったサービスのことです。

対象者の食生活行動に寄り添い、食のバランスや内容選択やタイミングを学び、その品質を高めていくサービスモデルになります。

 

食事記録をベースとした栄養バランスコントロールやダイエットなどを目的としたものが主です。

この食事レコーディングという手法は手間がかかることは事実なのですが、ココに挙げた2社は継続利用をサポートする継続ドライバの使い方がうまく魅力を発揮しています。

Noom

https://www.noom.com/jp/

あすけん

http://www.asken.jp/

 

 

●  Trade up & replacement(トレードアップ&リプレイスメント)

フードテックのドン真ん中の食品のことですが、今までの食生活をより良くするための新しい食品になります。課題解決型食品とでも言いましょうか。

 

サプリメントや今大注目の機能性表示食品などもこのカテゴリーです。

僕が注目している中から2つ!

 

BASE FOOD のBASE PASTA

パスタ1食で完全栄養食を実現しているもの。味も美味しいし、個人的にも期待しています。

https://basefood.co.jp/

 

Beyond Meat.com(米国)のベジーミート beyond meat

植物由来のミートです。

http://beyondmeat.com/

 

食物の素朴な味やポテンシャルを残しつつ、テクノロジーとの掛け合わせで課題解決提案していくこのカテゴリーにものすごく可能性を感じるのは僕だけでしょうか?

 

●  Delivery & table (デリバリー&テーブル)

食の提供方法のICTを使った新たなる進化マッチングサービスです。

 

OISIX

有機野菜宅配販売のオイシックスはこのカテゴリーではすでに老舗でもありますが、存在感はなお輝いているし今後にも期待できますね。

https://www.oisix.com/

 

UberEAT

レストラン食事の配達サービス

https://www.ubereats.com/ja-JP/tokyo/

 

食事のデリバリー改革と言っていいこれらの動きはもっと洗練され利用価値も明確になってくるはずです。

 

そして最後は

kitchHike

食でつながる地域コミュニティサービスです。

料理をつくる人(cook)と食べたい人(Hiker)がkitchHikeを通じて集まり、一緒に食卓を囲むことで美味しい体験を共有していきます。(webより抜粋)

https://kitchhike.com/

 

食事の時間品質に新たな化学反応を生む極めてユニークなサービスですが、食卓の本質に迫っていると言えると思います。

 

さて、今回紹介したのはほんの一部なのですが、Food-Techの今後の進化を僕も追っていこうと思います!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kouheiohkawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。