健康ビジネスプロジェクトの現場から!

ヘルスビズウォッチ編集主幹&スポルツ代表の大川が健康ビジネスプロジェクト現場で学び、気づいたことを綴って行きます!


テーマ:

新事業開発畑だけをひたすら這いつくばってきたぼくですが、この領域でのアプローチは基本的には3つしかありません。

 

●  自社シーズ(技術)から発想する

●  同業種をマネしてキャッチアップする

●  他業種から学ぶ

 

全くのゼロベースから発想するというアプローチも事実ありましたが、構築に至るまでの時間が読めず、途中で頓挫した現場をいくつか経験もしました。

さて、ウェルネス&ヘルスケア領域の新事業開発はどうなっていくのか?にフォーカスして整理してみたいと思います。

 

今までの事業開発のメソッドと今後のメソッドは変わっていくと実感しています。特にウェルネス&ヘルスケア領域では顕著にそのメソッド採用の効果が出始めています。

 

「テクノロジー・プッシュから顧客目線発想へ」

自社シーズに拘るあまり顧客目線が埋没してしまうケースを何度も見てきました。技術力がある企業こそ、サービスドミナント・ロジックへのシフトを根本的に行うべきです。

 

自社シーズからの開発であっても、それが顧客目線での有用性と結びついたとき、可能性が具現化に向けて歩み始めます。具体的に申し上げると顧客が感じている、体験している「不」の解決に自社シーズ(技術)が貢献できるときがそれです。

 

・  不便

・  不満

・  不快

・  不必要

・  不確実

・  不誠実

・  不足

 

これら顧客の「不」に貴社のシーズはフォーカスできそうですか?

 

「me too そして同質化の中での本質的ニーズの探査」

次に頻繁に行われているのが、同業種の他社追随です。キャッチアップというと少しかっこいいですがマネっこです。注意したいのは同じようなことをするのだから少し独自の色を出そうという中途半端なアプローチが乱立するのもこの路線です。今まで各社常套手段でした。

 

しかし、時代のトレンドに乗っているのではなく受動的にトレンドに引きずられていることに気づいていないケースが多いです。

実は、新しいブームの起こりの背景や受容する生活者の本質的ニーズをきっちりと把握しておかないとこの追随活動は永遠に続くことになります。そして、追随は短命化が進むはずです。ブームの陰にある本質追求は必須です。

 

例えば、大手企業になればなるほど、me too化が多発します。多発した me too領域での新たな価値創造にチャンスがいっぱいあります。ここに顧客の隠れた欲望を引き出せれば大きく化けます。

 

大手フィットネスチャーンがやっていなかった、やりにくかった成果保証を「結果にコミットメント」でひっくり返したライザップなどがその例です。

 

「他業種はビジネスヒントの宝庫」

ウェルネス&ヘルスケア領域の新事業アプローチで最も力を入れて欲しいのが他業種に学ぶことです。

昨今進みつつあるIoTやシェアエコノミー時代の進化は業界の境をも破壊してしまうでしょう!あらゆるものがネットでつながっている時代のマーケティングもサービスづくり、ビジネスづくりも変わっていくはずです。いや、変わり始めています。

 

・  競合は協力者へ

・  伝えるメッセージから分かり合える共感へ

・  所有からシェアへ

・  価値提供から価値共創へ

・  企業成長からお客様成功支援へ

・  顧客認識を受動的存在から能動的存在へ

 

ウェルネス&ヘルスケアプレイヤーが学ぶべき他業種は全てと言いたいところですが、最近ぼく達が注目しているのは

・  教育・研修・学習

・  育児

・  ゲーム

・  個店外食

・  ユニーク中食

・  ネットショップ

・  ポップアップストア

・  カウンセリング

・  保険

・  金融

・  旅行

・  ユニークアプリ

・  スマートデバイス

・  事業者向けサービス

・  祭り&伝統行事 などです。

 

ウェルネス&ヘルスケア領域のビジネスモデル進化は顧客や他社との互恵関係を発展させていくエコシステム構築へ向かうはずです!!

 

今回の内容でディスカッションしませんか?

気軽にお声掛けください!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kouheiohkawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。