開校12年、解剖生理学に基づいた充実の内容

産婦人科看護師として培った知識、ベビマ指導者としての12年の経験をお伝えするためにテキストは代表自ら執筆  即実践できるプロ養成講座です


【学科】

●基本理念 まずは講師の自己紹介。母子の笑顔のためへの熱い想いを伝えます

「虐待・育児放棄根絶」「親子の絆を育むお手伝い」の理念をお伝え

       

●法律上の見解 マッサージ=治療 日本の法律でみるマッサージとは 教室運営のために


●はぐくみ ~小さくたって大きな命~

子供の潜在能力を知る

子供の人格を認めましょう (胎児記憶・胎児前記憶)

「雲の上でママを見つけた」などの胎児前記憶や「お腹の中での記憶」の実例を示し「子どもの心」を覗いてみましょう

  

乳動物の掟・ 哺乳動物における母子間の「人間は哺乳動物」です。哺乳動物としての本能の行動を知る

 

●虐待、育児放棄の実態 私が子育て中、実際に同じ町内で起きた「虐待殺人」TVのニュースの中だけのことではない日本の実態を伝えます


赤ちゃんはなぜ泣くの?(泣く事が乳汁分泌に関係する訳)ママたちの声で多い「夜泣きするから大変」それは夜泣き?成長に必要な啼泣?赤ちゃんの生理を知ると楽になる知識をお伝え


●解剖生理学に基づく効果 
 ・ベビーポジショニング(丸抱っこ)
 ・皮脳同根説  母親の胎内から外界に移行した赤ちゃん。「泣く」には理由があった!新生児が安心する寝姿。肌に触れると安心する理由を解剖学と共に


●環境整備 安全な教室運営 私たち指導者は「マッサージ方法を教える先生」だけでなく「事故のない安全な環境を提供する」教室主宰者です


●オイル学 肌を健やかに丈夫に育むオイルで「マッサージ&スキンケア」

 

●留意する点 教室での指導を実際の例で注意点をお伝え

 

●カウンセリング表と方法 教室のスタートは参加者の健康状態のチェックから


●参考資料アロマセラピー Mini解剖生理学 バーストラウマ


赤ちゃんマッサージ実技偏へBaby