明けましておめでとうございます。

今年も年明けより現場へ行ってきました。

寒さに負けず今年も頑張ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

光ファイバーを使用する際に様々なアレンジが可能であることを何度か申し上げました。

  • 光ファイバーの先端を発光させる
  • 光ファイバーの側面を発光させる
 
 
 
 
 
こちらは先端の発光、そして側面の発光の両方を生かしたファイバーボールになります。
光ファイバーは発光加工する部分が長ければ長いほど光自体は弱まってしまいます。
また、光源側の発光が先端部分より強くなってしまいます。
こちらのファイバーボールは長さも短くはっきりと光るため、光ファイバーの特性を生かした商品となります。
 
 
 
 
 
 
 
光源で色や動きをつけることも可能です。
詳しくご覧になりたい場合はHPのコンタクトよりご連絡ください。