今年最初のゆの里

テーマ:

九州からそのまま、ゆの里へ。

今年最初の勉強会「水曜会」です。
 
2018年。戊戌(つちのえ、いぬ)年。
 
空海さまを高野山へ導いたとされるのも白と黒の二匹の犬。
 
ゆの里にとって節目の大切な年になるに違いありません。
 
12年サイクルで回る干支。
12年前は、どんなことがあっかな?
24年前は?
 
そんな風にゆの里の歴史を振り返ると、これからの12年に向けての今年の行く道が見えてきます。
 
さらに、戌年は11番目の干支。
その11という数字に深〜い意味がありました。
 
2018を足していくと11になりますしね。
 
「宇宙は数字の秘密で成り立つ」とも言われているとか。
今回の水曜会のテーマは、戌に象徴されるものは?さらには、数字で紐解く、ゆの里の2018年でした。
 
とても興味深く、今年は、ますますゆの里に集まる情報から目が離せません。
 
恒例の5月と10月のゆの里&高野山ツアー。
10年近く続けてきて、リピーターの方も増えています。
今年は、ちょっと長めに重岡社長のお話の時間を取った方がいいかもしれないなーと、もっと重岡社長のお話を聞いてもらいたいなー。
そんな風に思う、今年初めての水曜会でした。
 
いつもは遠慮して、(ホントに!)、ツーショットなんてお願いしないのですよ、私。
 
でも、今日は年の始め。とても深いいいお話を伺った後だけに、トクベツ!
ツーショットをお願いしちゃいました。
 
{1F05E883-7E63-40C5-9A8E-9931AAC098D3}
 
ホント。ゆの里という「場」はすごいです。
ここにいろんなひと、こと、ものがお水を通して集まってきます。
 
それを重岡社長が編集。
私たちにもわかりやすい。実践を伴う「実(じつ)」のお話にまで落とし込んで下さるのです。
 
 
 
{191C199A-BF99-413A-87A8-7A334C415BFC}

 
今年も、ゆの里のお水をお届けしつつ、お水に教えてもらったことを、少しずつでも分かち合いながら、実践していきたいと思います。
 
戌年のお水の行く道。さぁ、私たちもついていきましょうね!