私たちがとても大切に、そして頼りにしている「ゆの里」のお水。

ゆの里のお水をいつも清らかに、濁ることなく届けてくださる、
その姿勢を見て、「お水の番人」と呼ばせていただいていた
ゆの里の専務、重岡昌吾さん。

でも、最近、私は重岡専務のお役目はただただ、
自分を「無」にして御水の番をしているだけじゃないな、
と感じています。

それは、25年を越える、ゆの里の日々の積み重ねの中で、
またゆの里に集まる水の研究者や
水の力を感覚で分かる人たちの意見や知見を
自分の体験と合わせて消化吸収した
岡専務だから理解できている水の情報。

それを伝え、広めるお役目も同時に担っておられるのでは?
ということです。

私のゆの里フリークぶりは、みなさんはよくご存知だと思いますが、
ゆの里に行く理由は、もちろん、温泉につかり、
美味しい料理をいただき、癒されるということもありますが、
ほんとうは、この重岡専務の元に集まる最新の、
そして深いお水の情報を専務からシェアしていただくのが、
この上なく興味深いからだと、今では思います。

その専務のお話を、東京でもしていただこうというこの企画。
今年の5月の会はあっという間に満員になってしまって、
お断りをするほどでした。

今回は、より多くの方に聞いていただけるよう
11月の9日10日と2回の開催となりました。

どちらも午前中、新宿と中野。
交通の便のいい場所で、です。

主催はゆの里さんですが、
東京の事務局としてプロ・アクティブがお手伝いをさせていただきます。

詳細決定しましたので、まずはここでお知らせしておきますね。

月のしずく 」を飲まれている方も、まだの方も、
お水のお話、聞きにいらっしゃいませんか?

くわしくはこちらのサイトから ↓
★ゆの里 重岡専務のお水のお話会in東京

お申込みは、直接お電話でも承ります。
0120-61-5522
㈱プロ・アクティブ