飲食店や理髪店、コンビニ、最近では広告等にも1時間1800円〜2000円、90分3200円で家庭教師が頼めるような広告宣伝チラシがある。


一見、いかにも安くて良いような感じだが、正規の家庭教師会社で家庭教師を依頼した場合


1時間あたりでは5000円以上になる。

(いわきのような地方の場合はその程度だが、首都圏ではさらに上である。また教師のランクによりさらに上。)


1時間5000円が高いか、安いかは人によって違うとは思うが


景気が良くなりデフレ脱却となれば安いと感じるかもしれない。


ただご家庭は1時間5000円以上の授業を家庭教師にそのまま求めてくることに変わりはない。


そして、家庭教師につけが廻ってくる。


では上記の1時間1800円〜2000円、90分3200円の業者は本当に良いと言えるのか?安いと言えるのか?


そもそも1時間1800円や90分3200円の業者は家庭教師会社ではない。


教材販売会社である。


安い時給で家庭教師を頼める引き換えに、数万から数十万、場合によっては数百万の教材を販売している。


そしてローンを組まされる。


お問い合わせ、ご相談の中で多いのがそのようなものである。


コロナで学校の授業が遅れている時期


特に注意が必要である。