口コミになる、ウワサになるお店をつくる〜販促広告コンサルタント・マエダカズノブログ


売上げや集客にお悩みの経営者・店主の皆様へ
「らしさ」を生かす経営・販促・広告指導や講演を行なっている
販促広告コンサルタントのマエダカズノブのブログです。
広告マネジメント・プログレス代表。
中小企業庁・中小企業支援事業ミラサポ登録専門家

自分らしい等身大の商売で繁盛できるように、
クライアントの理念や商品・サービス、広告など見直し
経営改善や安定へつなげるコンサルティングをしています。

twitter_logo_header.png  ←ツイッターにて随時つぶやき中です







  • 01Mar
    • 今年度も多くのミラサポ相談対応をさせていただきました

      中小企業庁中小企業支援事業「ミラサポ」の広告専門家としての今年度の派遣事業が終了しました。今年度も多くの商工会様・企業様から広告相談のご依頼をいただきました。誠にありがとうございました。また、事後評価も相談企業様からは平均4.7☆派遣元様(商工会様)からは満点の5☆という高評価をいただきました。【相談者の声】☆「親切に指導して頂きました。 即効・即断できてうれしく思いました。 体験を元にしてのお話は説得力があり、大いに参考になりました。」☆「自分で作成してはじめてわいてくる疑問や迷いに対して、 その場で的確にお答えいただきました。」☆「お店に来店して頂き、自社の強み等を客観的に教えていただきました。 時代の流れや傾向を教えて頂き、自社の進むべき方向を確認できました。」☆「前回の宿題にプラスして急遽新しい相談事案が発生したのですが、 臨機応変に対応していただき、今の悩みが解決できるような手厚いサポートを 受けることが出来ました。方向性が定まり、自信を持って前進できます。」☆「先生のアドバイス通り私自身のアピールをしてみた所、反響があり驚いています。☆「弊社の抱えるチラシ製作上の課題をきめ細かく分析して頂いて、 適切な助言を頂きました。今後の作業に反映させていきます。」新年度も相談者の視点に立った事細かい広告・販促アドバイスをさせていただこうと思います。自分らしい広告で売上げを伸ばしたい!お客様を増やしたい!とお悩みの経営者・自営業者の方はぜひお気軽にお近くの商工会や商工会議所へご相談ください。ミラサポを利用すると3回までは無料で専門家派遣サービスを受けることが出来ますので。https://www.mirasapo.jp/

      3
      テーマ:
  • 11Jan
    • 料金を載せなくても効果のあるチラシ

      お店らしさを活かすチラシ販促を得意とする山口市の販促広告コンサルタント・マエダカズノブです。毎月上旬はコンサル先各社で定期コンサルティングで山口県内を回っています。今日は契約して6年以上になるリフォーム会社でのコンサルでした。主な内容は毎月出す新聞折込チラシの打ち合わせなんですが現在のチラシが思った以上に効果を出せているのでこれといった変更点が無く半分、業界の話や雑談になっています(笑)しかし、そんな話の中に実はチラシのヒントがたくさん隠れているんです。私が手がけるチラシのほとんどは料金をほとんど載せない「人柄・店柄押し出しチラシ」。こういった雑談から、コンサル先さんの人柄や店柄を見出しチラシのデザインタッチやコラムなどに活かしていきます。それが読者に響き、「このお店なら信用できる」と思っていただいているのです。私の経験から言えば、商品サービスの料金を載せなくても人柄・店柄でチラシは十分効果を出せるのです。とくに高額商品を取り扱っている私のコンサル先さんは値引きをしてこない心の富裕層客が増える結果となっています。さて、あなたのチラシはどうでしょうか?焦ってとにかくお客を呼びたいと思って、安売り商品をたくさん載せたりお店のイメージとはかけ離れた安っぽいチラシデザインになっていないでしょうか?もう一度言いますが良いお客さんを呼び込むにはチラシに料金など載せなくても勝負が出来るのです。あなたの人柄や店柄がしっかり打ち出していれば。長い商品説明にはお客さんはほとんど興味を示しませんよ。あなたの人柄や店柄にお客さんは一番興味を示すのです。今回の話を自店のチラシを見直すきっかけにぜひしていただけたらと思います。プログレス 代表 マエダカズノブhttp://pro-gress.jp

      3
      テーマ:
  • 08Jan
    • あけましておめでとうございます

      あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたします新年からCIを変更させていただきました。「口コミになる、ウワサになるお店をつくる。」をキャッチコピーに地域の中小店の販売促進や集客アップにつながる広告づくりやアドバイスをさせていただきたいと思います。「あなたらしさ」を十二分に発揮させていきますのでぜひお気軽にお問い合わせください。プログレス 代表 マエダ カズノブ・販促・広告コンサルティング・広告デザイン全般・広告作りセミナー講演http://pro-gress.jp

      テーマ:
  • 01Oct
    • 開業14周年!15年目のテーマは「多様化への対応」

      こんにちは、山口市の販促広告コンサルタント前田カズノブです。「もっとお店らしさを引き出す広告を作りたい」ということで、起業して丸14年を迎えることができました。これもひとえにこれまでのクライアント様や関係業者様のおかげです。本当にありがとうございます。この1年もいろんなことがありました。新規クライアント様も倍ほど増え過去最高に忙しい年だったと思います。15年目に突入するわけですが今年度のテーマは「多様化への対応」です。私は折込チラシを中心に広告コンサルをしてきました。しかし、スマホ社会が急激に進んでいくなかチラシでは集客やお客さんとのコミュニケーションにある程度、限界があることを痛感しました。とくに動画を利用してお店や商品のことを伝えていく必然性を非常に感じています。そこで、私は新しい試みとしてクライアントさんのバラエティ番組を作る感覚でお店や商品紹介動画作りにチャレンジしています。いろんな年代の方々にどこかひっかかるような動画を発信していき、堅っ苦しくないコミュニケーションが視聴者と取れるようにと考えています。こうすることで、ニーズが多様化する社会で生き残っていく手段になるのではと思います。それでは、15年目のプログレス前田をよろしくお願いいたします。お店らしさでお客さんを増やしたい、売上を伸ばしたい方は販促広告コンサル&デザインのプログレスへぜひお気軽にご相談くださいhttp://pro-gress.jp/

      2
      テーマ:
  • 22Oct
    • おかげさまでプログレスは創業13周年を迎えました!

      本日10月22日をもちまして販促広告マネジメント・プログレスは創業13周年を迎えることが出来ました!これもクライアント様および関係取引先の皆様のご愛顧のおかげです。本当に感謝しております。13年前、総合広告代理店勤務から独立起業を決意したのは28歳の夏。もっとクライアントに寄り添って、広告や販促企画をじっくり作りたいというのが理由でした。数をこなすような広告代理店業界に嫌気がさしたのです。そして、なかなか繁盛できないお店を救いたいために広告代理店マンではなかなかいなかった「広告コンサルタント」をスタートさせました。教員志望だった素質を活かし広告を作るだけでなく、広告を教えることで商売していこう!と無謀にも決意したのです。もちろん、当時、全国的にも稀だった「広告専門コンサルタント」なかなかクライアントが付かず、苦労しました。しかし、あきらめず、セミナーや勉強会を開催し続け今では広告を教えるこの仕事で食べていけるようになりました。「広告を教える」ことが柱である広告代理店など全国的には非常に数少ないと思います。しかし、10年以上の歳月をかけて実績と知名度を上げ今では県内外でコンサルやセミナー講演などをするまでに。山口県、いや中国地方の、(本当は日本と言いたいところですが)広告コンサルタントのパイオニアとして現在、さまざまな業種のお店や会社を私の広告術でV字回復や経営体質の改善を果たしています。これからも、自分らしい商売を長く続けたいお店や会社のためにその「お店らしさ・会社らしさ」を活かした広告や販促をアドバイスし地域に無くてはならないお店・会社に育てていこうと思います。14年目も私自身、守りに入らず、常に勉強、進化して時代の流れを読みながら、クライアントが繁盛できるようなアドバイスやデザインを提供していきそれが地域経済の活性化までにつながるようにしたいと思います。これからもプログレス前田和信をどうぞよろしくお願いいたします。平成28年10月22日プログレス 代表販促広告コンサルタント  前田 和信

      9
      テーマ:
  • 31Aug
    • 繁盛店になるには普通と「逆」のことをすること

      山口市の販促広告コンサルタント&デザイナーでありお店のファンづくりコンサルタントのマエダカズノブです。先日、あるテレビ番組を観ていたときのこと。売れない漫画家(というよりは一発屋の落ちぶれた漫画家)が先輩売れっ子漫画家にアドバイスをもらうというシーンがありその売れっ子漫画家が言い放った言葉に共感した。「(売れる漫画を描くには)普通とは逆のことをすることだ」この言葉はシンプルで分かりやすいがいざやるとなると、そう簡単には出来ないことだ。私自身、独立起業してもう10年以上になるが元々広告代理店の人間で、広告のデザインや印刷の仕事をするのが業界的には普通の仕事だった。しかし、それは価格競争になってしまい限界があると考えたので売れる広告のしかたを教えるサービスつまり、広告コンサル業・講師業をメインにしようと思った。業界的には広告を「つくる」のが普通だが私はその逆で「おしえる」を仕事にしようとしたのだが当時の山口にそんな前例は無く、なかなか「広告を教わる」ということにたいしてお金を払うお店がいなかった。そのなか、紹介ではあったが広告コンサル先を初めて獲得したときは今までのどんな仕事を取れたよりも嬉しかった。しかし、教えると言うことはそんなに簡単なものではなかった。教えても、なかなか成果が出ない時期もあった。教えても、コンサル先が思うように動いてくれない時期もあった。「おしえる」経験値が不足していたのだ。そのときそのときでいろんなビジネス本を読みあさって自分なりに解釈しクライアント分析力や自分なりの教え方を身につけていった結果売上げを伸ばせるコンサルタントになっていき広告コンサル業で食える状態までなれたのだ。普通の広告代理店ではしない努力をこれまでたくさんしてきたと思う。こうして、私は県外に飛び出し、西日本を中心にコンサルやセミナー講演で駆け回れるようになるまでになれたのだ。もちろん、自社の経営だけでなくコンサル先にも「普通とは違うことをしましょう」「逆のことをしましょう」と指導して、個性的なお店を次々と生み出して売上げを伸ばしている。なので、つくづく考える。繁盛店になるためには普通の店とは「逆」のことをすることだと。あなたのお店はいま、どうでしょうか?他の店とあまり変わらない商売をしていませんか?だから、売上や集客に苦しんでいませんか?そのときはぜひお気軽に私にご相談ください。売上げを伸ばす広告コンサル・セミナー講演のことなら広告・販促代理店 プログレス前田カズノブ まで

      4
      テーマ:
  • 23Aug
    • すぐにポイッと捨てられないチラシ

      山口市の販促広告コンサルタント&広告デザイナーの前田カズノブです。おそろしく暑い日が続きますねぇ・・・そんな暑い中、毎月下旬恒例のチラシデザインラッシュの真っ最中です。私の手がける新聞折込チラシは自分で言うのも何ですがとにかく手が込んでいます。内容が濃いとよく言われます。ほかの広告代理店や印刷会社の人が見たら「ここまで細かくウチは出来ません」「デザイン料が◎◎十万かかりますよ」と言われるそうです。私の手がけるチラシはとにかく長期保管型。パッと見て、インパクトがありしかも商品や会社、スタッフ情報などが満載。コラムなど読み物としても読者には好評でファンの中には毎月チラシをファイリングしている人もいるとか。また、基本的に社長さんや社員さんの顔を載せるので地元ではちょっとした有名人になっていてそれも会社やお店の信用度アップにつながっています。つまり、プログレス前田がデザインしたチラシはすぐに見てポイッと捨てられるチラシでないのです。保管期間が長いということは、問い合わせも客単価も上がり私がチラシコンサルをしたところは売上げや集客、客単価が平均2割ほど上がっています。売上げの現状維持が大変ななかでこの数値は良い方だと思います。しかも、必要最小限の広告費で。それも、とにかく細かいところまでこだわってデザインし長期保管型、いや長期反響型のチラシを私が時間を惜しまずデザインしてきた結果だといえます。ファンを増やすチラシは情報満載の長期保管型チラシであり、かつ紙面に連載ものが多い方が読者も増えていきます。・・・といったことを来月の鳥取でのチラシ作成セミナーではお伝えしようと思います。良いお客さん、良いファンを集めたいならもっとチラシ作りに時間をかけて、内容にこだわること。それが、チラシ販促コンサルティングで10年以上やってきた販促広告コンサルタント&デザイナーである私の格言です。チラシなど各種広告デザイン・広告コンサル・セミナー講演のことなら広告&販促代理店プログレスへ

      テーマ:
  • 07Aug
    • 近況報告

      山口市の販促広告コンサルタント&広告デザイナーの前田カズノブです。久々のブログ更新になってしまいました💦ここ1ヶ月は盆と正月が重なったような忙しさでした。とくに多かったのはチラシデザインと県外出張。チラシデザインでは、県外とくに岡山県からのご依頼が多くとにかく細かなところまで妥協せずにデザインする主義ですので寝る間を削って、7月はデザインに勤しんでました。口コミによるご依頼も嬉しかったですね。また、県外出張といっても全て岡山県なんですが中小企業支援事業「ミラサポ」登録専門家として商工会さんのご依頼で、岡山の個人店などに広告指導に伺ったり2回シリーズで浅口商工会さんで販促チラシ作成セミナーの講師をさせていただきました。セミナー修了後は受講者の列ができ、質問攻め。商工会担当者も「これだけセミナー後に(受講者が)残った講師はいませんでしたよ」と絶賛されていました。それだけ、心を打つセミナーをさせていただくことが出来たってことですね。私にとってもとても励みになりました。また、7月は山口県内でのコンサルティングや観光プロジェクトの仕事も重なり猫の手も借りたい状況でしたがまだ、その忙しさが続いている状況です。しかし、こうやって、忙しくさせていただいてるのはそれでは私のデザインや販促アドバイスを高く評価していただいている証拠だと思います。勝って兜の緒を締めよ、ではないですが、この忙しさに甘えず販促広告コンサルタント&デザイナーとしてひたむきに、お店の繁盛や経営安定に貢献できるよう目の前の仕事に集中していきたいと思います。2016年後半もたくさんのご依頼をお待ちしています!チラシなど各種広告デザイン・広告コンサルティング・セミナー講演のことならプログレスへ

      テーマ:
  • 24Jun
    • 小よく大を制すことこそ、中小店の販促戦略

      山口市の販促広告コンサルタントの前田カズノブです。昨夜の「ガイアの夜明け」で長年黒字経営を成し遂げるリフォーム会社が紹介されました。その戦略は、まさに私がコンサル先のリフォーム会社に指導してきたものでした。大きな仕事(数百万のリフォーム)につなげるにはまずは小さい仕事(家の補修や修理)を迅速に行い、お客の信頼を得ていくことを優先させること。しかし、これは実際になかなか難しいことなんです。はっきり言って利益の出ない仕事が増えるので手間ばかり取られ、どの業者も本腰を入れてやろうとはしません。しかし、製品で他社と差別化しにくいリフォーム業界ではそれが唯一の戦法だと私も言い続けてきました。その会社は結果、お客の信頼を得て値引きしなくても大口受注が取れる会社へ成長しました。この成功の秘訣は「我慢」だといえます。利益が出るまで、お客の信頼を得るまで我慢しサービスを提供し続けること。それしかありません。昨日、新しいコンサル先となる大手企業の担当者にも同じようなことを伝えました。「柔よく剛を制す」ならぬ「小よく大を制す」小さな仕事を大切にすることが大きな仕事につながる。どの業界の成功法則だといえます。また、コンサル業の私にとってもとても教訓になった昨夜の放送でした。コンサルでもデザインなど細かい仕事を大切にしコンサル先に貢献していくことを改めて誓いました。

      1
      テーマ:
  • 23May
    • ティーチングとコーチングを組み合わせたコンサルティング

      「らしさ」を広告や商品に生かして地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。いま、コーチングをされている方の名刺デザインを作っていてハッと思ったことなんですが、ビジネスにおいて、コンサルタントとコーチのイメージはだいぶ違うと思います。それはどういうことか?世の中の経営者のほとんどは「コンサルタント」にたいしてあまり良いイメージを持っていません。私の経験上。その理由としては「偉そうだから」「上から目線でモノを言うから」「アドバイスが一方的だから」「現場を知らないから」などなど。ティーチングも似たイメージがあるようです。なので、私がコンサルタントとして名刺を差し出すときはいつもどんなイメージで思われているのかドキドキします(苦笑)ただ私のコンサルを知っていただくとそういったコンサルのイメージとは違うことを理解されます。要はコンサルタントはイメージの悪い職業なんです(涙)一方、コーチですが、コンサルとは逆に好印象(笑)コーチは対象者(コーチを受ける人)と同じ目線からアドバイスを行い、しかも、聞き役・引き出し役ということで対象者の信頼が厚い職業だからと思います。ただ、私の場合はコーチングとティーチングを上手く組み合わせたコンサルティングを行なっています。つまり、広告や販促において一方的なアドバイス・指導ではなくクライアントの声にしっかり耳を傾けながら売上げを上げるために最適な問いかけをしてクライアントの自発的な言動や行動を促しながら状況に応じて具体的で専門的なアドバイスを行うというのがプログレス前田流のコンサルです。コンサルというよりは、ティーチングコーチといったほうが良いのかもしれません。コンサルの悪いイメージ、誤解を解くためにもコンサルという肩書きを捨てようと思った時期もありましたがやはり私はコンサルタントです。私の仕事ぶりでコンサルのイメージを払拭していきたいと思っています。ティーチングとコーチングを組み合わせたコンサルティング、それが、前田カズノブの販促広告コンサルティングです。前田カズノブ販促広告コンサルタント・広告デザイナー広告代理店プログレス代表中小企業支援事業ミラサポ登録専門家コンサルティング・個別会社訪問指導・セミナー講演のご依頼はこちらから↓ホームページ http://pro-gress.jp

      1
      テーマ:
  • 29Apr
    • 誇大広告で売上げを上げていっても良いことにはならない

      「らしさ」を最大限引き出して地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。突然ですが、コンサルタントにもいろんなタイプがあります。コンサル先に誇大広告や執拗な営業活動を強いらせ多額のコンサル料や広告費をかけさせ売上げは一時的に急激に上がるものの現場が追いつかず、スタッフも入れ替わりが激しくなりお客さんの信用も無くしていき結果、売上げは減少していくという「うさぎとカメ」のうさぎ的のコンサル。別名、一発屋生産コンサル。一方、私のように、コンサル先に無理をさせずにいま出来ることでありのままの広告や販促活動を行い徐々にお客さんの信用を獲得していき、ファンを増やしていき売上げの基盤を確実につくって地域に根ざした店にしていく「のろまなカメ」タイプなコンサル。もし、コンサルを頼むとしたらあなたはどちらのタイプのコンサルを頼むでしょうか?商売は長く考えて欲しいと私は思います。売上げが欲しいからと言って、自分やお店の力量を越えてかなり見栄や背伸びをした誇大広告で売上げを上げていっても最終的には良いことになっていません。いま、あなたは誇大広告を助長するコンサルに頼んでいませんか?まぁ、コンサル信者状態なので、コンサルの言うことは神的な感じであなたがどれだけ周りから白い目で見られているのか気づいていないでしょう。最近、私はFacebookなどを見ていてこのことをとても感じています。つまり、自分の力量以上の誇大商品・広告を展開して最後に自滅するんだろうな…というFB友達がいるということです。もう一度、言います。誇大広告で売上げを上げていっても良いことにはなりません。ありのままを伝えて、お客さんと良い関係を気づいていくことこそ一生、商売を続けられる秘訣だと思います。(お知らせ)久しぶりに私の広告販促勉強会「前田販促塾」を山口市で開催します!参加者を募集中です。日時は、5月11日(水)19:30~21:00会場は、維新公園内の県スポーツ文化センター第1会議室です。参加料は無料。申し込みはこちらから→問い合わせフォームぜひお早めにお申込みください!

      1
      テーマ:
  • 26Apr
    • 5月11日(水)山口市で私の販促広告勉強会を無料開催!参加者募集!

      「らしさ」を最大限引き出して地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。久しぶりに私の広告販促勉強会「前田販促塾」を山口市で開催します!日時は、5月11日(水)19:30~21:00会場は、維新公園内の県スポーツ文化センター第1会議室です。参加料は無料。ぜひお早めにお申込みください!

      2
      テーマ:
  • 18Apr
    • 有事における企業広報・広告のあり方

      「らしさ」を生かして売上げを伸ばし地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。改めて、このたびの熊本・大分等で発生した大地震による犠牲者およびご親族・関係者の皆様へお悔やみを申し上げるとともに被災され避難生活を送られている方々へお見舞い申し上げます。広告の仕事に携わっている立場の人間としましてはこういう有事の発生時、企業やお店、各自治体・団体の広報活動でそれぞれの姿勢やスタンスが見えてきます。まずは被災地に対する哀悼の意とお見舞いを表し被災者支援を具体的に広報する企業。逆に、まるで対岸の火事かのように通常業務のお知らせ、営業活動をそのまま広報する企業。(もしかしたら裏では支援活動を行なっているかも知れないですが)お客さんはそのスタンスをしっかり見ています。ここで買ってもいいものか、ここに頼んでもいいものか。私は広報・広告というのは営業内容のお知らせだけではありません。企業の姿勢やスタンスを知ってもらうための最大の手段だと思います。高度情報化社会、つまりネット社会になっているからこそホームページやFacebookなどのSNSでリアルな生の企業姿勢を示していただきたいと思います。(姿勢と言うよりは、もう気持ちの問題でしょうね・・・)最後に、今回の熊本大震災についてわたくしプログレス前田としても、必要物資の供給や義援金など具体的に動いていきたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 17Apr
    • 熊本大震災についてお見舞い申し上げます

      このたび熊本や大分で発生した大地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに被災された方々におかれましては心よりお見舞い申し上げます。なお、プログレスとしてましては被災地支援のため、義援金を送りました。被災地の早い復興を願っております。プログレス 代表 前田 和信

      テーマ:
  • 07Apr
    • 2年後も効くチラシ

      そのお店らしさを最大限生かし地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。「チラシ効果が無い…」と嘆いている人が多いんですがそれは単純に「すぐに捨てられるようなチラシ」だからです。昨日、指導先のお店の3月の売上げを確認したところ昨対比150%アップという驚異の伸び率を記録し私は驚くとともに、店主と一緒に無邪気に喜びました。それも、ずっと折込み続けているチラシの効果だといえます。そして、そのチラシは長期保管型チラシとして仕掛けたチラシなので、おそらく他店のチラシと比べて保管率は10倍、20倍だと予測しています。その証拠に、1年前のチラシを見て電話をかけてこられるお客さんがいます。ほかの指導先では2年前のチラシを見て電話をかけられてきたお客さんも。それほど、私の指導するチラシは長期にわたって効果を発揮するのでチラシを折込み続ければ続けるほどチラシ保管客は増えていき、売上げや集客に影響してくるのです。ちなみに150%アップを記録したこのお店は今年に入って平均120%の伸び率を示し生き残りの厳しい業界でご活躍されています。では、そのような長期保管型チラシはどんなチラシなのか?それは…正直、企業秘密です(笑)ぜひ、私の定期広告コンサルをお申込みいただけたらと思います。詳しくはhttp://pro-gress.jpをチェックされお問い合わせいただけたらと思います。2年後も効くようなチラシをお作りしますよ!(^^)販促広告コンサルタント・前田カズノブ(プログレス 代表)☆ほめ達3級取得http://pro-gress.jp

      1
      テーマ:
  • 01Apr
    • 10周年おめでとうございます!

      コンサル先さんが開業10周年ということでお祝いを持って行きたいと思います。プライベートでもお世話になった小郡のお花屋さん・花の森さんで素敵な観葉植物を購入して。さて、20周年、30周年が祝えるようにバックアップしていかないといけませんね(^^)

      1
      テーマ:
  • 31Mar
    • いっぱい失敗をしよう

      そのお店らしさを最大限生かし地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。「今年もいっぱい失敗をしよう」この言葉は、私が尊敬するプロレーサーが今年の年頭の所信表明としてブログに書いてあった言葉です。いや、この方だけで無く、ほかの有名人も同じようなことを言っていました。年を取るにつれ、失敗がだんだん怖くなる、失敗したくないと思っていた私にとってハッとさせられた言葉でした。先日、新規のクライアントさんとデザインのことでメールでやり取りしていました。私としては、メールのほうが確実に文面として残るのでお互い確認しながら作業を進めることができ仕事のミスが起こりにくいと考えていましたが最終的にミスが起きてしまいました。その原因は、メールでは伝わりにくい文章のニュアンスの問題だったと思います。距離が離れているクライアントさんだったのですぐに会いに行くことができなかったのですがもっとこまめに電話しておけば防げたミスだったと反省しています。しかし、そのクライアントさんには私の改善点を気づかせていただいたのでとても感謝しています。「失敗は成功のもと」と言いますが、今回の件は本当に勉強になり次はこんなことが起きないようにアクションを起こしている最中です。「いっぱい失敗をしよう」こういう言うと誤解を招くかもしれませんが最大限、気をつけた上での失敗は失敗として認め改善行動に移していける人間こそ商売で繁盛、成功していける人ではないかなと思います。失敗こそ、チャンスです。一緒に失敗して、進化していけるクライアントさんをどんどん増やしていきたいと思います。販促広告コンサルタント・前田カズノブ(プログレス 代表)☆ほめ達3級取得http://pro-gress.jp

      2
      テーマ:
  • 16Mar
    • アドバイスを素直に受け止める姿勢で売上げ20%アップ!

      そのお店らしさを最大限生かし地域ブランド店にする販促広告コンサルタントの前田カズノブです。確定申告が終わりましたが自営業者の皆さんは無事終わりましたでしょうか?売上げが上がった店、どうにか現状維持だった店そして、売上げをかなり落とした店などさまざまだと思います。そんな売上げについての話ですが、2年ほどコンサルしている飲食店のオーナーから先日、嬉しいご報告が。「前田さんのおかげで売上げが20%も上がりましたよ。 ありがとうございます!」20%アップと言ってもピンと来ないかもしれませんが例えば、年商700万円だった店が840万円になった計算で売上げが年間140万円もアップすると資金繰りは劇的に良くなります。では、この飲食店さん、なぜ売上げが2割も上がったのでしょうか。その一番の要因は、私のアドバイスをしっかり受け止めていただき実行していただいたことです。メニューの価格設定、メニュー開発、新聞折込チラシの作成、店内POPの作成などなど、通常業務で忙しいにも関わらず、本当によく頑張っていらっしゃいました。この努力の甲斐もあり、チラシによる新規客の増加、リピーター率のアップ、客単価の向上などを成し遂げこのご時世、個人店ではなかなか難しい前年比20%アップという増収を達成されました。なかなか第三者のアドバイスに素直に耳を傾けなかったり改革案を実行しない人、長続きしない人が多いのですが人のアドバイスを素直に実行し続けると必ず結果が出ることが今回の件で改めて証明されたと思います。しかし、売上げが上がったことでこの飲食店の店主のテンションはますます上がりました。このテンションこそ繁盛経営に大事でさらに売上げを上げ、経営安定店に出来るように私も誠心誠意アドバイスをしていきたいと思います。売上げを落としている方、伸び悩んでいる方へ人のアドバイスを無視していませんか?真摯に受け止めてみませんか?繁盛経営にはまずその姿勢、スタンスが必要だと思います。販促広告コンサルタント・前田カズノブ(プログレス 代表)ほめ達3級取得山口市小郡黄金町11-4-602TEL&FAX.083-972-5952http://pro-gress.jp

      2
      テーマ:
  • 25Feb
    • 3タン改革で、心身にゆとりある経営を

      そのお店らしさや想いをデザインし売上げを伸ばす販促広告コンサルタント・前田カズノブです。私のコンサルの特徴の1つに「3タン改革」があります。3タンとは、「時短・客単・Uターン」のことを言います。これはつまり、時短・・・営業時間を短縮すること・休日を増やすこと客単価アップ・・・価格や商品サービス設定を見直し、客単価を上げることUターン・・・主にこれまでのお客様の声や反応、そして店のやり方を振り返ったりして、商品サービスの見直しを図ること私はこの「3タン改革」をコンサルすることにより商品開発や休養が少なかったお店に勉強する時間やゆとりを持たせ客単価を平均2~3割上げることによって、売上げアップを達成してきました。日本人は働き過ぎと言われますが、まさにその通りだと思います。24時間働いているかのような社長の特集をテレビなどで見かけますが私から言えば、それはごく一部の人間が出来るのであって私のコンサルはどんな人でも凡人でも稼げる店になってほしいところがあります。それは、家庭や自分の時間も大切にしてもらいたいがためです。定休日無く働いている店は定休日を設け売上げの少ない時間帯があればスッパリ店を閉める!ちょっとした知恵と集客広告を使えば、長時間労働はしなくて済むのです。私の3タン改革によって、心身にゆとりある経営をしていただきたいと思っています。私のコンサルは広告アドバイスばかりが注目されますがこういった切り口による指導もしているのです。目指すはヨーロッパスタイルです。1日数時間の営業時間に商品もサービスも集中させ質の高いものでお客様を喜ばせたらいいじゃないですか。長時間営業の欧米スタイルにならって経営しても人間を疲弊させるだけで、社会は良くならないと思います。この3タン改革にご興味がある方はぜひプログレス前田までご相談ください。時間的に、精神的に今よりももっとゆとりを持って稼げる方法はいくらでもありますから。販促広告コンサルタント・前田カズノブ(プログレス 代表)ほめ達3級取得山口市小郡黄金町11-4-602TEL&FAX.083-972-5952http://pro-gress.jp

      テーマ:
  • 23Feb
    • これからは「ほめ上手」でなく「ほめ達」の時代

      そのお店らしさや想いをデザインし売上げを伸ばす販促広告コンサルタント・前田カズノブです。おとといの日曜に福岡まである資格検定講座を受けてきました。その名は「ほめ達検定」つまり「ほめる達人」検定です。現在、テレビや新聞などひっきりなしに取り上げれるほど注目の資格検定で私が受けた3級認定者は全国に2万4千人もいるそうです。今回の福岡での講座は満員御礼でした。参加者には医療介護関係者、学校関係者、広告代理店など幅広く女性のほうが多かったです。テレビの取材も入っていましたが、インタビューを受けていた参加者の声には受講の理由が「ほめ方がわからない」「部下をほめて伸ばしたい」などさまざまな理由がありました。私が受けた理由はコンサルタントとしてのスキルアップです。クライアントや商品をもっともっと褒めて伸ばすために。そして、このほめ達検定を受けてみて思ったのは「ほめるテクニック」を教えるという「ほめ上手」的な内容だけでなくほめる人間の心構えやモチベーションなども学ぶことができ「心身ともに『ほめる人間』への成長を促すこと」を目的とした検定でした。単なるほめ上手は「おだて上手」なだけですからね。心から人やモノ、出来事の価値を認めてあげて素直な気持ちでほめてあげることができる人間になることこそほめ達、つまり、ほめる達人だそうです。私はそのファーストステップの3級を取得しました。今後は上級資格も取得していくつもりです。ということで私の肩書きには新たに「ほめ達3級」が加わりました。これからは「ほめて伸ばす販促コンサルタント」として名前が知れ渡るよう頑張っていきたいと思います。らしさを生かした商品・サービスにしらしさを生かした広告や販促で売上げを伸ばすコンサルタント販促広告コンサルタント・前田カズノブ(プログレス 代表)山口市小郡黄金町11-4-602TEL&FAX.083-972-5952http://pro-gress.jp

      テーマ:

プロフィール

販促広告コンサルタント・前田カズノブ

性別:
男性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
山口県
自己紹介:
らしさ経営コンサルタント・前田 カズノブ らしさ経営コンサルティング・プログレス代表。 75年1月生...

続きを見る >

読者になる

らしさ経営コンサルタント・前田 カズノブ
らしさ経営コンサルティング・プログレス代表。
75年1月生。山口県出身。AB型。
経営者や店主らしさを生かす商品・広告アドバイスで
なるべくローコストで売り上げと利益を上げてきた
「らしさ経営コンサルタント」です。
中小企業支援事業ミラサポ登録専門家。
やまぐち産業振興財団登録専門家。
岡山県商工会連合会登録専門家。

山口県でも有数の総合広告会社を退職後、
「もっと現場を見つめて、販売促進につながる広告を手がけたい」
03年に広告代理店プログレス(進化・進歩という意味)を設立。
名刺から店舗デザインまで手がけられる幅広い制作能力と、
「現場を見ないと、売れる広告は作れない!」というポリシーで
自身が手がけたカーディーラーのフェアチラシでは
昨年比200%の集客を記録する。
もちろん、地元の中小企業・店舗の販売促進にも力を注ぎ、
その斬新な広告デザイン・企画で地域一番店にするなど
数々の実績をあげる。

05年から中小企業経営者向けの広告セミナー講師業もスタート。
自ら主催する「広告塾」では、塾生がローコスト広告術を学び
実践して売り上げを伸ばすという結果も残す。また、山口県のみならず
福岡県、広島県、東京という大都市でも熱弁をふるう。
類を見ない実戦型セミナーということでファンも多い。

そして、広告代理店マンとしては珍しい「広告コンサルティング」も
05年からスタート。長年の経験と独自のマーケティングノウハウより
コンサルデビュー戦にして、閉店寸前だった惣菜店をたった2ヶ月の間に月商を150%にし、繁盛店へ変えるという実績を残した。
その後、手がけている店舗の飲食部門の月商が5倍を記録したお店も。

現在は、広告のみならず、商品サービス・組織運営・人材育成など
幅広い視点でアドバイスしているため
「らしさ経営コンサルタント」と肩書きを変え
おもに西日本中心に活躍している。

講演・セミナー・個別指導などお問い合わせは
プログレスのホームページまたは電話FAXにてお願い致します。
http://pro-gress.jp

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス