イメージ 1
大村線 千綿~松原

諫早方面へ向かう下り列車を撮影できるポイント。

千綿駅にて下車、駅前の道を右折し約80mほど進む。R34号線にぶつかったらそのまま道なりに約1.3kmほど進んで行くと右手に小さな漁港が見えてくるので、この付近より側道に入り山道(舗装路・車も可)を上がっていく。
約400mほど進み左折後、少し進むと漁港を見下ろせる場所があるのでここが撮影ポイント。
千綿駅からは約2.1km、徒歩25分前後の距離。


光線状態は午前~昼すぎまで順光。時間帯が遅くなるにつれ列車サイドに影が廻ってきます。
付近に駐車場はありませんが、撮影ポイントよりさらに上へと進むと長崎道をまたぐ陸橋があるので、この手前の広いスペースに駐車可能。トイレ・商店等は無く、飲食料等は事前調達が必要。

作例は現場9:18頃通過の下り231Dのもの。

2016/5/20撮影