ひな人形ケースのガラス交換 | ガラス屋のブログ プリズム 窓ガラス119

ガラス屋のブログ プリズム 窓ガラス119

ガラス修理、アルミサッシの窓、
ドアの交換や修理、網戸の制作等の
仕事をしていますが、
いろいろな建物の窓ガラスやドア注意点や防犯の注意点
面白い体験、人々との出会いなど書いていきます
応援してください

ひな人形ケースのガラス交換

 
ひな人形の天板ガラスがわれてしまっている

天板がはずれる場合 外れない場合があります

ガラスケースを かぶせるタイプもあります

 

お人形が固定貼り付けされている場合

天板ガラスの交換は

天板が本体から外れないと


交換ができない場合があります
木枠ケースと天板は
接着材で取り付けてありますので

無理に外すと木枠柱が折れてしまう場合が

ありますので確認が必要になります

 

上記 画像のようにとりはずれるとガラスの交換は可能ですが

取り外せない場合は、違う方法を考えないといけません

金額も上がり 見た目も変わります

一度天板を外すと、ケース本体と天板がはずれやすくなります
接着力の強い接着剤で本体と天板を取り付けてしますと

またガラスがわれた場合に

ガラスの交換ができなくなりますので
ガラス面とケース本体左右面にシリコンで接着します
ほとんど目立たなく
本体とガラス面と接着になりケースの強度も上がります

前面扉の場合 背面は紙なので 接着できません
接着中            

 

ひな人形ケースガラス修理後

 

 

見た目は

わかりにくいと思います

 

 

ガラスを止めの桟は細く ホッチキスのような金属で打ち付けてあるので

桟が折れてしまう場合があります

ガラスの交換をする事を考えて最初に製作されていないのがそもそもの原因です

ご了承をお願いいたします

 

 

 

上記金物は使わず 釘になります

桟の色は同じ色合いにならない場合があります

同じ色合いではありません

 

 

人形ケースの持ち運びには

ひもを取り付けましょう

段ボールに収納する時もひもを取り付けて

出し入れすればひな人形ケースが長持ちしますよ

 

 

ひな人形ガラスケース修理のご用命は

プリズムまで

ホームページは