これから家を建てる人へ窓の大きさも考えましょう | ガラス屋のブログ プリズム 窓ガラス119

ガラス屋のブログ プリズム 窓ガラス119

ガラス修理、アルミサッシの窓、
ドアの交換や修理、網戸の制作等の
仕事をしていますが、
いろいろな建物の窓ガラスやドア注意点や防犯の注意点
面白い体験、人々との出会いなど書いていきます
応援してください


テーマ:

窓の大きさは大きい方がいい?

これから家を建てる方は、若い方の方が多いと思います

 

家は何十年も住み続けるものですが

住む人も年を重ねます

高齢になれば、家をリフォームすればいい

建て替えればいい

新しい家に引っ越せば済む

 

いろいろな選択がありますが

ほとんどの人は

同じ家に住み続けるはずです

 

最近の新築は窓がかなり大きいサイズです

しかもペアガラス トリプルガラスで

重量が重い

 

窓サイズが大きいと重量も重い

 
若い世代の方は男性も女性も
 
窓の重さはほとんど気にならない
 
しかし 高齢の女性や、お子様、病気の方などは
窓が重いと
開けるのが大変なのです
 

アシストハンドルがあります

 
アシストハンドルがありますが
あける時の力は軽減されますが
やはり窓を引いいて開けるのは
重いのです
メーカーも設計者もよく考えましょう
ユニバーサルデザインをもっと考慮しましょう

障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、

たくさんの人々が利用しやすいように

製品やサービス、環境をデザインする考え方

 

窓が重たくて困ってる人は多いのです

家で窓を開けるのは 男性より女性の方が多いのですよ”””

今、本当に困っている方がいる 

物理的にガラスの重さがあるので 20キロ程度の窓でも、

女性では重い 

最近の新築はおそらく窓ガラス1枚40キロ以上ある窓が 

主流になっています 

サッシメーカー ガラスメーカー 設計者さんは 

使いやすい窓を考えましょう 

大きい窓はいいけれど 問題は沢山あるのでは

 新築を考えている方は 少し考えてみてください 

人間はいつまでも若く健康ではないのです


リフォーム・建築ランキング

ガラス屋 プリズムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス