【広島】子どもの個性に寄り添う楽しい子育てをサポート/Prism

【広島】子どもの個性に寄り添う楽しい子育てをサポート/Prism

子どもも大人も無理せず穏やかに暮らすために、
子どもの個性に寄り添った子育てをしたい大人をサポートします。

NEW !
テーマ:

お子さんの小学校入学が近づいてきている中、

普通学級か支援学級かで悩んでいる保護者の方。

 

周りからの容赦ない言葉に

心が折れてしまったりしていませんか。

 

あなたが子どもの特性を理解していて、

「この子には、支援学級の方が合っている」と思っていても、

パートナーや(実、義)両親が反対する話はよく聞きます。

 

昔は、支援学級が

「特殊学級」とか「養護学級」とかの名称で言われてました。

その頃の行政が定める障害区分は、身体、精神、知的の3つで、

知的遅れがない自閉症や学習障害は、

障害と認められてない時代です。

 

ですから、昔の支援学級は、

主に知的遅れがある子が通う学級でしたので、

祖父母世代には、

”支援学級”という言葉を伝えると、驚く人も多いです。

 

「かわいい孫をそんなところに通わせられない。」

「支援学級に通っているのが恥ずかしい。」

 

昔の支援学級の光景と

親、祖父母である自分の思いを重ねているかもしれません。

 

現在の支援学級には、

心理的な要因で学校生活になじむことが難しい、

”情緒障害”を持った子どもが通うことができます。

 

知能指数(IQ)が高くても、普通学級になじめず、

支援学級に通う子もいます。

 

普通学級に通っても、

補助の先生も付かない、

補助する道具も使ったらダメと言われる、

何の支援も受けれないとしたら、

学校生活に苦しむのは、子どもです。

 

親の体裁や周りの言葉を気にして、

普通学級に入れることはできます。

教育委員会としては、保護者の意向が第一ですから。

 

無理して頑張って通うけど、

どうしても苦しくて、逃げたくて、

学校に通うのがイヤになったら…。

 

まずは、楽しく通うのを大切にしてほしい。

楽しくなければ、何かをやろうとは思いにくい。

勉強も、運動も、友だちづくりも。

 

子どもの笑顔が見たいですよね。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら

NEW !
テーマ:

お子さんの悪いところを挙げてみてください。

スラスラ出てきましたか?

 

次に、お子さんの良いところを挙げてみてください。

悪いところを挙げた時よりも多く出てきましたか?

 

お子さんの悪いところの方が数が多くなってしまう人、

やはり多いと思います。

 

良いところを挙げる時、

周りの子と比べて良い部分ではなく、

お子さんの中で良いところを考えてみてください。

 

例えば、

お子さんが国語より算数が得意だとします。

たとえ、クラスの中で算数の成績が真ん中の方だとしても、

子どもにとっては良いところなのです。

 

勉強でも、運動でも、ゲームでも構いません。

子どもが「自分にはこんないいところがある」と思えるように、

長所を育てる言葉を伝えていきたいですね。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら


テーマ:

 

リンク 発達マイノリティとは


発達に凸凹のある発達マイノリティの中には、

得意な部分の才能がずば抜けている人もいます。

 

各分野で名を残す方々の才能のずば抜け方は半端なく、

その一方で言動が理解されないことも多かったことから、

実は発達マイノリティなのでは?と言われたりしていますね。

(アインシュタインやスティーブ・ジョブズなど)


名を残せたのは、

得意な部分の才能がずば抜けていたことに加えて、

その才能を活かすための術を持ち、

才能を活かせる環境があったからだと思います。

 

発達マイノリティのお子さんがいる家庭の中には、
「そんなスゴい人たちが発達マイノリティなら、

 我が子も特別な才能があるの!?」

と、期待をかけてしまう家庭もあるかもしれませんね。

 

あまりに期待をかけすぎたら、

その期待から離れた結果になるほど、

親の精神的負担は大きくなります。

 

発達マイノリティは、できることとできないことの差が大きい。

 

子どもに過度な期待をかけすぎず、

 ・ 子どもの得意を見つけるために、様々な体験をさせてみる。

 ・ 思うような結果がでなくても、気長に構える。

 ・ 子どもの不得意な部分をカバーする方法を持たせる

 

その上で、子どもの発達、特性に見合った期待をする。

今より少しだけ上の期待。

 

現在の積み重ねが未来になります。

焦らず、少しずつ積み重ねていきましょう。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら


テーマ:

 

「どうしてできないの?」

「なんでやらないの?」

 

何回も言ってるのに、言ったことをやらない。

怒ったらいけない、と頭では分かっていても、

その光景を目にしたら、心穏やかではいられない。

 

でも、

『やらない』『できない』には理由が必ずあります。

 

 ・言われただけでは分からない。 

 ・次に何をすれば良いか分からない。 

     ↓

 ・手順など見て分かるようにツールを使う

 

 ・気が散って集中できない。

     ↓

 ・視界に余計な物が入らない、余計な音がしない空間を用意する

 

 ・親のやり方が受け入れられない。

     ↓

 ・子どもの負担になりにくい、やり方を聞いてみる

 

子どもの特性、その場の状況などで対処方法は変わってはきますが、

重要なことは、日頃から子どもを観察することです。

 

観察する時には、

「どうしてできないの」

「どうしてやらないの」

の感情は封印!

 

「どうやったらできるのだろう」

「どういうきっかけでやるのだろう」

と考えを少し変えてみてください。

 

ちなみに、発達マイノリティの中には、

「何回言えば分かるの?」と怒ったら、

冷静に回数を返答する子もいます。

子どもからしたら、聞かれたことをそのまま答えただけなんですけどね。

火に油を注ぐとはこのこと…。

 

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら


テーマ:

学校に行きたくない、

または行きたくても辛くていけないといった理由で、

不登校になりそうな子どもがいる場合、

「休める」権利を見える化して、

「休んでもいい券」
を作ってみるのも1つの手です。

広島弁のダジャレみたいになってしまった…。)

 

 

券を使う時には「学校に行かなくても、見守ってるからね。」

などのメッセージを付け加えて、

「学校へ行かないといけないんだろうけど…」という

子どもの後ろめたい気持ちに寄り添ってくださいね。

 

子どもの「学校へ行きたくない」気持ちを、

親が100%受け入れるのは、初めはほぼ無理だと思います。

ただ、親の「なんで行かないの?」という不安、焦りは、

子どもに伝わり、子どもはますます学校へ行きたくなくなるという

悪循環に陥ります。


しんどかったり、気持ちが外へ向かない時に、

「体調を崩さない限り、休んじゃいけない」と言われるよりは、

「自分の好きな時に、1回休める」権利があると

気持ちがラクになりませんか?

実際には休まないとしても。

 

「いつでも学校を休むことができる」という気持ちは、

子どもの心に余裕を持たせることができます。

 

子育てについて話をしたい、聞いてみたい!(個別でもOK!)

ママカフェの開催の希望!

などありましたら ”お問い合わせフォーム” からお願いします。

お問い合わせはこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス